Windows Server 2012 Hyper-V レプリカ環境において初期レプリケーションに失敗する。

現象
Windows Server 2012 Hyper-V レプリカ環境において仮想マシンのレプリカの有効化後、初期レプリケーションに失敗します。
また、Microsoft-Windows-Hyper-V-VMMS Admin ログに以下のイベントが記録されます。

      ソース: Hyper-V-VMMS
 イベント ID: 32042
      レベル: エラー
        説明: Hyper-V は、'<仮想マシン名>' の初期レプリカを生成できませんでした: 既に存在するファイルを作成することはできません。 (0x800700B7)。(仮想マシン ID <仮想マシン GUID>)

      ソース: Hyper-V-VMMS
 イベント ID: 32086
      レベル: エラー
        説明: Hyper-V は、回復不可能なエラーにより、仮想マシン '<仮想マシン名>' のレプリケーションを中断しました。(仮想マシン ID <仮想マシン GUID>)。エラーを修正してからレプリケーションを再開してください。
原因
レプリケーション対象の仮想マシンに接続されている VHD / VHDX のファイル名が同一である事が原因です。
例:
以下の 2 ファイルが仮想マシンに対してアタッチされており、レプリカ有効化時にレプリケートする仮想ハード ディスクとして両方共選択した場合にエラーが発生します。
 C:\vm.vhd
 D:\vm.vhd

レプリケーションを行うと、レプリカ サーバー上にレプリケーション対象の仮想マシン の GUID 名のフォルダを作成します。その配下にウィザードで選択した VHD のコピーを行います。そのため、同一ファイル名の VHD が存在する場合、エラー 0x800700B7 (ERROR_ALREADY_EXISTS) が発生し、初期レプリケーションに失敗いたします。
解決方法
回避策
レプリケートする仮想ハード ディスク (VHD / VHDX) のファイル名をそれぞれ異なるファイル名に変更します。
状況
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2952456 - 最終更新日: 09/20/2016 13:24:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard

  • kbhyperv KB2952456
フィードバック