ハイブリッド展開用のセットアップ ウィザードにデジタル署名が表示されない

: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。

現象
オンプレミス Microsoft Exchange Server と Office 365 Exchange Online 間でハイブリッド構成をセットアップするために構成ウィザードを実行しますが、ドロップダウンにデジタル署名が表示されず選択できません。

また、処理を続行しようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
“No valid certificate exists for the Hub Transport server(s).”
(ハブ トランスポート サーバーに有効な証明書がありません)
原因
この問題は、ハイブリッド サーバー上にある Microsoft Exchange サービスのホスト サービスが停止すると発生します。
解決方法
ハイブリッド サーバー上にある Microsoft Exchange サービスのホスト サービスを起動します。手順は以下のとおりです。
  1. [スタート]、[ファイル名を指定して実行] を順にクリックし、「services.msc」と入力して [OK] をクリックします。
  2. サービスの一覧から Microsoft Exchange Service Host を右クリックして [開始] をクリックします。
追加情報
その他トピックは Office 365 コミュニティ Web サイト、または Exchange TechNet フォーラムを参照してください。
プロパティ

文書番号:2964920 - 最終更新日: 05/23/2016 06:00:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft Exchange Online, Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise

  • o365022013 o365 o365a o365e o365m hybrid KB2964920
フィードバック