Office 365 専用の高可用性と ANSI D トポロジに移動されたメールボックスに対して統計ベースのコマンドを実行することはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2950235
現象
Microsoft Office 365 の専用の高可用性と ANSI D トポロジに移動されたメールボックスに対して次のコマンドを実行します。ただし、コマンドは正常に実行されません。
  • (Exchange 2010) Get ActiveSyncDeviceStatistics または (Exchange 2013) Get MobileDeviceStatistics

    コマンドでは、必要なデータは返されません。
  • Get MoveRequestStatistics

    次のエラーが返されます。

    メールボックス ' John Smith' は、現在は移動しません。
    + CategoryInfo: 無効な引数: (001d.mgd.msft.n.c.-af85c5dfbc56:MoveRequestIdParameter) 取得-MoveRequestStatistics、ManagementObjectNotFoundException
    + FullyQualifiedErrorId: 6B53D3A,Microsoft.Exchange.Management.RecipientTasks.GetMoveRequestStatistics
  • Get MailboxRestoreRequest

    次のエラーが返されます。

    要求のインデックス エントリの要求の重要なデータがありません 'MailboxGuid-MailboxRestore1' です。
    この要求のローカル ユーザーが見つかりませんでした。
    + CategoryInfo: 無効な引数: (MailboxGuid: MailboxRestoreRequestIdParameter)
    Get-MailboxRestoreRequestStatistics、ManagementObjectNotFoundException + FullyQualifiedErrorId: E22FB54F,Microsoft.Exchange.Management.RecipientTasks.GetMailboxRestoreRequestStatistics
原因
高可用性または ANSI D トポロジにメールボックスを移動すると、これらのコマンドの結果を返せません Aruna 削除 PowerShell (RPS) のエンドポイントから共存期間中にします。すべてのメールボックスを移動するには、高可用性と ANSI D トポロジに、RPS のエンドポイントは、ANSI D サーバーを指すように変更し、修飾の URL を使用して、RPS のすべての接続にし、します。たとえば、URL は、次のようになります。
https://mail。contoso 社.com/powershell
解決方法
この問題を解決するには、これらのコマンドを実行するには、ANSI-D の RPS のエンドポイントに接続します。ANSI D の環境では、4 つのデータ センターがあります。したがって、次の 4 つの RPS のエンドポイントのいずれかを使用できます。
https://mail-1a。contoso 社.com/powershell
https://mail-1b。contoso 社.com/powershell
https://mail-1c。contoso 社.com/powershell
https://mail-1d。contoso 社.com/powershell

ANSI D のメールボックスに関する統計情報を共存期間中にこの RPS のエンドポイントを使用してください。Get メールボックスストアとGet MoveRequestなど、他のコマンドは、通常の RPS のエンドポイントに接続するときに期待どおりの結果を返す」に進みます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2950235 - 最終更新日: 04/18/2016 20:14:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB2950235 KbMtja
フィードバック