暗号化ファイル システムを Re-Enable ことがある Sysprep.exe

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

294844
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Windows 2000 ベース コンピューターで暗号化ファイル システム (EFS) 無効にすると、EFS が再び有効になります。
原因
ドメインのメンバーではないコンピューター展開用のコンピューターを準備するコンピューターの Sysprep.exe ツールが実行されている場合を再度有効に EFS があります。 EFS が場合もあります再度有効に、コンピューター、Windows 2000 ドメインに参加し、ドメイン グループ ポリシー オブジェクト (GPO) が暗号化されたデータの回復エージェントのエージェントを指定します。
解決方法
次の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料] の手順を使用して、スタンドアロン コンピューターで EFS を無効にするを。
243035スタンドアロン Windows 2000 コンピューターで EFS を無効にすると有効にする方法
次の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料] の手順は、を使用してドメインで EFS 無効にを。
222022Windows 2000 ベース ドメインのすべてのコンピューターの EFS を無効に
詳細
Sysprep.exe が、スタンドアロン コンピューターで実行されるとは、ミニ セットアップ ウィザードのローカル管理者をコンピューターの既定の回復エージェントが実行中に既定の回復ポリシーを自動的にリセット、されます。
reenabled dra

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:294844 - 最終更新日: 02/06/2014 09:18:16 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft Windows 2000 Server
  • Microsoft Windows 2000 Advanced Server
  • Microsoft Windows 2000 Professional
  • kbnosurvey kbarchive kbenv kbui kbprb kbmt KB294844 KbMtja
フィードバック