オブジェクトのフィルターが適用されたプロパティを変更する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:296490
概要
ここでは、オブジェクトのフィルターが適用されたプロパティを変更する方法について説明します。
詳細
Active Directory ユーザーとコンピューターを表示するユーザー オブジェクトに対しての [ プロパティごとのアクセス許可 ] タブには、ユーザー オブジェクトのすべてのプロパティ表示されません。 これはオブジェクトとプロパティのリストを簡単に管理できるようにする種類のアクセス制御用のユーザー インターフェイス フィルターためです。 スキーマにオブジェクトのプロパティが定義されているときに表示されているフィルターが適用されたプロパティの一覧がすべてのドメイン コントローラー上の %systemroot%\System32 フォルダーにある Dssec.dat ファイルに格納します。 ユーザー インターフェイスを使ってフィルターを適用したプロパティを表示するファイル内のオブジェクトのエントリを編集できます。 フィルター プロパティ次のとおり、Dssec.dat ファイルにです。
[ユーザー]
propertyname = 7
読み取りを表示し、オブジェクトのプロパティのアクセス許可を書き込み、アクセス許可のいずれかを表示するフィルター値編集できます。 表示の両方の読み取りと書き込みプロパティの権限、するには、値をゼロ (0) を変更します。
[ユーザー]
propertyname = 0
プロパティの書き込み権限だけを表示するには値 1 に変更します。
[ユーザー]
propertyname = 1
プロパティの読み取りアクセス許可のみを表示するには値 2 に変更します。
[ユーザー]
propertyname = 2
メモ Dssec.dat ファイルを編集した終了なったフィルターされたプロパティを参照の Active Directory ユーザーとコンピューターを再起動してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:296490 - 最終更新日: 03/01/2007 21:09:00 - リビジョン: 3.5

Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server

  • kbhowto kbenv kbui kbmt KB296490 KbMtja
フィードバック