現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

O365 メールボックスの資格情報の EnableRememberPwd を 0 に設定が表示されます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2966505
現象
Office 365 のメールボックス ストアまたはオンライン ・ アーカイブに接続するときは、[適用先] セクションで記載されているバージョンの Microsoft Outlook を使用して、可能性があります、資格情報を要求するまで、credeintals に注意してください 資格情報のプロンプト ダイアログ ボックスにします。
原因
この現象は、 EnableRememberPwdのレジストリ値が 0 の値のデータを configuredusing である場合に発生することができます。このような構成では、資格情報のプロンプト ダイアログ ボックスに資格情報を記憶] チェック ボックスが非表示にするため、コンピューターのレジストリにローカルにパスワードをキャッシュする機能の非表示になります。
解決方法
重要: 以下の手順は慎重に実行してください。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。


この問題を解決するには、以下の手順に従ってEnableRememberPwdレジストリの entryby を削除します。

  1. Outlook を終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。これを行うには、Windows のバージョンに応じて、次のいずれかを使用します。
    • 10 の Windows、Windows 8.1 および Windows 8:実行] ダイアログ ボックスを開くには、Windows キー + R キーを押します。タイプ regedit.exe[ok]をクリックしてください。
    • Windows 7:開始] をクリックしての種類 regedit.exe [検索] ボックスで、キーを押します 入力してください。.

  3. レジストリ エディターを見つけて、レジストリで次のサブキーのいずれかをクリックします。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Security\
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\x.0\Outlook\Security\

    注: <b>X.0のプレース ホルダーは、Outlook のバージョンを表します (16.0 = Outlook 2016、15.0 = Outlook 2013 年 14.0 12.0 Outlook 2010 を = = Outlook 2007)

  4. 検索し、次の値を選択します。

    EnableRememberPwd

  5. を編集 ] メニューの [削除] をクリックします。
  6. クリックしてはい の削除を確認します。
  7. レジストリ エディタを終了します。


詳細
注: EnableRememberPwd値はポリシー ハイブの下に配置されている場合に作成されたグループ ポリシーを使用しています。管理者は、この設定を変更するポリシーを変更する必要があります。このポリシー設定の名前はのインターネット電子メール アカウントの「パスワードを保存する」を無効にしてにある underUser の構成 \ 管理用テンプレートと Microsoft Outlook では<version>/Security</version> 。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2966505 - 最終更新日: 01/15/2016 22:23:00 - リビジョン: 1.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007

  • kbmt KB2966505 KbMtja
フィードバック