現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Visual Studio の 2015 CTP の固定バグと既知の問題

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2967191
この資料は、Microsoft Visual Studio 2015年コミュニティ テクノロジ プレビュー (Ctp) を修正されたバグと既知の問題を示します。
Visual Studio の 2015 CTP について
Visual Studio 2015 CTP は、Visual Studio の次期メジャー リリースのプレリリース バージョンです。CTP は、新たに改良された製品の機能をテストする機会だけでなく、製品チームにフィードバックを共有することで早期導入を提供します。このリリースの使用や運用コンピューターに運用コードを作成するものではありません。

この CTP の目標は、お客様からのフィードバックを収集します。バグの報告を使用してください。 接続.アイデアや提案を共有することもできます。 UserVoice。 使用して、クイックの考えを共有できます。 送信-の-笑顔 Visual Studio IDE します。

最新の Visual Studio 2015 CTP をダウンロードします。
  • Microsoft Visual Studio 究極 2015 CTP (exe, iso)
  • Visual Studio の 2015 CTP (のためのリモート ツールx86, x64, アーム)
  • Microsoft Visual Studio 2015 SDK の CTP (exe)
  • Visual Studio の 2015 CTP (マルチバイト MFC ライブラリexe)


注:
  • Ctp は英語のみです。
  • Ctp はサポートされていませんし、テスト、試験、およびフィードバックのみ使用するものです。
  • Ctp は、最終的な検証の対象外です。生産のワークステーションまたはサーバーで実行するか、生産コードの作成に使用することはありません。運用サーバーで、CTP をインストールした場合、サーバーがサポートされていない状態が。
  • これらの Ctp は Visual Studio の以前のバージョンと並行してインストールするには、すべての CTP の完全な互換性は保証されません。

Visual Studio の 2015 CTP 5 (バージョン 14.0.22512.0.DP) の詳細

Visual Studio の 2015 CTP 5 の新機能についてを参照してください、 Visual Studio の 2015 CTP 5 リリース ノート.

修正されたバグ

Git
  • Git リポジトリには、不正なファイルが導入されました。
    現象
    リモート リポジトリに変更をダウンロードするときに、構成ファイル、特別に細工されたファイルに置き換えられます。構成ファイルは、リポジトリの外部に存在します。このファイルを不正なファイルに置き換えることでユーザーの資格情報で実行される任意のコマンドを実行するのには Git コマンドが再割り当てされることができます。この状況では、Git リポジトリに不正なファイルが導入されました。

    注:
    • この問題は影響しません 2013 の Visual Studio および Visual Studio Team Foundation Server (TFS) 2013年を直接 Visual Studio と TFS 実行しない任意のコマンド、.git メタデータからため。ただし、特別に細工されたファイルを格納するリポジトリのチェック_アウト .git メタデータの Visual Studio の上書きのパーツことができます。これは、問題を Windows の Git のコマンド ライン ツールを公開できます。
    • 問題は、コアの Git のメンテナによって検出されたすべての Git クライアントに影響します。
    原因
    各ローカルの Git データベースは隠し .git ディレクトリにリポジトリのルート フォルダー ディスク上に保持されます。ファイルがチェック アウト時に (たとえば、レイアウト、ローカル ディスクにダウンロード後に)、「.git config"という名前のファイルが、Git データベースに配置されます。「.Git」小文字を区別しない比較では、この問題を部分的に担当します。さらに、Windows プラットフォーム上でのファイルのパスの自動処理が拡張され、影響を受けるファイルのパターンなパターンは、明示的に名前付き「.git 構成"よりもはるかに
    この修正プログラムのしくみ
    TFS では、修正プログラム".git という"文字列に一致するファイルまたはパスのコンポーネントが含まれているどのプッシュ (アップロード) を拒否します。これにより、不正なファイルのホストのリポジトリに導入されました。

    Visual Studio クライアントの修正プログラム防ぎますファイル .git ディレクトリにチェック アウトされています。また、リポジトリからローカル コンピューターに影響を与える不正なファイルが含まれている、ようにします。

既知の問題

一般的な問題
  • リソースのみの英語に戻ります 2015年プレビューの Visual Studio のローカライズされたバージョンから Visual Studio の 2015 CTP へのアップグレード

    2015年プレビューの Visual Studio が 10 か国語にローカライズされて完全に解放されます。英語、簡体字、繁体字中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ロシア語、およびスペイン語が含まれます。さらに、Visual Studio の 2015年プレビューの言語パックは 14 の言語で解放されます。英語、簡体字、繁体字中国語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、韓国語、ロシア語、スペイン語、ブラジル系ポルトガル語、チェコ語、ポーランド語、トルコ語が含まれます。

    Visual Studio の 2015 CTP は英語のみのリリースされます。Visual Studio 2015年の CTP 2015年プレビューの Visual Studio のローカライズされた英語以外のバージョンからアップグレードするとすべてのリソースおよびユーザー インターフェイスは英語に戻ります。

    したがって、インストールすると、新しい Visual Studio 2015年究極 CTP5 は、古い Visual Studio 2015年最終的なプレビューのすべてのローカライズされた言語) が削除されます。のみ Visual Studio 2015年究極 CTP5 英語から古い 2015年プレビューの Visual Studio のすべてのリソースが削除されます。

