Microsoft Azure で VM エージェントの拡張機能のサポート

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2965986
概要
サポート ポリシー VM エージェントの Microsoft Azure の仮想マシンのおよび説明 VM エージェントの拡張機能のインフラストラクチャで Microsoft Azure のサービス (IaaS) として。

Microsoft VM エージェントの拡張機能をサポートは、開発されて、Microsoft から直接発行元の拡張機能に制限されています。
サポートが有効な購入のお客様に利用可能です Azure サポート プランです。

サード ・ パーティ製 VM エージェントの拡張機能のサポートは、仕入先によって直接提供されます。

エージェントの現在のサポート ・ マトリックス

VM エージェントの拡張機能参照マイクロソフトのサポート ポリシーサポートへのリンク
DSCAzure の PowerShell DSC (必要な状態の構成) の拡張機能マイクロソフトでサポートされています。https://manage.windowsazure.com/?getsupport=true
MSEnterpriseApplicationシステム センターの役割の作成の拡張機能マイクロソフトでサポートされています。https://manage.windowsazure.com/?getsupport=true
BGInfoバック グラウンド情報の拡張マイクロソフトでサポートされています。https://manage.windowsazure.com/?getsupport=true
VMAccessagentVM の拡張機能は、リモート デスクトップとパスワードのリセットを有効にします。マイクロソフトでサポートされています。https://manage.windowsazure.com/?getsupport=true
Chefclientシェフ ソフトウェア エージェント シェフ ソフトウェアでサポートされています。http://www.getchef.com/support/
PuppetEnterpriseAgentPuppetLabs エージェントPuppetLabs でサポートされています。http://puppetlabs.com/solutions/microsoft
シマンテック社のエンドポイント保護シマンテック社のウイルス対策シマンテック社によってサポートされています。http://www.symantec.com/business/support/index?page=contactsupport&key=54619
トレンド マイクロの高度なセキュリティ エージェントトレンド マイクロのウイルス対策ソフトウェアトレンド マイクロでサポートされています。http://www.trendmicro.com/us/business/saas/deep-security-as-a-service/index.html
詳細
VM エージェントと VM の拡張機能の違いを理解することにより、問題の発生場所を特定して問題を解決します。

VM エージェントでは、開始、実行、および仮想マシン (VM) で特定のタスクを実行する VM の拡張機能を監視することができます。

VM エージェントでは、拡張機能を実行するエージェントを実行しています。

問題は、エージェントまたは拡張子を持つかどうかを知る方法

VM エージェントは、実行する必要がある 3 つのサービスで構成されます。
  • RDAgent
  • Windows Azure ゲスト エージェント
  • Microsoft Azure 遠隔測定サービス
これら 3 つのサービスが実行され、拡張機能のインストールと起動を確認し、確認します。

拡張機能のインストールと起動時のエラーを確認する手順を実行するには:

エージェントを実行するときは、拡張機能の操作の概要を記録します。この概要には次のものが含まれています。
  • 有効にします。
  • インストール
  • 開始
  • 無効にします。
サマリー ログで次の場所にあります。
C:\WindowsAzure\logs\WaAppAgent.log


どの拡張機能の障害を確認するのに、ログを開くし、ログに"error"という単語を探します。

VMAccess 拡張の開始時にエラーの例は次のとおりです。

[00000019] [2014/04/08 23:25:06.83] [INFO] プラグイン (名前: Microsoft.Compute.VMAccessAgent、バージョン: 1.0.3) 正常に有効になっている、コード: 0。
[00000028] [2014/04/08 23:25:07.80] [情報] は、Microsoft.Compute.BGInfo 1.1 のプラグインを正常にインストールします。
[00000028] [2014/04/08 23:25:07.80] [INFO] プラグイン (名前: Microsoft.Compute.BGInfo、バージョン: 1.1) 正常に有効にします。コード: 0
[00000003] [2014/04/08 23:27:04.11] Microsoft.Compute.VMAccessAgent のコマンドを [エラー] インストール時に終了していません。終了しています.

「概要」セクションで記載されているテーブルを使用する問題のある拡張機能サポートを要求します。
VM エージェントの Azure 拡張 IaaS WAD の仮想マシン VMAccess BGinfo トレンド マイクロのシマンテック社のシェフ「パペット」

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2965986 - 最終更新日: 09/04/2015 16:25:00 - リビジョン: 5.0

Microsoft Azure Virtual Machine running Windows

  • kbhowto kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB2965986 KbMtja
フィードバック