現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

クロスプレミス環境または Exchange ハイブリッド展開組織のユーザーの空き時間情報参照機能が動作しない

: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。

現象
クロスプレミス環境、または Exchange Server と Exchange Online 間のハイブリッド展開を運用している組織のユーザーの空き時間情報参照機能が動作しません。この問題は Microsoft Federation Gateway に依存する別の機能にも影響を及ぼす場合があります。

Test-FederationTrust コマンドレットを実行すると、委任トークンの認証に問題があることを示すエラーが表示されます。

エラー例:
Id : TokenValidation
Type : Error
Message : 委任トークンを検証できませんでした。
原因
この問題は Microsoft Federation Gateway またはオンプレミス環境の証明書やその他メタデータが有効期間切れまたは無効になった場合に発生します。

解決方法
この問題を解決するには、Get-FederationTrust | Set-FederationTrust –RefreshMetadata コマンドを実行し、メタデータをリフレッシュします。このコマンドを実行すると、フェデレーションの信頼を最新情報に更新します。組織関係や共有ポリシーを再作成する必要はありません (このコマンドで問題を修正できます)。

以下の手順を実行します。
  1. オンプレミス Exchange Server 上で Exchange 管理シェルを起動します。
  2. 以下のコマンドレットを実行します。
    Get-FederationTrust | Set-FederationTrust –RefreshMetadata
追加情報
この問題は Microsoft Federation Gateway を使用する環境に影響を及ぼす可能性があります。このような環境には、別のオンプレミス組織間や別の Office 365 Exchange Online との間に空き時間情報や共有ポリシーをセットアップしているオンプレミス組織が含まれます。

この現象の再発防止のために「解決方法」セクションの手順を自動化するには、Exchange サーバーでコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを実行します。この作業により、フェデレーションの信頼が日々更新されます。
Schtasks /create /sc Daily /tn FedRefresh /tr "C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe -version 2.0 -command Add-PSSnapIn Microsoft.Exchange.Management.PowerShell.E2010;$fedTrust = Get-FederationTrust;Set-FederationTrust -Identity $fedTrust.Name -RefreshMetadata" /ru System

その他トピックは Office 365 コミュニティ Web サイト、または Exchange TechNet フォーラムを参照してください。
プロパティ

文書番号:2928514 - 最終更新日: 05/23/2016 05:57:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Exchange Online, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition

  • o365e o365m o365022013 o365 o365a hybrid KB2928514
フィードバック