Office Web Apps Server 2013 でファイルレベルのウィルス対策ソフトウェアを使用する場合に特定のフォルダーをウィルス対策スキャンから除外する必要がある

詳細
以下の記述にて、“ドライブ” と記載されている箇所は、Office Web Apps Server 2013 がインストールされているドライブのドライブ文字を表します。既定の設定では、C ドライブを示します。

Office Web Apps Server 2013 を使用するサーバーでファイルレベルのウィルス対策ソフトウェアを使用する場合は、以下のフォルダーをスキャン対象から除外してください。
これらのフォルダーをウィルス対策スキャンから除外しない場合は、予期しない動作をする可能性があります。
  • Office Web Apps Server 2013 固有の除外すべきフォルダー パス:
    • ドライブ:\Program Files\Microsoft Office Web Apps
    • ドライブ:\ProgramData\Microsoft\OfficeWebApps
  • 一般的に除外すべきフォルダー パス:
    • ドライブ:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\Temporary ASP.NET Files
    • ドライブ:\WINDOWS\System32\LogFiles
    • ドライブ:\Windows\Syswow64\LogFiles
    • ドライブ:\Users\ServiceAccount\AppData\Local\Temp
    • ドライブ:\Users\Default\AppData\Local\Temp
これらのフォルダーをスキャン対象から除外する方法については、ウィルス対策ソフトウェアの説明に従ってください。

関連情報
952167 特定のフォルダーは、SharePoint でファイル レベルのウイルス対策ソフトウェアを使用すると、ウイルス対策スキャンから除外する必要があります。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2950223 - 最終更新日: 10/24/2016 07:43:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Office Web Apps Server 2013

  • kbexpertiseinter kbhowto kbinfo kbdeployment kbsetup KB2950223
フィードバック