別のドメインにメールを送信すると、メールのパフォーマンスが低下し、遅延通知を受け取る

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP294175
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
別のドメインのアドレスにメールを送信したとき、メールが配信されず、サーバーがまだメールを送信しようとしていることを示す遅延通知を受け取ることがあります。メールのパフォーマンスが低下することもあります。

この現象は、外部のドメイン ネーム サービス (DNS) サーバーを使用して名前を解決するように構成された SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) サーバー経由でメールを送信した場合に発生します。
原因
この現象は、名前の解決に DNS を使用する SMTP 仮想サーバーで、存在しない (綴りが誤っている場合など) ドメインへのメールの処理方法が原因で発生します。問題は、サーバーが配信不能レポートを送信側に戻す代わりに、メッセージの有効期限が切れるまでメールを再試行キューに入れておくことにあります。
状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下 Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 294175 (最終更新日 2001-05-04) をもとに作成したものです。

NDR
プロパティ

文書番号:294175 - 最終更新日: 01/29/2014 07:40:23 - リビジョン: 4.0

  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Service Pack 1
  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbwin2000presp2fix kbpending KB294175
フィードバック