「メールボックスの格納域の制限を超えています」に Exchange Server 2013年または 2016 の Exchange Server で Outlook にログオンしようとすると

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2958940
概要
ユーザーことはできません Outlook にログオンに Microsoft Exchange Server 2013年または Microsoft Exchange Server 2016年 (正式には Outlook Web App と呼ばれます) で、メールボックスのサイズがクォータ制限を超えている場合。ログオンの試行中には、ユーザーは、[ログオン] ページで、次のメッセージを受け取ります。

問題が発生しました。

メールボックスの格納域の制限を超えています。メールボックスからいくつかの項目を削除します。"
詳しく説明しています.
ページを更新します。

ユーザーがクリックしたとき、詳細については、 リンク、ユーザーは、次の情報を受け取る。

X-OWA-Error: Microsoft.Exchange.Data.Storage.QuotaExceededExceptionX-OWA-Version: 15.0.775.32X-FEServer: E15X-BEServer: E15Date: 4/8/2014 8:13:05 AM

ユーザーがページを更新]リンクをクリックした後、正常にログオンできます Outlook Web App にします。

ホーム ユーザーこの資料は、サポート担当者および IT プロフェッショナルが使用するためのものです。Outlook.com のエラーの詳細について、検索する場合は、次の web サイトを参照してください。
原因
この現象は、designin 2013 の Exchange Server および Exchange Server 2016年をされたものです。

この現象は、最初のログオン時のユーザーのメールボックスが完全に構成されていない場合に発生する可能性があります。最初のログオン時に Exchange Server を構成属性データベースと Active Directory で指定したメールボックスにします。動作は、次のシナリオでは正しいです。

  • レガシ サーバーからメールボックスを移動し、メールボックスのクォータがします。
  • メールボックスは、新しく作成されたメールボックスと、メールボックスがクォータ上にあります。

回避策
方法 1
ログオン ページで、ページを更新するリンクをクリックします。

方法 2
最初のログオン、メールボックス クォータを増やすし、必要な場合、そのファイルを元に戻します。

現在のサイズと、問題のあるメールボックスのクォータ サイズを識別するためには、次の Windows PowerShell コマンドレットを使用します。
Get-MailboxStatistics -Identity <User> |FL displayname,totalitemsize

メールボックスのクォータを一時的に増加するには、次のコマンドレットを使用します。2.1 ギガバイト (GB) は、サンプル値として使用します。この値は、TotalItemSize より大きくなければなりません。
Set-Mailbox -Identity <User> -ProhibitSendReceiveQuota 2.1GB -ProhibitSendQuota 2.1GB -IssueWarningQuota 2.1GB 

データベース オブジェクトから既定のクォータを使用する場合は、指定したメールボックスの既定のクォータを無効にする必要です。これを行うには、次のコマンドレットを使用します。
Set-Mailbox -Identity <User> -ProhibitSendReceiveQuota 2.1GB -ProhibitSendQuota 2.1GB -IssueWarningQuota 2.1GB -UseDatabaseQuotaDefaults $false

記載されているセット-メールボックスコマンドレットでは、最初のログオンを確立するために追加の空き領域を使用してメールボックスを構成しましたが。最初のログオン後は、設定を戻すことができます。既定のクォータを設定するだけになります。指定されたメールボックスの既定のクォータを構成するのには、次のコマンドレットを使用できます。
Set-Mailbox -Identity <User> -UseDatabaseQuotaDefaults $true


QuotaExceededException

OWA ログオン

Exchange 2013

クォータ

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2958940 - 最終更新日: 10/01/2015 19:48:00 - リビジョン: 3.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise

  • kbprb kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB2958940 KbMtja
フィードバック