現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX] OALP: 名前付きセットの変更を保存できない事がある

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP295537
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
計算されるメンバで使用される名前付きセットを編集し、名前付きセット ビルダの [OK] をクリックすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
名前付きセットを更新できません。
セット名 myset は無効です。
原因
名前付きセットおよび計算されるメンバは、キューブ コマンドとして Analysis Services に実装されます。[OK] をクリックすると、名前付きセット ビルダはそのキューブ コマンドを削除し、名前付きセットに対してキューブ コマンドを再作成しようとします。名前付きセットを参照する計算されるメンバが存在する場合、その依存関係のために名前付きセット ビルダは名前付きセット コマンドを削除して再作成することができません。
解決方法
この問題を解決するために、SQL Server 2000 Analysis Services の最新の Service Pack の適用をお願いいたします。
最新の SQL Server サービスパックのダウンロードおよびインストールについて詳しくは以下をご覧下さい。

http://www.microsoft.com/japan/sql/download/default.asp (日本語版)
http://www.microsoft.com/sql/downloads/default.htm(英語版)
回避策
この問題を回避するには、編集対象の名前付きセットを参照する計算されるメンバすべてへの参照をコメント化します。Analysis Services では、C++ 言語のダブル スラッシュ (//) または SQL 言語のダブル ハイフン (--) を使用して、行全体または行の一部をコメントにできます。また、Analysis Services では C 言語の表記法も使用でき、開始を表すスラッシュおよびアスタリスク (/*) と終了を表すアスタリスクおよびスラッシュ (*/) でテキストを囲んでコメント化することができます。

計算されるメンバをコメント化する際に発生する問題を回避する最も簡単な方法は、値式の先頭に定数を置き、数式全体をコメントにすることです。次の例では、計算されるメンバを 1 を返すように変更し、数式をコメントにしています。

値式 (コメントにする前):
Sum([MySet],[Measures].[Units Shipped] )
値式 (コメントにした後):
1//Sum([MySet],[Measures].[Units Shipped] )
状況
弊社では、これを Microsoft SQL Server 2000 Analysis Services version 8.0 の問題として確認しています。
この問題は、Microsoft SQL Server 2000 Analysis Services version 8.0 Service Pack 1 で修正されています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 295537 (最終更新日 2001-07-26) をもとに作成したものです。

この資料に含まれているサンプル コード/プログラムは英語版を前提に書かれたものをありのままに記述しており、日本語環境での動作は確認されておりません。

Named Set OLAP
プロパティ

文書番号:295537 - 最終更新日: 01/30/2014 16:10:47 - リビジョン: 1.0

Microsoft SQL Server 2000 Analysis Services

  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbgrpdsolap kbssas800bug kbssas800sp1fix msgraph KB295537
フィードバック