キオスク モードのときに、[履歴] ウィンドウで "新しいウィンドウで開く" 制限が機能しない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP294291
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
キオスク モードで Internet Explorer を使用しているときに、[履歴] ウィンドウを使用すると、Internet Explorer で "新しいウィンドウで開く" 制限が設定されていても、ユーザーが新しいブラウザ ウィンドウを開くことが制限されません。通常、この制限が設定されていると、ユーザーが Internet Explorer を新しいインスタンスで開けなくなります。
原因
この問題は、Internet Explorer が [履歴] ウィンドウに存在する URL を右クリックしたときに、"新しいウィンドウで開く" 制限を確認しないために発生します。
解決方法

Internet Explorer 6

この問題を解決するには、Internet Explorer 6 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
328548 [IE] 最新の Internet Explorer 6 Service Pack を入手する方法

Internet Explorer 5.5

この問題を解決するには、Internet Explorer 5.5 の最新の Service Pack を入手します。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
276369 Internet Explorer 5.5 の最新の Service Pack を入手する方法
更新プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい更新プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付           時刻     バージョン         サイズ      ファイル名      プラットフォーム   --------------------------------------------------------------------   03/23/2001  02:10p  5.50.4615.2300  1,146,128  Shdocvw.dll  Intel				

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。 この問題は、Internet Explorer 5.5 Service Pack 2 および Internet Explorer 6 Service Pack 1 で最初に修正されました。
詳細
Internet Explorer 管理者キット (IEAK) に含まれているプロファイル マネージャ ツールを使用することにより、"新しいウィンドウで開く" 制限を設定できます。
プロパティ

文書番号:294291 - 最終更新日: 02/24/2014 06:01:35 - リビジョン: 5.10

Microsoft Internet Explorer 6.0, Microsoft Internet Explorer 5.5

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbqfe kbie600sp1fix kbie550presp2fix kbhotfixserver KB294291
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)