DHCP が有効な WINS クライアントが Netbt の名前のキャッシュを頻繁に更新することがある

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP294234
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
DHCP が有効になっている WINS クライアントは、WINS で名前の登録を行うときに、TTL (Time To Live) 値を取得します。一定の条件下では、最初の更新サイクルが発生した (TTL/2 で) 後や、nbtstat -rr コマンドが発行されたときに、クライアントが名前のキャッシュを頻繁に更新することがあります。
原因
最初の更新サイクルが発生した後、または nbtstat -rr コマンドが発行されると、WINS クライアントは 10 分おきに更新を開始します。これが原因で、WINS サーバー上の負荷が増えるとともに、WINS サーバーは "バースト" モードになり、名前の新規登録時にすべてのクライアントに対して低い TTL 値を与えます。

状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下 Web サイトから入手できます。
詳細
Windows 2000 と Windows 2000 の修正プログラムを同時にインストールする方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
249149 Installing Microsoft Windows 2000 and Windows 2000 Hotfixes
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 294234 (最終更新日 2001-04-19) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:294234 - 最終更新日: 02/09/2014 08:30:57 - リビジョン: 4.1

Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbwin2000presp2fix kbhotfixserver KB294234
フィードバック