BizTalk Server 2013年の既知の問題

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2954101
この資料では、Microsoft BizTalk Server 2013年を使用する場合、既知の問題が一覧表示されます。
詳細

XSLCompiledTransform の既知の問題

BizTalk Server 2013年は、トランス フォームのパフォーマンスを向上させるため、.NET のXslCompiledTransformクラスを使用します。XslCompiledTransformクラスと、以前に使用されたXslTransformクラスの動作の違いがあります。この差と推奨されるソリューションに関連するいくつかの既知の問題は、次のように。
  • スクリプト functoid でブール値パラメーターを変更します。

    現象
    入力の XML ノードには false を指定する任意の値が含まれているか、入力の XML ノードが空では、スクリプト functoid にブール値のパラメーターが true にします。

    解決方法
    解像度の詳細については、次を参照してください。 スクリプト Functoid のブール値パラメーターの動作を変更します。.
  • プライベート関数はサポートされていません

    現象
    Functoid でプライベート関数を使用する場合は、マップが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
    パブリックではないために、拡張オブジェクト 'http://schemas.microsoft.com/BizTalk/2003/userCSharp' の ' MyPrivateFunct' のメソッドを呼び出すことはできません。

    XslCompiledTransformクラスには、パブリック メソッドの呼び出しのみサポートしています。この制限については、します。 XslTransform クラスからの移行.

    解決方法
    パブリック関数の宣言では。
  • Null を返すことはサポートされていません

    現象
    Functoid から null 値を取得する場合は、マップが失敗し、次の一般的なエラー メッセージが表示されます。
    ExceptionType: Microsoft.XLANGs.Core.XTransformationFailureException
    例外: エラーが My.Map の変換を実行中に発生します。エラー: 変換が失敗しました。
    Visual Studio では、同じマップをテストするときより詳細なエラー メッセージを提供します。
    呼び出しのターゲットによって例外がスローされました。拡張関数は、null 値を返すことはできません。

    XslCompiledTransformクラスは、トランス フォーム内で呼び出される関数から null 値を返すことをサポートしていません。

    解決方法
    String.Empty または null のシナリオを表すその他の代替値を返します。それが必要な場合は、複数の関数で null 値を使用できるようにするグローバル変数を使用します。
  • Functoid のスクリプトの変更XPathNodeIteratorパラメーター

    現象
    スクリプト functoid に、 XPathNodeIteratorパラメーターでは、 XPathArrayIterator型を使用します。BizTalk Server の以前のバージョンで、 XPathSelectionIterator型を使用します。このが変更されたため、ノード。MoveNext()を追加する、次のように、次のエラー メッセージを回避するために呼び出しが含まれています。
    列挙は開始されていません。MoveNext を呼び出します。
    public static bool WriteNode(XPathNodeIterator node) { node.MoveNext(); //needs to be added in BizTalk Server 2013 to avoid errorXPathNavigator xpn = node.Current; XmlDocument xdoc = new XmlDocument(); xdoc.LoadXml(xpn.OuterXml); return true; }
    解決方法
    MoveNext()関数を呼び出します。
  • 関数のオーバー ロードは型の代わりにパラメーターの数によって区別されます。

    現象
    次の関数のオーバー ロードには、さまざまな種類のパラメーターが含まれています。
    public short MyOverloadedFunction(int testvalue)public short MyOverloadedFunction(string testvalue)
    これら関数のオーバー ロード両方があるため、パラメーターの数を同じトランス フォームに使用される場合は、マップが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
    あいまいなメソッドの呼び出しです。拡張オブジェクト 'http://schemas.microsoft.com/BizTalk/2003/ScriptNS0' には、1 のパラメーターを持つ複数の 'MyOverloadedFunction' メソッドが含まれています。

    XslCompiledTransformクラスは、関数の引数の数に基づいての間でのみ区別されます。この制限については、します。 XslTransform クラスからの移行.

    解決方法
    すべての関数のオーバー ロードに異なる数のパラメーターが含まれていることを確認します。

XslTransform クラスへのフォールバック
古いXslTransformクラスを使用して BizTalk Server 2013年の変換エンジンを構成することができます。XslCompiledTransformクラスによって提供される多くのパフォーマンスとメモリ使用率の向上を環境が失われますのでこの方法を推奨の操作を行います。また、.NET XslTransformクラスの使用は推奨されていません。したがって、新しい更新プログラムまたは修正プログラムはリリースされませんのことです。

前述のソリューションを使用してマップを更新することはできません場合、この変更を次の場所から1の値を持つ DWORD UseXslTransformを追加することによって変更できます。
  • 64 ビットの BizTalk ホスト インスタンスの: HKLM\SOFTWARE\Microsoft\BizTalk Server\3.0\Configuration
  • 32 ビットの BizTalk ホスト インスタンスを Visual Studio のマップのテスト機能: HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\BizTalk Server\3.0\Configuration

