現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

最初に SQL Server をインストールしたドライブとは別の共有クラスタ ドライブにデータベースを作成する方法、またはディスク ファイルの場所を変更する方法

概要
SQL Server 2000 または SQL Server 2005 の仮想サーバー インスタンスをインストールした後、別の共有クラスタ ディスクにデータベースを作成することや、既存のデータ ファイルまたはログ ファイルを移動することができます。データベースを作成したり、既存のデータ ファイルやログ ファイルを移動したりするには、クラスタ アドミニストレータで、SQL Server が使用する別のディスクに対する依存関係を SQL Server リソースに追加する必要があります。

別の共有クラスタ ドライブ上にデータベースを作成する場合、SQL Server リソースにそのディスクに対する依存関係がないと、次のようなエラーが発生することがあります。
サーバー: メッセージ 5184、レベル 16、状態 2、行 1
クラスタ化サーバー用にファイル '%.*ls' を使用できません。サーバーのクラスタ リソースが従属関係を持つフォーマットされたファイルだけが使用できます。

サーバー : メッセージ 1802、レベル 16、状態 1、行 1
CREATE DATABASE に失敗しました。リストされたファイルの一部が作成されませんでした。以前のエラーを調べてください。
SQL Server グループに含まれず、SQL Server リソースの依存関係もない共有クラスタ ドライブ上に、既存データベースのファイルを移動または追加しようとしたときにも、同様のエラーが表示されます。

また、SQL Server リソースが依存関係を持たないディスクにフルテキスト インデックス カタログを作成しようとした場合、次のエラーが表示されます。
サーバー: メッセージ 7627、レベル 16、状態 1、プロシージャ sp_fulltext_database、行 61 クラスタ サーバーのディレクトリ 'Y:\FTDATA' にフルテキスト カタログを作成できません。サーバーのクラスタ グループのディスク上のディレクトリだけが使用できます。
詳細
ディスクを依存関係として SQL Server に追加するには、その共有クラスタ ディスクが、その SQL Server リソースと同じ、クラスタ アドミニストレータのグループに存在している必要があります。

共有クラスタ ディスクを移動するには、SQL Server グループに移動するディスクを選択し、そのリソースを右クリックします。[グループの変更] をクリックします。ディスクが SQL Server リソースと同じグループに移動されたら、以下の手順を実行して、それを SQL Server の依存関係として追加します。
  1. クラスタ アドミニストレータを開きます。
  2. SQL Server データベースが含まれるすべての物理ディスク リソースが、SQL Server リソースと同じグループに存在することを確認します。
  3. SQL Server リソースを右クリックし、[オフラインにする] をクリックして、そのリソースをオフライン状態にします。
  4. SQL Server リソースを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  5. [依存関係] タブをクリックします。
  6. [変更] をクリックして、そのリソースの依存関係一覧にディスクを追加します。
  7. SQL Server リソースをオンラインに戻し、SQL Server ファイルをその共有クラスタ ディスクに配置します。
プロパティ

文書番号:295732 - 最終更新日: 07/26/2006 01:34:56 - リビジョン: 7.1

Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Standard Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition

  • kbhowto kbsql2005cluster kbinfo KB295732
フィードバック
/html>