更新と高パフォーマンス ・ ワークロードの SQL Server 2012年と SQL Server の 2014年の構成オプションを推奨

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2964518
この資料では、パフォーマンスが向上し、Microsoft SQL Server 2012年とさまざまな製品の更新および構成オプションによって SQL Server 2014年バージョンで利用可能な変更について説明します。SQL Server のインスタンスのパフォーマンスを向上させるためにこれらの更新プログラムを適用することを検討することができます。表示される改善の程度は、作業負荷のパターン、競合点、プロセッサのレイアウト (プロセッサのグループ、ソケット、NUMA ノード、NUMA ノードのコアの数) および量のメモリがシステムに存在するさまざまな要因によって異なります。Microsoft SQL Server のサポート チームには、お客様の作業負荷には、いくつかの NUMA ノードと多くのプロセッサのハードウェア システムを使用するための妥当なパフォーマンスの向上を達成するためにこれらの更新プログラムと構成の変更が使用されます。サポート チームは、将来的に他の更新プログラムでこの資料を更新するのには続行されます。

ハイエンド ・ システム
ハイエンド ・ システムは、通常、複数のソケット、8 コアの 1 以上のソケットと半分のテラバイト以上のメモリを持ちます。

SQL Server 2016年のメモ2016 を SQL Server にトレース フラグを有効にするトレース フラグに関連付けられているロジックの自動検出が製品に既に組み込まれているために不要になったがあります。
推奨される更新プログラムを適用し、SQL Server 2012年と SQL Server の 2014年のパフォーマンスを向上する方法
推奨事項は次のように 3 つのテーブルにグループ化されます。
  • 表 1 には、最も頻繁に推奨される更新プログラムおよびハイエンド システムの拡張性のためのトレース フラグが含まれています。
  • 表 2 には、累積的な更新に含まれていたその他のスケーラビリティの修正プログラムが含まれています。
  • 表 3 には、推奨事項とその他のパフォーマンスをチューニングするためのガイダンスが含まれています。
注: <b>追加のコンテキストでは、次の SQL Server のサポート チームからの投稿をチェックします。

表 1 です。高 - の重要な更新プログラムエンド システム

次の表を確認し、SQL Server のインスタンスが作成に必要な列の要件を満たしていることを確認する後に、トレース フラグの列でトレース フラグを有効にします。

重要: 修正プログラムには、常に環境でトレース フラグを有効にした場合は、可用性グループの一部であるすべての複製物に修正し、トレース フラグを有効にするのにはあることに注意をしてください。

#シナリオおよび症状を考慮するにはトレース フラグ必要なバージョンの更新詳細については、サポート技術情報記事/ブログのリンク
1
  • 高 CMEMTHREAD の待機が発生します。
  • ソケットあたり 8 個以上のコアを持つシステムで SQL Server がインストールされています。
T8048SQL 2014 RTM、SQL 2012 の RTMCSS エスカレーション サービスのブログ 投稿 このトピックをについて解説するいるとします。
2
  • ログ ・ プールのキャッシュ (たとえば、常にオン) に依存する機能を使用しています。
  • SQL Server は、複数のソケットを使用してシステムにインストールされます。
T9024SQL 2014 RTM、 SQL 2012 SP1 CU32809338修正:「ログの書き込み待機」カウンターの値高い SQL Server 2012年のインスタンス

注: <b>トレース フラグ 9024 いない SQL Server 2014 SP1 (およびそれ以降の service pack) に必要な SQL Server 2012年の SP3 およびそれ以降のサービス パック)
3
  • SQL Server のインスタンスは、接続プールのため何千もの接続のリセットを処理します。
T1236SQL 2014 CU1 を RTM します。, SQL 2012 SP1 CU92926217 FIX: SQL Server でデータベースのロックの利用状況が増加するとパフォーマンス問題が発生する

注: <b>トレース フラグ 1236年ない SQL Server 2014 SP1 (およびそれ以降の service pack) に必要な SQL Server 2012年の SP3 およびそれ以降のサービス パック)
4
  • アプリケーション ・ ワークロードには、(作成には、一時テーブルまたはテーブル変数の頻繁な tempdb の使用率が含まれます。
  • 割り当ての競合が原因で tempdb のページのリソースを待機しているユーザーの要求が発生します。
-T1118 を実装SQL 2014 RTM、SQL 2012 の RTM328551 Tempdb データベースの同時実行制御機能の強化