エンタープライズ シングル サインオン (SSO) の既知の問題


次は、BizTalk Server 2013年の SSO に固有の既知の問題。
  • BizTalk Server 2013年へのアップグレードでは、SSO をアップグレードされません。

    現象
    BizTalk Server 2009年または BizTalk Server 2010 の BizTalk Server 2013年へのインプレース アップグレードは、同じコンピューターで SSO をアップグレードできません可能性があります。SSO マスター シークレット サーバーでこの問題の結果がアップグレードされていない、グループ内の他の BizTalk サーバーをアップグレードしようとするとき、次のエラー メッセージが表示されます。
    マスター シークレット サーバーをアップグレードしてください。
    Microsoft.BizTalk.Interop.SSOClient.dll を参照している BizTalk Server のコンポーネントはすべて失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
    ファイルまたはアセンブリを読み込めませんでした ' Microsoft.BizTalk.Interop.SSOClient、バージョン = 7.0.2300.0

    解決方法
    BizTalk Server 2013年メディアの今後のリリースでは、この問題が解決します。したがって、最新の利用可能なメディアを使用してアップグレードすることを確認します。SSO は、コンピューター上のバージョンを確認する方法と、既にこの問題が発生した場合は、SSO をアップグレードする方法についての詳細については、次を参照してください。 BizTalk Server 2013年へのアップグレードは、エンタープライズ SSO をアップグレードできません。.
  • Microsoft.BizTalk.Interop.SSOClient.dll ジョンを読み込むことができません。

    現象
    次のシナリオで、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
    ファイルまたはアセンブリを読み込めませんでした ' Microsoft.BizTalk.Interop.SSOClient.dll、バージョン = 5.0.1.0'
    • WCF によって、エラーがスローされた場所が表示されるか、WCF は、BizTalk Server 2009年または BizTalk Server 2010 から、インプレース アップグレード後ポートを送信します。これは、Microsoft.BizTalk.Adapter.Wcf.Runtime.dll ファイルは正しく 3.10.229.0 のバージョンにアップグレードされないために発生します。

      解決方法
      Microsoft.BizTalk.Adapter.Wcf.Runtime.dll のバージョンが 3.10.229.0 より前の場合は、BizTalk Server 2013年のインストール メディアから正しいバージョンのファイルをコピー ( DVD ドライブにある > \BizTalk Server\MSI\Program ファイル)、BizTalk Server のインストール フォルダーに配置し、グローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) をインストールします。GAC への .dll ファイルをインストールするには gacutil.exe ツールを使用して次のようにします。
      gacutil.exe /if Microsoft.BizTalk.Adapter.Wcf.Runtime.dll
    • BizTalk Server 2009年または BizTalk Server 2010 で使用していたカスタムのコードによって、エラーがスローされます。これは、BizTalk Server 2009年や BizTalk Server 2010 は、.NET の Microsoft.BizTalk.Interop.SSClient.dll ファイルはジョンを持っているためにです。ただし、BizTalk Server 2013年は、.NET ファイルのバージョン 7.0.2300.0 を使用します。

      解決方法
      更新し、BizTalk Server 2013年 (7.0.2300.0) ファイルのバージョン Microsoft.BizTalk.Interop.SSClient.dll を参照するカスタム コードを再構築します。再構築できない場合は、オプション、バージョン 7.0.2300.0、リダイレクトを次の変更を行った、"<runtime>/<assemblyBinding>」の適切な構成ファイルのセクション:</assemblyBinding> </runtime>
      <dependentAssembly><assemblyIdentity name="Microsoft.BizTalk.Interop.SSOClient" publicKeyToken="31bf3856ad364e35" culture="neutral" /><bindingRedirect oldVersion="5.0.1.0" newVersion="7.0.2300.0"/></dependentAssembly>
    • エラーが正しくないファイルの依存関係があるため Microsoft BizTalk エンタープライズ サービス バス (ESB) によってスローされます。

      解決方法
      BizTalk Server 2013年の累積更新プログラム 2 (CU2) およびそれ以降のバージョンでこの問題が修正されます。
      この問題の詳細については、次を参照してください。 FIX:"ファイルまたはアセンブリを読み込めませんでした ' Microsoft.BizTalk.Interop.SSOClient バージョン = 5.0.1.0"BizTalk Server 2013年で ESB の構成ツールを使用するとエラーが発生.
      それを解決するを参照してくださいの最新の累積的な更新プログラムを入手する方法について サービス パックおよび BizTalk Server の累積的な更新の一覧.
  • SSOPSServer.dll の読み込みに失敗しました

    現象
    イベント ログに記録されている次のエラー メッセージが表示される場合があります。
    \Program Files\Common Files\Enterprise 1 つの記号 On\SSOPSServer.dll エラー コードの読み込みに失敗しました: 0x8007007E、指定されたモジュールがありませんでした。

