偽装の権利で Office 365 専用/ITAR が機能していません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2932679
現象
Microsoft Office 365 専用/ITAR、ユーザーは、次の役割グループのいずれかのメンバーですが、Microsoft Exchange ユーザーを偽装することはできません。
  • EWS の偽装 Exchange Server 2010年の役割グループ
  • SSA ApplicationImpersonation ベースラインの役割グループまたは別の役割グループに関連付けられている、 SSA_ApplicationImpersonation Exchange Server 2013年の管理の役割
原因
この問題は、カスタム アプリケーションが正しくセットアップされていない場合に発生します。
解決方法
この問題を解決するには、ITAR/O365 専用環境での役割は、Exchange Web サービス (EWS) の偽装を有効にするかどうかを確認するのには EWSEditor を使用します。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. EWSEditor をダウンロードします。 http://ewseditor.codeplex.com、し、アプリケーションを展開します。
  2. EWSEditor.exe を開きます。
  3. [ファイル] メニューで、新規の Exchange サービスをクリックします。
  4. 既定では、この、SMTP アドレスにメッセージが表示されます。接続に正しい URL を確認するのにには、自動検出を使用します。EWS の URL がわかっている場合は、 Exchange Web サービスの URL を取得する自動検出を使用] チェック ボックスをオフにし、URL を手動で入力できます。
  5. お使いのバージョンが一覧にない場合、Exchange のバージョンが正しいか、最新のバージョンを選択します。
  6. 既定の Windows 資格情報の代わりに次の資格情報を使用する] チェック ボックスをオンを選択し、偽装権限を持つアカウントの資格情報を入力します。このアカウントで Windows にログオンする場合、この手順は必要ありません。
  7. 確認します 偽装を使用して、メールボックスの下の Id を識別することによって、[資格情報] タブで指定する資格情報を使用して別のメールボックスにログオンするには チェック ボックスをオンし、ターゲット ユーザーの抽出条件を指定し、[ OK] をクリックします。

    [EWS のエディター] ページで、選択した Exchange のバージョンのスクリーン ショットを使用する、次の資格情報...]、使用する偽装...、別のメールボックスにログオンする] チェック ボックスをチェック
  8. 「しますか、ツリー ビューに自動的にメールボックスのルートを追加するのには?」のメッセージを求めるメッセージが表示する必要があります。[はい] をクリックします。

    EWSEditor プロンプトのスクリーン ショット
  9. ツリー ビューを展開します。フォルダーまたはコンテンツを表示できます、偽装の権利が作業しています。
  10. "アカウント アクセス許可がありませんに...」のエラーが発生した場合は Microsoft Online Services のサポートに問い合わせてください。 オンライン送信 または 電話.

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2932679 - 最終更新日: 03/29/2016 07:37:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbgraphxlink kbmt KB2932679 KbMtja
フィードバック