注: <b>トレース フラグを有効にして、tempdb データベースの複数のデータ ファイルを追加します。
5
  • 複数の tempdb データ ファイルがあります。
  • 最初にデータ ファイルは、同じサイズに設定されています。
  • 高い利用状況が発生したため tempdb ファイルには、成長が発生してすべてのファイルが同時に成長し、割り当ての競合が発生します。
T1117SQL 2014 RTM、SQL 2012 の RTM2154845 SQL Server tempdb データベース内の割り当ての競合を減らすための推奨事項
6
  • SOS_PHYS_PAGE_CACHE および CMEMTHREAD のためのパフォーマンスの問題は、大容量メモリを搭載コンピューター上のメモリの割り当て中に待機します。
該当なしSQL 2014 CU1 を RTM します。,

SQL 2012 SP1 CU9
2926223外部のページを SQL Server 2012年または SQL Server の 2014年の処理中に NUMA 環境でパフォーマンスの問題が発生します。

Table 2。Pパフォーマンスの修正プログラムの累積的な更新に含まれる

[現象] の列の説明を確認し、適用可能な環境で必要な更新] 列に必要な更新プログラムを適用します。それぞれの問題の詳細については、サポート技術情報を確認できます。起動時のパラメーターとして別のトレース フラグを有効にするこれらの推奨事項のいくつか必要があることに注意してください。

注: <b>[更新方法] 列での CU の名前は、この問題を解決する SQL Server の最初の累積的な更新を提供します。累積的な更新には、すべての修正プログラムが含まれていて、以前の SQL Server に含まれていたすべての更新プログラムがリリースを更新します。インストールすることをお勧めしたがって、 最新の累積的な更新 問題を解決するには。

#現象必要な更新プログラムサポート技術情報の記事
1一括は、一時テーブルのパフォーマンスの問題が発生するのには、選択中に書き込みます。SQL 2012 SP2 CU1,

SQL 2012 SP1 CU10
2958012 I/O を実行するときにパフォーマンスの低下を SQL Server 2012年で一時テーブル操作を選択します。
2PWAIT_MD_RELATION_CACHE が発生するか、MD_LAZYCACHE_RWLOCK、のインデックスを変更するまでの待機しています.オンラインクエリの処理は中止されます。SQL 2014 CU1 を RTM します。,

SQL 2012 SP1 CU9
2926712 インデックスを変更した後、パフォーマンスが低下しています.SQL Server 2012年または SQL Server の 2014年のオンライン操作が中止されました
3突然クエリは、製品の標準版で適切に実行します。 SQL 2014 CU1 を RTM します。

SQL 2012 SP1 CU7
2879373 スレッドが SQL Server 2012年または SQL Server 2014年の Standard Edition で均等にスケジュールされていません。
4ページの寿命予測値が急激に低下があるためパフォーマンスが低下します。SQL 2012 SP1 CU42845380SQL Server 2012年におけるパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
5NUMA 構成、大容量メモリ、および [最大サーバー メモリ」を低い値に設定されたシステム上のリソース モニターを使用して高い CPU 使用率です。SQL 2012 SP1 CU32813214CPU のスパイクがない場合に、サーバーの負荷がサーバーに SQL Server 2012年をインストールした後
6以外明け渡さスケジューラの並べ替えのためのメモリの割り当てが関連付けられているメモリを実行中には、大量のメモリがインストールされているとシステムに付与します。SQL 2012 SP1 CU22801379FIX: SQL Server 2012 または SQL Server 2008 R2 で多くの CPU や大量のメモリを持つサーバー上でクエリを実行するときにエラー 17883
7非明け渡さスケジューラ ソート演算子は、大容量メモリを備えたシステムでバッファー プール内の多くのバケットを走査するときです。SQL 2012 SP1 CU12762557"プロセス<block list="">解放されていないスケジューラであるように見える<ID>"エラー メッセージが SQL Server 2012年で、クエリを実行すると</ID></block>
8CPU 使用率の高い複数の NUMA ノードと多くのコアを持つシステム上でコンパイルするのには時間がかかるする同時実行のクエリを実行するときSQL 2012 SP2 CU1

SQL 2014 CU2 を RTM します。
2928300 拡大して大量のクエリのコンパイルの作業負荷も拡張されない SQL Server の CPU の飽和状態にして、NUMA ハードウェア上のコアの数
9ソート演算子はメモリの割り当てには、NUMA システムでは大量のメモリを持つリモート ノードの割り当てのための完了に時間がかかります。SQL 2012 SP1 CU32819662NUMA 環境における SQL Server のパフォーマンスの問題
10"メモリ不足"エラー NUMA マシンでは、大量の RAM を SQL Server がインストールされているし、SQL Server には多くの外部のページです。SQL 2012 の RTM CU12688697 NUMA を使用するコンピューターで SQL Server 2012年のインスタンスを実行すると、メモリ不足のエラー
11スピンロックをSOS_CACHESTORESOS_SELIST_SIZED_SLOCK大きなテーブルの空間的なデータ型でインデックスをビルドするときにします。SQL 2014 CU1 を RTM します。

