[FIX] Sqlmaint.exe は MSDE 2000 で利用できない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP295022
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
MSDE 2000 (Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine) に接続した Enterprise Manager クライアントから、データベース保守計画を作成することができます。しかし、データベース保守計画ウィザードで生成されたジョブの 1 つを開始しようとすると、次のエラーが発生します。
ジョブは失敗しました。ジョブは User User_Name が起動しました。最終実行ステップはステップ 1 (Step 1) でした。
ジョブ ヒストリを確認し、[詳細ステップを表示] をクリックすると、ステップ 1 の詳細に次のテキストが表示されます。
API 実行エラー : CreateProcess。[SQLSTATE 42000] (Error 22029).ステップは失敗しました。
このメッセージは、データベース保守計画ウィザードで生成されたすべてのジョブで表示されます。ただし、手動で生成したジョブ (バックアップ ジョブなど) は正しく動作します。
原因
MSDE 2000 では、データベース保守計画ウィザードの実行エンジンである Sqlmaint.exe はインストールされません。
解決方法
この問題を解決するために、SQL Server 2000 の最新の Service Pack の適用をお願いいたします。
最新の SQL Server サービスパックのダウンロードおよびインストールについて詳しくは以下をご覧下さい。

http://www.microsoft.com/japan/sql/download/default.asp (日本語版)
http://www.microsoft.com/sql/downloads/default.htm(英語版)
回避策
MSDE 2000 に対して、個別にデータベースのバックアップ、トランザクション ログのバックアップなどを行うジョブを作成します。
状況
弊社では、これを Microsoft SQL Server version 2000 の問題として確認しています。
この問題は、Microsoft SQL Server version 2000 Service Pack 1 で修正されています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 295022 (最終更新日 2001-07-26) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:295022 - 最終更新日: 02/12/2014 22:06:36 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft SQL Server 2000 Desktop Engine (Windows)
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbsqlserv2000bug kbsqlserv2000sp1fix KB295022
フィードバック