    解決方法
    このエラーは無害であり、無視することができます。このエラーが発生し続けることを防ぐために、元のインストール メディアから、\Program Files\Common Files\Enterprise シングル サインオン コンピューター上のフォルダーに SSOPSServer.dll ファイルをコピーします。SSO の 64 ビット インストールの場合、インストール メディアの \Platforms\SSO64\Files から SSOPSServer.dll ファイルを使用します。SSO の 32 ビット インストールの場合、\Platforms\SSO\Fxiles からファイルを使用します。
  • Host Integration Server 2013年の SSO で BizTalk SSO マスター シークレットを使用することはできません。

    現象
    Host Integration Server 2013年の SSO サービスが BizTalk Server 2013 SSO マスター シークレット サービスにアクセスしようとすると、次のエラー メッセージがスローされます。
    マスター シークレットを取得できませんでした。マスター シークレット サーバー名が正しいことと、使用可能であることを確認します。シークレット サーバー名: BTSSSOSERVER のエラー コード: 0x00000057、パラメーターが正しくありません。

    解決方法
    Host Integration Server 2013年には、SSO のバージョン 9.0.2096.0 が含まれています。ただし、BizTalk Server 2013年には、バージョン 9.0.1865.0 が含まれています。Host Integration Server と BizTalk サーバーの両方で SSO サービスが共有のマスター シークレット サーバーをアクセスが混在する環境では、このサーバーが、Host Integration Server 2013年の SSO サービスを実行する必要があります。Host Integration Server をインストールする BizTalk server のバージョン 9.0.2096.0 では、既存の SSO サービスをアップグレードとなるリモートのマスター シークレットの SSO サーバーも 9.0.2096.0 にアップグレードすることが必要になります。

その他の既知の問題

  • BizTalk Server 2013年へのアップグレードは新しい Microsoft.BizTalk.GlobalPropertySchemas.dll を導入していません。

    現象
    BizTalk Server 2009年または BizTalk Server 2010 の BizTalk Server 2013年へのインプレース アップグレードでは、新しい Microsoft.BizTalk.GlobalPropertySchemas.dll ファイルは正しくは BizTalkMgmtDb データベースに配置しません。これにより、BizTalk が新しいグローバル プロパティのいずれかにアクセスするときにエラーが発生。これは、WCF を使用する場合に発生することができます。立てて、SB メッセージング アダプター、またはその他の任意の新しいプロパティに関連付けられている任意のプロパティを使用します。と共に SB メッセージングのアダプターに障害が発生したエラー メッセージは次の場合。
    SB-メッセージング] アダプターには、エラー メッセージが発生します。詳細"System.Runtime.InteropServices.COMException (0xC0C01620): HRESULT からの例外: 0xC0C01620
    Microsoft.BizTalk.TransportProxy.Interop.IBTTransportBatch.MoveToSuspendQ (IBaseMessage msg) で
    Microsoft.BizTalk.Adapter.Wcf.Runtime.Batch2.MoveToSuspendQ (IBaseMessage メッセージ、オブジェクトの userData) で
    Microsoft.BizTalk.Adapter.Wcf.Runtime.BizTalkReceiveBatch.SuspendMessageIfNeeded (メッセージを IBaseMessage、StreamAndUserData streamAndUserData、int32 型の messageStatus) で"です。

    SB-メッセージング] アダプターには、エラー メッセージが発生します。詳細"System.Exception: 失敗した名前空間でプロパティの一覧に存在しないプロパティの情報の一覧を読み込んでいます。スキーマが正しく展開されていることを確認します。
    Microsoft.BizTalk.Adapter.Wcf.Runtime.BizTalkServiceInstance.EndOperation (IAsyncResult 結果) で
    AsyncInvokeEndEndTwoWayMethod (オブジェクト、オブジェクトの、IAsyncResult) で
    System.ServiceModel.Dispatcher.AsyncMethodInvoker.InvokeEnd (オブジェクトのインスタンス、オブジェクトの & IAsyncResult 結果の出力) で
    System.ServiceModel.Dispatcher.DispatchOperationRuntime.InvokeEnd (MessageRpc & rpc) で
    System.ServiceModel.Dispatcher.ImmutableDispatchRuntime.ProcessMessage7 (MessageRpc & rpc) で
    System.ServiceModel.Dispatcher.MessageRpc.Process (ブール値 isOperationContextSet)」にあります。

    解決方法
    AddGlobalPropertySchemas.exe ツールを使用して、アップグレード後、.dll ファイルを手動で展開します。ツールをダウンロードします。 AddGlobalPropertySchemas.exe.次のように、BizTalk 管理データベース サーバー名およびデータベース名で渡す必要があります。
    AddGlobalPropertySchemas.exe /server:MyServer /database:BizTalkMgmtDb
    SQL Server の名前付きインスタンスには、データベースが存在する場合は、MyServer だけではなく MyServer\MyInstance を指定します。
  • ESB 2.2 構成ファイルでは、ESB の障害

