ユーザーが Exchange Server 2013年または Exchange Server 2016年の共有の予定表アイテムを編集できません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2938619
現象
Exchange Server 2013年または Exchange Server の 2016年を Microsoft Exchange Server 2007年または Exchange Server 2010年のメールボックスを移動すると、メールボックスの共有の予定表の作成者のアクセス許可を持つユーザーは、自ら作成した既存の項目を編集できなくなります。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。

このフォルダー内のアイテムの一部またはすべてを変更する権限がないために、変更内容を保存できません。アイテムの既定のフォルダーにこのアイテムのコピーを保存しますか。

注: <b>ユーザーは、メールボックスが移動された後に作成されたアイテムを編集できます。

原因
作成者のアクセス許可を持つユーザーは、予定表アイテムを開こうとすると、Exchange Server は、ユーザーがアイテムの作成者であるかどうかを決定します。Exchange Server のアイテムを開くしようとしたユーザーの SID を持つ項目の PR_CREATOR_SID に保存されている SID を比較することによって行われます。Exchange Server 2013年または 2016 の Exchange Server から Exchange Server 2007年または Exchange Server 2010年メールボックスを移動するとアイテムの PR_CREATOR_SID 値は移行されませんが、値が NULL に設定されます。
回避策
これは、Exchange Server の既知の問題です。この問題を回避するには、エディターに共有されたカレンダーの作成者からのユーザーのアクセス許可を変更します。次に、それらのユーザーは予定表アイテムを編集することになります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2938619 - 最終更新日: 10/31/2016 08:33:00 - リビジョン: 10.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise

  • kbmt KB2938619 KbMtja
フィードバック