Service Pack 1 のインストール後、ユーザー アカウントをロックできない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP295081
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Service Pack 1 のインストール後、プログラムを使ってユーザー アカウントをロック アウトしたとき、そのユーザーの "アカウント ロック" 情報が、キャッシュ内で正しくない場合があります。キャッシュ内のアカウント ロック情報が正しくない場合、ロックアウト プロパティがユーザーに割り当てられていません。
状況

Windows 2000

この問題を解決するためのモジュールは、Windows 2000 日本語版 Service Pack 2 以降に含まれております。
Windows 2000 日本語版の最新 Service Pack については、以下 Web サイトから入手できます。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 295081 (最終更新日 2001-04-11) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:295081 - 最終更新日: 02/12/2014 17:59:54 - リビジョン: 3.0

Microsoft Windows 2000 Professional, Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Service Pack 1, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kboutlook2002 kbpolicy kbpending KB295081
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)