    現象
    ESB Toolkit 2.2 では、既定の esb.config ファイルへの変更を必要とする Unity 2.0 を使用します。これらの変更のない次の問題が発生することができます。
    • ESB 2.2 構成が失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
      「6」引数と"PushAllConfiguration"の呼び出しで例外:「認識されていない要素 'typeConfig' です。(C:\Program ファイル (86) \Microsoft BizTalk ESB Toolkit\esb.config 行 151)
    • ItinerarySelectReceiveXMLを受信するとパイプラインを使用して (ESB BRI の競合回避モジュールを使用) して、旅程を動的に選択するビジネス ルール エンジンを呼び出し、次のエラーがスローされます。
      呼び出しのターゲットによって例外がスローされました。
      ソース: Microsoft.Practices.ESB.Resolver.ResolverMgr
      メソッド: System.Collections.Generic.Dictionary'2[System.String,System.String] (Microsoft.Practices.ESB.Resolver.ResolverInfo、Microsoft.BizTalk.Message.Interop.IBaseMessage、Microsoft.BizTalk.Component.Interop.IPipelineContext) を解決するには
      エラーの発生元: mscorlib
      エラー TargetSite: System.Object InvokeMethod(System.Object, System.Object[], System.Signature, Boolean)
      エラーのスタック トレース: System.RuntimeMethodHandle.InvokeMethod (対象のオブジェクト、オブジェクトの引数、署名 sig、ブール型のコンス トラクター) で
      System.Reflection.RuntimeConstructorInfo.Invoke (BindingFlags invokeAttr、バインダー バインダー、オブジェクトのパラメーター、カルチャの CultureInfo) で
      System.RuntimeType.CreateInstanceImpl (BindingFlags トラクター、バインダー バインダー、オブジェクトの引数、カルチャの CultureInfo、オブジェクト [activationAttributes、StackCrawlMark & stackMark) で
      System.Activator.CreateInstance (型 BindingFlags トラクター、バインダー バインダー、オブジェクトの引数、カルチャの CultureInfo オブジェクトの activationAttributes) で
      System.Activator.CreateInstance (型、オブジェクトの引数) に
      Microsoft.Practices.ESB.Resolver.ResolverFactory.Create (文字列キー) で
      Microsoft.Practices.ESB.Resolver.ResolverMgr.GetResolver (ResolverInfo 情報) で
      Microsoft.Practices.ESB.Resolver.ResolverMgr.Resolve (ResolverInfo 情報、メッセージを IBaseMessage、IPipelineContext pipelineContext) で
    解決方法
    それを解決するのには esb.config ファイルを変更する方法のこの問題および手順に関する詳細については、次を参照してください。 ESB Toolkit BRE 旅程の競合回避モジュールが例外で失敗します。[認識されていない要素 'typeConfig' ESB の構成が失敗した場合します。.
  • 3.3 の UNB セグメントを持つ EDIFACT メッセージが中断されています。

    現象
    BizTalk Server 2013年へのアップグレード後 3.3 の UNB セグメントを含む、EDIFACT メッセージが失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。この同じ EDIFACT メッセージ BizTalk Server 2010 で問題なく処理されます。
    失敗した名前空間でプロパティの一覧に存在しないプロパティ情報の一覧を読み込んでいます。スキーマが正しく展開されていることを確認します。

    解決方法
    関連するホスト インスタンスを再起動するには、次の手順を使用します。
    • BizTalk Server 管理コンソールで、[ BizTalk グループ] に移動します。 >アプリケーション> BizTalk EDI アプリケーション>リソースです。
    • リソースを右クリックして [追加] > BizTalk アセンブリです。
    • リソースの追加] ウィンドウで [追加] をクリックを選択し、(既定の場所は、C:\Program Files (x86) \Microsoft BizTalk Server 2013年) Microsoft.BizTalk.Edi.BaseArtifacts.dll ファイルを選択し、[開く] をクリックします。
    • [すべて上書き] チェック ボックスを選択します。
    • 上のグローバル アセンブリ キャッシュに追加リソースを追加する] チェック ボックスを選択し、し、[ OK] をクリックします。
BizTalk Server 2013年正常問題 BTS2013

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2954101 - 最終更新日: 08/25/2015 06:26:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft BizTalk Server 2013 Branch, Microsoft BizTalk Server 2013 Developer, Microsoft BizTalk Server 2013 Enterprise, Microsoft BizTalk Server 2013 Standard

  • kbbts kbbtsengine kbbtssso kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB2954101 KbMtja
フィードバック