SQL 2012 SP1 CU7
2887899 SQL Server 2012年または SQL Server の 2014 空間データ型の大きなテーブルにインデックスを作成するときにパフォーマンスの低下
12高 CMEMTHREAD は、大きなテーブル内の空間データ型でインデックスをビルドするときに型を待機します。SQL 2014 CU1 を RTM します。

SQL 2012 SP1 CU7
2887888 大きなテーブルを SQL Server 2012年または 2014 の SQL Server インスタンス内の空間的なデータ型でインデックスをビルドするときに、SQL Server でパフォーマンスの低下
13重 SOS_CACHESTORE スピン ロックの競合または計画されている削除された頻繁にアドホック クエリのワークロードにします。トレースを有効にするフラグを設定 - T174

SQL 2014 CU6 を RTM 版します。, SQL 2012 SP1 CU 14
3026083 SQL Server 2012年または 2014年修正: アドホック SQL Server のプラン ・ キャッシュに SOS_CACHESTORE スピン ロックの競合が原因 CPU 使用率が高い
14かかるを実行中の同時実行データ ウェアハウスのクエリは、 RESOURCE_SEMAPHORE_QUERY_COMPILEの待機の時の結果をコンパイルします。トレースを有効にするフラグを設定 - T6498

SQL 2014 の RTM CU 6
3024815 大規模なクエリのコンパイルは、SQL Server の 2014 年の RESOURCE_SEMAPHORE_QUERY_COMPILE の待機します。
15既存の統計は、テーブル内の行の数が多いため頻繁には更新されません。トレースを有効にするフラグを設定 - T23712754171 多数の行を持つテーブルの自動更新の統計情報のしきい値を変更します。
16CHECKDB コマンドでは、大規模なデータベースで長い時間がかかります。トレースを有効にするフラグを T2562 と T25492634571DBCC CHECKDB コマンドの機能強化、可能性がありますパフォーマンスを向上させる PHYSICAL_ONLY オプションを使用する場合
17CHECKDB コマンドでは、大規模なデータベースで長い時間がかかります。SQL 2014 CU6 を RTM 版します。3029825 修正: DBCC CHECKDB がかかる SQL CLR Udt が関係するときに実行するには
18CHECKDB コマンドでは、大規模なデータベースで長い時間がかかります。トレースを有効にするフラグを設定 - T2566945770 修正: DBCC CHECKDB ステートメント実行時間が長い


表 3 です一般的な考慮事項や SQL Server のインスタンスのパフォーマンスを向上させるためのベスト プラクティス

KB 資料と書籍のオンライン リソース] 列の内容を確認し、推奨アクション」列で、ガイダンスの実装を検討します。

#サポート技術情報の資料と書籍のオンライン リソース推奨される操作
1TF 8032

アドホック ワークロードを最適化します。

強制的なパラメーター化
他のキャッシュやメモリ事務増加のため、プラン キャッシュ内のエントリが削除されました。キャッシュ エントリの最大数に到達するともプラン キャッシュの削除が発生する可能性があります。トレース フラグ 8032、他に考慮します アドホック ワークロードを最適化します。 (http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc645587.aspx) サーバ ・ オプションとも、 強制的なパラメーター化 (http://technet.microsoft.com/en-us/library/ms175037.aspx) のデータベースのオプションです。
22806535

SQL Server における 「並列処理の最大限度」構成オプションの推奨事項、およびガイドライン
使用して、 sp_configure 「並列処理の最大限度] 構成を変更する手順を、サポート技術情報の記事に従って SQL Server インスタンスに格納されます。
3955644 [アクセス チェックのキャッシュのバケット数] と、sp_configure ストアド プロシージャで使用可能なアクセス キャッシュ クォータのチェック] オプションの説明 使用 sp_configure サポート技術情報の推奨事項に従って、これらの値を構成します。ハイエンド ・ システムの推奨値は次のとおりです。
アクセス チェック キャッシュ バケット数]: 256
「アクセス チェックのキャッシュ クォータ」: 1024年
4918483 64 ビット版 SQL Server のバッファー プール メモリのページングを削減する方法SQL サービスのスタートアップ アカウントの権利を"メモリ内のページのロック] ユーザーを割り当てます。

最大サーバー メモリを物理メモリの合計の約 90% に設定します。メモリ アフィニティを使用するように構成されているノードのみからの"最大サーバー メモリ] 設定のアカウントが設定をマスクすることを確認します。

