Word 2010 でネットワーク共有上のテンプレート ファイルを添付したのにも関わらず、ローカルにダウンロードされた一時ファイルが添付される

現象
Microsoft Word 2010 で、Microsoft Word 2010 で、ネットワーク共有上に配置しているテンプレート ファイルを既存の Word 文書に添付するときに、既に同じテンプレートが添付された Word 文書を開いていた場合、ネットワーク共有からローカルにキャッシュされた該当テンプレートファイルの一時ファイルが添付されます。

この現象は、2013 年 8 月以降に公開された Word 2010 の更新プログラムを適用して、WWLIB.DLL のバージョンが 14.0.7106.5000 以上に更新された環境で発生します。

  2817583  Description of the Word 2010 hotfix package (Word-x-none.msp): August 13, 2013

  2760769 [MS13-072] Word 2010 Service Pack 1 および Service Pack 2 のセキュリティ更新プログラムについて (2013 年 9 月 10 日)

  2825810  Description of the Word 2010 hotfix package (Word-x-none.msp): October 8, 2013 

  2827323  Description of the Word 2010 update: October 8, 2013

  2849983  Description of the Word 2010 hotfix package (Word-x-none.msp): December 10, 2013

  2837593  Description of the Word 2010 update 2837593: December 10, 2013 

  2863902 [MS14-001] Word 2010 Service Pack 1 および Service Pack 2 のセキュリティ更新プログラムについて (2014 年 1 月 14 日)

Note :
WWLIB.DLL は、Office 2010 のインストール先のフォルダ (既定では C:\Program Files\Microsoft Office\Office14) にあります。
バージョンを確認するには、エクスプローラで WWLIB.DLL を選択して右クリックし、[プロパティ] の [詳細] タブにある [ファイル バージョン] を確認します。
原因
解決方法
この問題を解決するには、Office 2010 の修正プログラムを適用します。
次の修正プログラムが適用されると、WWLIB.DLL のバージョンが 14.0.7125.5000 となります。

Office 2010 の修正プログラムを適用するには、以下の「Microsoft サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
 2881059 Hotfix 2881059 for Word 2010 June 10, 2014 (Word-x-none.msp) 
回避策
以下のいずれかの方法で回避します。

方法 1 :
ネットワーク共有上の該当テンプレートが添付された文書を同時に開かない。
例えば、1 ファイルずつファイルを開いてテンプレート ファイルを添付します。

方法 2 :
[現象] セクションに記載した Word 2010 の 更新プログラムをすべてアンインストールして、WWLIB.DLL のバージョンが 14.0.7106.5000 未満の環境で運用する。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
問題の再現手順
  1. Word 2010 で新規文書を作成し、[開発] - [文書テンプレート] - [文書の作成に使用するテンプレート] に、ネットワーク共有上のテンプレート ファイルを指定して [添付] します。
    このファイルを「ファイル A」として保存して閉じます。
  2. Word 2010 で別の新規文書を作成し、「ファイル B」として保存して閉じます。
  3. ファイル A (ネットワーク共有上のテンプレート ファイルを添付済み) とファイル B を開きます。
  4. ファイル B で、[開発] - [文書テンプレート] - [文書の作成に使用するテンプレート] に、ファイル A と同じ、ネットワーク共有上のテンプレート ファイルを指定して [添付] します。
  5. ファイル B を上書き保存します。
  6. ファイル A と B の両方を閉じます。
  7. ファイル B を開きます。
結果
ファイル B の [文書の作成に使用するテンプレート] のパスが、以下のような一時ファイルのパスとなります。

 C:\Users\<UserName>\AppData\Local\Microsoft\Windows\Temporary Internet Files\Content.MSO\1F98233B.dotx
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2933530 - 最終更新日: 09/20/2016 12:58:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Word 2010

  • kbtshoot kbexpertisebeginner kbexpertiseinter KB2933530
フィードバック