For Mac Outlook の送信済みアイテム フォルダーは共有されているメールボックスから送信する電子メール メッセージは保存されません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2928846
現象
次のようなシナリオを想定してください。
  • 共有されているメールボックスにフル アクセス権および Send As のアクセス許可を持つプライマリ メールボックスがあります。
  • Mac または Mac 2011 を Outlook を Microsoft Exchange Server 2013年、Exchange Server 2010 の場合、または Exchange Server 2007年でホストされているプライマリ メールボックスを開くには、Microsoft Outlook 2016 を構成します。
  • 同じ Outlook プロファイルまたはユーザーでは、Exchange Server 2013年、Exchange Server 2010 の場合、または Exchange Server 2007年でホストされている共有メールボックスを開きます。
  • 共有メールボックスにアクセスするのにには、プライマリ メールボックスの資格情報を使用します。
  • 共有メールボックスから電子メール メッセージを送信します。
このシナリオでは、共有メールボックスから送信する電子メール メッセージは、共有されているメールボックスの送信済みアイテム フォルダーに保存されません。代わりに、メッセージは、Exchange Server のプライマリ メールボックスの [下書き] フォルダーに保存されます。プライマリ メールボックスの [下書き] フォルダー内のメッセージは、Mac クライアントの Outlook に同期されませんまたが表示されている Outlook Web Access または Outlook の Windows クライアントを使用する場合のみです。
原因
この問題は、Exchange Web サービスのGetMessageParentFolderIdAndSession関数が、 SendAndSaveCopyメソッドを正しく使用するために発生します。
解決方法
累積的な更新 5 での Exchange Server 2013年でこの問題が解決されました http://support.microsoft.com/kb/2936880

この累積的な更新プログラムをインストールした後メッセージが共有メールボックスの送信済みアイテム フォルダーに保存されます。
回避策
Exchange Server 2010年または Exchange Server 2007年を実行すると、次の回避策の方法は適用されます。

方法 1

  1. For Mac outlook の [ツール] をクリックします >アカウントです。
    かどうかは、共有アカウントがある追加ここでは、それを選択し、それを削除するのにはマイナス記号 (-)] をクリックします。クリックしてを削除 ことを確認します。
  2. [詳細設定] をクリックし、[代理人] をクリックします。
  3. 私は代理人:セクションで、プラス記号 (+) をクリックします。
    注: <b>ここに追加するのには、共有アカウントの代理人である必要はありません、のみアクセス許可をこのメールボックスにアクセスする必要があります。
  4. 共有アカウントのエイリアスを入力し、検索] をクリックします。正しいアカウントを選択し、[ OK] をクリックします。
  5. [ OK] をクリックし、[アカウント] ウィンドウを閉じます。
  6. Mac 2011 を Outlook の [フォルダー一覧に表示する共有のアカウントに時間を許可します。
ここで、共有メールボックスから電子メールが送信されると、プライマリ メールボックスの送信済みアイテム フォルダーに、メッセージが保存されます。

注: <b>フォルダーのプライマリおよび共有メールボックスの送信済みアイテムの両方に保存するメッセージを使用すると、Exchange Server 2010年のサービス パック 2 (SP2) RU4 またはそれ以降のバージョンを実行している、として送信するには」または「代理送信アクセス許可を使用するかどうかに応じて、次の Windows PowerShell コマンドのいずれかを実行できます。

としてを送信します。 セット MailboxSentItemsConfigurationSharedAccountAlias> - SendAsItemsCopiedTo SenderAndFrom
代わりに送信します。 セット MailboxSentItemsConfigurationSharedAccountAlias> - SendOnBehalfOfItemsCopiedTo SenderAndFrom

方法 2

  1. For Mac outlook の [ツール] をクリックします >アカウントです。
  2. 共有アカウントを選択し、それを削除するのにはマイナス記号(-) ] をクリックします。クリックしてを削除 ことを確認します。
  3. アカウント] ウィンドウを閉じます。
  4. [ファイル] メニューの [開く] をクリックして、ほかのユーザーのフォルダーをクリックします。
  5. 選択、共有メールボックスの名前を入力してください[受信トレイ] フォルダーと入力、および、[ OK] をクリックします。
注: <b>このメソッドを使用する場合、共有されているメールボックスの受信トレイ フォルダーのみがあります。他のフォルダーにアクセスする必要がある場合は、方法 1 を使用します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2928846 - 最終更新日: 08/11/2015 10:47:00 - リビジョン: 6.0

Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2007 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2007 Standard Edition, Microsoft Outlook 2016 for Mac, Outlook for Mac for Office 365, Microsoft Outlook 2011 for Mac

  • kbsurveynew kbprb kbtshoot kbmt KB2928846 KbMtja
フィードバック