情報: エクスポートのレジストリ値の型をパフォーマンス拡張 DLL の

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:296481
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
ここでは、オペレーティング システムによって取得され、 ファイルを開く のパフォーマンス拡張 DLL の関数に渡すされるレジストリ値について説明します。
詳細
システム ファイル、Advapi32.dll 内に含まれるパフォーマンス ライブラリ (PerfLib) は、パフォーマンス拡張 DLL の ファイルを開く 関数の呼び出し担当します。 PerfLib は最初にアプリケーション パフォーマンス データを収集するレジストリに接続したときに、パフォーマンス拡張 DLL 内で ファイルを開く 関数を呼び出します。 この 名前 の関数は、パフォーマンス データを提供するライブラリに必要な初期化通常実行します。

次に、エクスポートの関数のプロトタイプをパフォーマンス拡張 DLL 内の ファイルを開く 関数。
DWORD CALLBACK <openperformancedata> (LPWSTR lpDeviceNames)、

場所名 <openperformancedata> は、アプリケーション定義の名前のプレースホルダーだけです。
システムがこの ファイルを開く 関数を呼び出すと、 lpDeviceNames 引数は、次のレジストリ キー内には、 エクスポート の値で格納されている Unicode 文字列を含むバッファーを指します。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Application_Name\Linkage
Microsoft Windows NT 4. 0、PerfLib は、レジストリ値の型、 エクスポート を受け入れます。 ただし、Microsoft Windows 2000 および Microsoft Windows XP では、 エクスポート 値の種類必要があります REG_SZ またはで REG_MULTI_SZ 。 複数の文字列がある場合は、それらを UNICODE_NULL で区切られ、UNICODE_NULL の 2 つの文字で終了です。 エクスポート の値がこの Windows 2000 と Windows XP の仕様に準拠していない場合のパフォーマンスの拡張の ファイルを開く 手順 DLL が呼び出されます NULL lpDeviceNames パラメーターの。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:296481 - 最終更新日: 02/24/2014 15:32:11 - リビジョン: 4.3

Microsoft Win32 Application Programming Interface, Microsoft Win32 Application Programming Interface

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbapi kbkernbase kbperfmon kbmt KB296481 KbMtja
フィードバック