現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 365 利用時に必要な Outlook 2007 の更新プログラムが適用されているかを確認する方法/適用する方法

概要
---------------------------------------------------------------------------------
この Web ページに記載されている情報は過去の情報であり、近日アーカイブさせていただく予定です。
現在のシステム要件については弊社 Outlook サポートチームのブログ Office 365 を利用するための Office のシステム要件 (http://blogs.technet.com/b/outlooksupportjp/archive/2015/06/19/office365systemyoken.aspx) をご覧ください。
---------------------------------------------------------------------------------

Outlook 2007 から Office 365 に接続して利用する場合、2014 年 4 月 9 日 (水) 以降は以下の更新プログラムの適用が必要です。適用されていない場合は接続が失敗するなどの問題が発生する場合があります。
この資料では、ユーザーがこれらの更新プログラムが適用されているかを確認する方法と、適用する方法を紹介します。
Outlook 2010 については 2936641 をご覧ください。

2687404 Outlook 2007 更新プログラムの説明: 2012 年 11 月 13 日
(Office 2007 SP3 を適用していない場合は適用できません/適用すると OUTLOOK.EXE のバージョンが 12.0.6665.5003 に更新されます/この更新プログラム KB2687404 より後にリリースされた更新プログラムにはこの更新プログラムが含まれています)
詳細

1. 必須の更新プログラムが適用されているかを確認する方法

Outlook.exe のバージョンが「概要」に記述したバージョン未満の場合は必須の更新プログラムが適用されていません。
Outlook.exe のバージョンは以下のいずれかの方法で確認します。

方法 1. [バージョン情報] から確認する方法
Outlook 2007 の [ヘルプ] メニューの [バージョン情報] をクリックし、以下の X にあたるバージョン番号を確認し、12.0.6665.5003 以上であるかを確認します。

Microsoft Outlook 2007 (12.0.XXXX.XXXX) MSO (12.0.YYYY.YYYY)

方法 2. エクスプローラーから確認する方法
エクスプローラーで以下のファイルを右クリックして [プロパティ] をクリックしてバージョン番号を確認し、12.0.6665.5003 以上であるかを確認します。
Windows XP の場合は [バージョン情報] タブ、Windows Vista/7/8 では [詳細] タブに表示されます。

<Outlook のインストール先フォルダー>\Office12\OUTLOOK.EXE
(既定では C:\Program Files\Microsoft Office\Office12\OUTLOOK.EXE)

参考:
・必須の更新プログラムが適用されていなくてもそれ以降の新しい更新プログラムが適用されている場合は該当の更新プログラムを適用する必要がないため、上記の方法で確認しています。
・必須の更新プログラムを適用すると [コントロール パネル]-[プログラム]-[プログラムと機能] (Windows 7/8 の場合) の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックした時に表示される [現在インストールされている更新プログラム] 一覧に表示されますが、適用された更新プログラムを含む新しい更新プログラムを適用すると上書きされるため表示されません。そのため、[現在インストールされている更新プログラム] 一覧に必須の更新プログラムの番号が表示されるかで適用されているかを判断することはできません。

2. 必須の更新プログラムを適用する方法

方法 1. Microsoft Update を実行して最新の Office の更新プログラムをすべて適用する (推奨)
スタート メニューの [すべてのプログラム]-[Microsoft Update] (または Windows Update) から Microsoft Update を使用して更新プログラムの検出を行い、検出されるすべての Office 更新プログラムを適用します。Windows の最新の更新もあわせてすべて適用することをおすすめします。

方法 2. 必須の更新プログラムを含む最新の更新プログラムをダウンロードして適用する
1. Office 2007 Service Pack 3 (SP3) がインストールされているかを確認します。

Windows 7/8 の場合: [コントロール パネル] の [プログラム] をクリックして [インストールされた更新プログラムの表示] をクリックし、右上の検索ボックスに SP3 と入力して検索して [2007 Microsoft Office Suite Service Pack 3 (SP3)] が表示されるかを確認します。
Windows Vista の場合: [コントロール パネル] の [プログラム] をクリックして [インストールされている更新プログラムの表示] をクリックし、右上の検索ボックスに SP3 と入力して検索して [2007 Microsoft Office Suite Service Pack 3 (SP3)] が表示されるかを確認します。
Windows XP の場合: [コントロール パネル] の [プログラムの追加と削除] をクリックして [更新プログラムの表示] をチェックし、Office 2007の製品名の下に [2007 Microsoft Office Suite Service Pack 3 (SP3)] が表示されているかを確認します。
2. Office 2007 SP3 がインストールされていない場合は、以下のサイトからダウンロードして適用します。
2007 Microsoft Office スイート Service Pack 3 (SP3)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=27838

3. 最新の 2014 年 4 月 の Outlook 2007 更新プログラム KB2825644 を以下のサイトからダウンロードして適用します。
Microsoft Office Outlook 2007 (KB2863811) の更新プログラム
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=42427

方法 3. 必須の更新プログラムをダウンロードして適用する
「方法 2」の「手順 1」の手順で Office 2007 SP3 が適用されているかを確認して適用されていない場合は「手順 2」の手順で適用した後、必須の Outlook 2007 更新プログラムを以下のサイトからダウンロードして適用します。

Microsoft Office Outlook 2007 (KB2687404) の更新プログラム
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35718
関連情報
Outlook 2010 と Outlook 2007 で更新プログラムの適用が必要であることについては以下の弊社 Web サイトでも説明しています。

Outlook 2010 と Outlook 2007 に必要な更新プログラム
http://community.office365.com/ja-jp/wikis/manage/updates-to-outlook-2010-and-outlook-2007.aspx
2874466 Office 365 サービス アップグレード後に Outlook から Exchange Online への接続に問題が発生する

Windows XP では、Office の更新プログラムを検出し適用できるようにするために Windows Update を Microsoft Update に切り替える必要があります。詳細については以下のサポート技術情報をご覧ください。
906324 Windows XP で Windows Update から Microsoft Update に切り替えるには?
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2936161 - 最終更新日: 09/20/2016 13:03:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Office Outlook 2007

  • KB2936161
フィードバック