現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[IIS]FILE: SQL 一括挿入用の IIS ログを準備するための PrepWebLog ユーティリティ

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP296093
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
以下の「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料では、Microsoft SQL Server に一括挿入するために IIS (Internet Information Server/Services) ログからヘッダー行を取り除く際に使用できるユーティリティについて説明しています。
296085 [IIS]HOWTO: SQL Server を使って Web ログを解析する
この資料では、このユーティリティおよびそのソース コードについて説明します。

Prepweblog.exe ユーティリティでは、IIS のログ ファイルのパスおよびファイル名を取得し、"#" で始まる行 (Web ログのヘッダー行) を削除して、ファイルを STDOUT に出力する処理が行われます。
詳細
下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
リリース日 : 2001 年 6 月 21 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

PrepWebLog.exe ファイルには、以下のファイルが含まれています。

ファイル名サイズ (バイト)
Preplog.opt48,640
Preplog.cpp1,274
Preplog.plg16,779
Preplog.exe45,056
Preplog.obj1,883
Vc60.idb41,984
Preplog.pch3,655,472
Preplog.dsp3,413
Preplog.dsw537
Readme.txt203
このユーティリティを実行するには、次のコマンドを使用します。
D:\>preplog.exe[Web ログの名前]
出力は自動的に STDOUT に送信されます。特定の出力ファイルに出力する場合は、次のようにファイル名を追加します。
D:\>preplog.exe[Web ログの名前]>[出力ファイルの名前]

たとえば、C:\Out.log というファイルに出力を送信する場合、コマンドは次のようになります。
D:\>preplog.exe c:\blah.log > out.log
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 296093 (最終更新日 2001-06-21) をもとに作成したものです。

PrepWebLog
プロパティ

文書番号:296093 - 最終更新日: 12/06/2015 02:03:27 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Internet Information Server 3.0
  • Microsoft Internet Information Server 4.0
  • Microsoft Internet Information Services 5.0
  • kbnosurvey kbarchive kbdownload kbtshoot _ik kbfile kbgrpdssie KB296093
フィードバック