[FIX] 壊れた TDS パケットにより SQL Server でアクセス違反が発生する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP295113
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
SQL Server がクライアントから壊れた TDS (表形式のデータ ストリーム) パケットを受信すると、エラー ログにスタック ダンプを送信し、シャットダウンすることがあります。
解決方法
この問題を解決するために、SQL Server 2000 の最新の Service Pack の適用をお願いいたします。
最新の SQL Server サービスパックのダウンロードおよびインストールについて詳しくは以下をご覧下さい。

http://www.microsoft.com/japan/sql/download/default.asp (日本語版)
http://www.microsoft.com/sql/downloads/default.htm(英語版)
状況
弊社では、これを Microsoft SQL Server version 2000 の問題として確認しています。
この問題は、Microsoft SQL Server version 2000 Service Pack 1 で修正されています。
詳細
エラー ログの短い形式のスタック ダンプは、次のようなものです。
006A244C Module(sqlservr+002A244C) (TProcessRPCParams<3,0,0>::ProcessParams(struct srv_proc *,class CParamExchange *,class IMemObj *,class CNetInputStream *,struct srv_rpcinfo *)+000000EE)                                           0069B9C6 Module(sqlservr+0029B9C6) (TProcessRPC<3,0>::processRPC(struct srv_pro c *,class CNetInputStream *,struct srv_rpcinfo *)+00000553)         006991E8 Module(sqlservr+002991E8) (sql_processRPC(struct srv_proc *)+00000031)0043DACE Module(sqlservr+0003DACE) (execute_rpc(struct srv_proc *)+0000000E)   00417C95 Module(sqlservr+00017C95) (process_commands(struct srv_proc *)+0000022 1)                                                               410733CD Module(UMS+000033CD) (ProcessWorkRequests(class UmsWorkQueue *)+000002 64)                                                               4107305F Module(UMS+0000305F) (ThreadStartRoutine(void *)+000000BC)         7800BEA1 Module(MSVCRT+0000BEA1) (_beginthread+000000CE)                    77E837CD Module(KERNEL32+000037CD) (TlsSetValue+000000F0)                 
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 295113 (最終更新日 2001-06-15) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:295113 - 最終更新日: 01/16/2015 22:19:44 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive _ik kbbug kbfix kbsqlserv2000bug kbsqlserv2000sp1fix KB295113
フィードバック