[XADM] デフォルトの SMTP 電子メール ポリシーが変更される場合に、コンテンツ インデックスを回復する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP294830
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Exchange 2000 管理者が、受信者ポリシー [Default Policy] 内でプライマリの SMTP 電子メール アドレスを変更すると、定期的なコンテンツ インデックス処理がデータベース内のすべての URL で失敗することがあります。コンテンツ インデックスが古いドメイン内のいずれの URL も見つけられなかったという、問題の概要を説明するアプリケーション ログが生成されます。
イベント ID : 3036
ソース : Microsoft Search
分類 : Gatherer
種類 : 警告
説明 : プロジェクト < ExchangeServer_MDB-STE3 pub82C3496A > のクロール ソース <\\.\BackOfficeStorage\servername.domain.com\Public Folders> にアクセスできません。エラー: 80150804 - A description for this error could not be found.
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Exchange 2000 Server の最新の Service Pack を入手します。関連情報については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
301378 XGEN: How to Obtain the Latest Exchange 2000 Server Service Pack
回避策
この問題が発生する場合、次の 2 つの処理のいずれかを実行する必要があります。
  • ポリシーを元の SMTP アドレスに戻します。または

  • ドメイン内のすべてのコンテンツ インデックスを削除して再作成し、再度インデックス処理します。
状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認済みです。この問題は Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 1 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 294830 (最終更新日 2001-06-23) をもとに作成したものです。

CI
プロパティ

文書番号:294830 - 最終更新日: 02/07/2014 01:54:07 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix KB294830
フィードバック