注: <b>使用することができます。 sp_configure メモリの設定を確認します。
52207548 [バランス] 電源プランを使用する場合に Windows Server 2008 R2 のパフォーマンスが低下します。記事を確認し、資料の「解決方法」セクションに記載されるソリューションの 1 つを実装するため Windows の管理者と協力します。
6ファイルの瞬時初期化. Books Online のトピックの情報の右に「ボリュームの保守タスクを実行する"ユーザーを SQL Server サービス アカウントに付与するには、Windows の管理者と協力して
7315512 SQL Server で「自動拡張」および「自動圧縮」の設定に関する考慮事項データベースの現在の設定を確認し、サポート技術情報の推奨事項に従って構成されているかどうかを確認します。
8ワークロード グループの変更

折れるの大規模なメモリの割り当ては、多くのクエリがある場合は、未満の値を既定の 25% からは、リソース ガバナーの構成に既定のワークロード グループの request_max_memory_grant_percent を削減します。
9拡張イベント



パフォーマンスの監視とトラブルシューティングの際に診断データのコレクションの拡張イベントを使用してください。最近のバージョンの SQL Server で次の機能強化の利点を要する。
  • ライトウェイト インフラストラクチャ
  • データ収集、データ ストレージと処理 (イベント ファイル、リング バッファー イベントを組み合わせる、イベント カウンター、ヒストグラム) の新しいモード
  • データ収集中の機能の詳細 (などの呼び出しのような新しいアクション スタックの場合より大規模な一連のイベント)
  • データ (CPU/numa システムのパーティション設定、バッファーのサイズ、イベントが失われる)、高度な構成でのスケーラビリティ設定のコレクションの中に動的なフィルタ リングの機能
  • (CPU/numa システムのパーティション設定、バッファーのサイズ、イベントが失われる)、高度な構成でのスケーラビリティの設定

10SQL Server 2012 のコア ライセンス制限以降の SKU に SQL Server のエディションをアップグレードすることを検討してください。
112506384 マルチプロセッサ コンピューター上での K グループの割り当てを手動で構成する方法K グループに NUMA ノードを手動で割り当てます。詳細については、次を確認します。


重要な注意事項
  • 表 1内のすべての条件も該当しない場合。
    • SQL Server 2014年のガイダンス: 少なくとも適用 CU1 RTM の追加」- T8048-T9024 – T1236 – T1117 –-t1118 を実装」パラメーターの一覧を SQL Server の開始に。
    • SQL Server 2012年のガイダンス: 適用 SP2 追加」- T8048-T9024 – T1236 – T1117 –-t1118 を実装"SQL Server の起動パラメーター] ボックスの一覧に。
  • トレース フラグを使用する方法の概要についてを確認します トレース フラグ SQL Server Books Online のトピックです。
  • いうように、プロセッサの数、numa システムの構成の詳細についてを見つけることができます、 SQL Server エラー ログ.
  • SQL Server のバージョンを確認するのには、次の手順を確認します。
関連情報
サード パーティのソリューションについての免責事項

この資料にある情報とソリューションは、これらの問題に関するマイクロソフト社の公表日における認識です。当該ソリューションは、マイクロソフトまたはサードパーティ プロバイダーから利用可能です。当資料では、この資料に記載されるサード パーティ プロバイダーまたはサード パーティのソリューションを特に推奨しているわけではありません。この資料に記載されている以外に、他のサード パーティ プロバイダーまたはサード パーティのソリューションが存在する場合もあります。当社は常に変化する市場状況に対応する必要があるため、当該情報はマイクロソフトによるコミットメントと解釈されるものではありません。マイクロソフトまたは記載されたサード パーティ プロバイダーによって提供されるすべての情報またはソリューションの正確性を保証することはできません。

マイクロソフトは、明示的、黙示的、法定的であるかを問わず、一切の保証を行わず、すべての表現、保証、および条件を除外します。それらには、任意のサービス、ソリューション、製品、その他資料または情報に関する表現、保証、もしくは権原、非侵害、満足、商品性、特定目的との適合性の条件を含みますが、それらに限定されません。マイクロソフトは、いかなる場合においても、この資料に記載されているサード パーティ ソリューションに対する責任を負いません。

警告: この記事は自動翻訳されています

Eigenschappen

Artikel-id: 2964518 - Laatst bijgewerkt: 03/08/2016 00:41:00 - Revisie: 9.0

Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Enterprise Core, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Web, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 1

  • kbsurveynew kbinfo kbexpertiseadvanced kbmt KB2964518 KbMtja
Feedback