現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 365 専用/ITAR のメールボックスのリストアを完了することはできません。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2958923
現象
Microsoft Office 365 専用/ITAR に新しい MailboxRestoreRequestコマンドレットを実行するときに発生する以下の問題の 1 つ。
  • 問題 1: 切断されたメールボックスを見つけることはできません。
  • 問題 2: メールボックスの復元処理を完了することはできません。
原因
1 の問題の原因:

この問題は、次の条件のいずれかに該当する場合に発生します。
  • メールボックスは、ユーザー オブジェクトにまだ接続されています。
  • Microsoft Exchange Server は、メールボックスへの変更を完全に登録していません。
  • 組織のメールボックスの保存期間よりも長いため、メールボックスが切断されました。

2 の問題の原因

この問題は、切断されたメールボックスのLegacyExchangeDN属性は、新しいメールボックスのLegacyExchangeDN属性が一致しない場合に発生します。
解決方法
<b>ANSI D Exchange 2013 ではこの機能できません。詳細についてはマイクロソフトにお問い合わせください。

メールボックスの復元操作は、アクティブなメールボックスに、切断されたメールボックスからコンテンツを復元します。ユーザー オブジェクトに接続されているメールボックスからコンテンツを復元することはできません。

新規 MailboxRestoreReqeustコマンドレットには、切断されたメールボックスのメールボックス データベースと MailboxGUID の情報が必要です。復元プロセスを開始する前に、切断されたメールボックスを見つける必要があります。特定のメールボックスを検索するすべてのメールボックス データベースで検索を実行する必要があります。Windows PowerShell で切断されたメールボックスを検索するには、次のコマンドレットを実行します。

$databases = Get-MailboxDatabase$discolist = @()Foreach ($database in $databases) {$discolist += get-mailboxstatistics -database $database.name | ? {$_.disconnectdate -ne $null} | select DisplayName,MailboxGuid,LegacyDN,TotalDeletedItemSize,TotalItemSize,DatabaseName,disconnectreason}$discolist > discolist.txt
既知の問題
  • Becaues、メールボックスには、プロビジョニングを解除するのには、しばらく時間がかかりますに表示されないことがすぐに切断されているようです。ただし、メールボックスの拡張属性には、DeleteNow値を追加する場合、メールボックスは削除の保留中の OU から移動されます。DeleteNow値を使用する場合 MMSSPP 同期の 2 つのサイクルはユーザーからメールボックスを削除する前に渡す必要があります。未接続と表示するには、メールボックスのプロビジョニングを解除した後、2 時間の長さがかかる場合があります。
  • 既定では、たった 30 日間の切断されたメールボックスが保持されます。メールボックスは 30 日以内に切断された場合は、復元に使用できる場合ができません。
  • 切断されたメールボックスには、アクティブなメールボックスに関連付けられていないlegacyExchangeDN属性があり、メールボックスの復元要求が失敗します。切断されたオブジェクトのLegacExchangeDN属性をコピーし、x500 として追加する必要があります移動先のメールボックスのプロキシ アドレスです。AllowLegacyDNMismatch属性が使用できない Office 365 専用/ITAR の顧客のセルフ サービスの一部として。X500 としてLegacyExchangeDN属性を追加するプロキシ アドレスは、Microsoft Office Outlook を使用している場合、routedto の新しいメールボックスが正しくメールをこともできます。
  • 復元プロセス中にいくつかのリストアは失敗します。これらのエラーを見つけるには、次のコマンドレットを実行します。

    Get-MailboxRestoreRequest -batchname <CustomerBatchname> | Get-MailboxRestoreRequestStatistics | fl
    メールボックスのリストアでは、"FailureType:: MapiExceptionInvalidParameter"エラーが返された場合は、AssociatedMessagesCopyOption の MapByMessageClass属性とコマンドレットを再度実行します。たとえば、次のコマンドレットを実行します。

    New-MailboxRestoreRequest -SourceDatabase <SourceDatabaseName> -SourceStoreMailbox <SourceStoreMailboxName> -TargetMailbox <TargetMailboxName> -AssociatedMessagesCopyOption MapByMessageClass
    -IncludeReportスイッチを使用して追加情報を取得することもできます。次に例を示します。
    Get-MailboxRestoreRequest -batchname <CustomerBatchname> | Get-MailboxRestoreRequestStatistics -IncludeReport | fl
<b>新しい MailboxRestoreRequestコマンドレットでは、利用可能な Office 365 専用/ITAR お客様の Exchange Server 2010年のセルフ サービス ロールの一部としてのみです。
詳細
リストア要求を作成する方法の詳細については、次を参照してください。 MailboxRestoreRequest で新しい.

既存の要求に関する情報を取得するには、次を参照してください。Get MailboxRestoreRequestGet MailboxRestoreRequestStatistics.
「メールボックスの復元」BPOSFSC BPOSDSC o365d o335i

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2958923 - 最終更新日: 08/24/2016 15:50:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB2958923 KbMtja
フィードバック
ms.js">