    たとえば、次のシナリオを考えます。
    • 簡体字の Visual Studio 2015年究極のプレビュー簡体字 (FLP) または Visual Studio の 2015年究極のプレビュー英語と 2015年の Visual Studio 言語パックをインストールします。
    • Visual Studio 2015年究極の CTP5 英語 (FLP) をインストールします。
    このシナリオでは Visual Studio 2015年究極 CTP5 レベル、英語でのすべてのリソースが

    Visual Studio 2015年究極 CTP5 を最初にインストールして、Visual Studio 2015年最終的なプレビュー上にインストールできません。新しいビルドの上に古いビルドをインストールしようとすると、インストールがブロックされます。
  • Visual Studio の場所が保存するディレクトリ パスにスペースが含まれています。 インストールされている場合、製品をインストールした後に期限切れにするは、Visual Studio のライセンスが表示されます。
    この問題を解決するには、Visual Studio をアンインストールして、スペースがない場所のパスを使用して再インストールします。

診断ツール
  • 場合によって、診断ツール] ウィンドウの表示位置が正しくありません。
    • グラフィックス診断を (Alt + f5 キーを押して)、診断ツール ウィンドウの side-by-side とグラフィックス診断 .diagsession ドキュメント ウィンドウに表示されています。
    • 診断ツール ウィンドウを別のタブ グループに移動またはドキュメントにそれをポップした後それがリセットされますの既定の場所に、次回のデバッグを開始します。
    • デバッグを開始するときに、エディターでの作業中の文書の背後にある、診断ツール] ウィンドウが表示されます。
  • Windows Azure には、リモート デバッグは現在サポートされていません。

互換性に影響する変更

タイムライン ツール
  • アプリケーションの応答性の新しいツールのヘルプが原因で、レイアウト、レンダリング、ディスクなどの多くの要因がアプリケーションの応答性の問題のトラブルシューティングを行うと 0、あり。アプリケーションの応答性が問題の原因、結果として得られるソースを実際に実行可能ファイルの情報をドロップすることができます。

関連情報

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法

その他の Visual Studio ファミリの製品ではのアップデートは、 Visual Studio の Microsoft のダウンロード サイト.

要件

ソフトウェア要件

8.1 の Windows および Windows Server 2012 の R2 2919355 を更新します。 (また Windows Update を通じて利用可能な) Visual Studio 2015 14.0.22512.0 DP を正常にインストールする必要があります。

再起動の必要性

このパッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

サポートされているアーキテクチャ

  • 32 ビット (x 86)
  • 64 ビット (x 64) (WOW)
  • ARM

ハードウェア要件

  • 1.6 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサ
  • 1 gb の RAM (仮想マシンで実行している場合は 1.5 GB)
  • 2 GB の空きハード・ディスク領域
  • 5,400 RPM のハード ディスク ドライブ
  • 1024 × 768 以上の解像度で実行されている DirectX 9 対応ビデオ カード

Visual Studio の 2015年のプレビューの詳細

2015年プレビューの Visual Studio の新機能についてを参照して、 Visual Studio の 2015年のプレビュー ・ リリース ・ ノート.修正されたバグと既知の問題の一覧を参照してください、 Visual Studio 2015年プレビュー記事.

Visual Studio の「14」CTP 4 (バージョン 14.0.22129.1.DP) の詳細

技術的な改善

このリリースでは、次のテクノロジの改善を行った。

ASP.NET および web 開発
  • ASP.NET vNext ツーリング機能
    • Visual Studio のデザイン時ホスト ASP.NET vNext プロジェクトの Visual Studio ビルドのシナリオを高速化を使用します。デザイン時ホストはいつでも、変更が発生したメモリ内のプロジェクトを作成します。したがって、Visual Studio のビルドは、デザイン時のホストが既に何を返します単に。
    • Visual Studio の NuGet パッケージ マネージャーとコンソールになりました ASP.NET vNext プロジェクト。
    • ASP.NET vNext プロジェクト テンプレートは、最近のプロジェクトのレイアウトをサポートしています。下にあるプロジェクト フォルダーを作成します。> \src。ASP.NET vNext web プロジェクト テンプレートも project.json のwebrootの要素によって決定される、wwwroot フォルダーの下で静的コンテンツを配置します。
    • ASP.NET vNext Web アプリケーション テンプレートを使用してデフォルト ターゲット フレームワーク"aspnet50"と"aspnetcore50"として、"net451"と"k10"ではなく。Startup.cs IBuilderのパラメーターは、実行時の変更のためのIApplicationBuilderに変更されます。
    • ASP.NET vNext プロジェクト テンプレートはプロジェクトへのプロジェクト参照のサポートの向上のために、ソリューション ファイルと同じレベルで gloal.json ファイルを配置します。
    • Visual Studio では、ASP.NET vNext が単体テストのデバッグをサポートしています。
    • ASP.NET vNext プロジェクト参照ノード今 project.json ファイルの依存関係の変更をすぐに反映します。
  • ASP.NET vNext 実行時更新
    • Visual Studio の「14」CTP 4 には alpha4 用のランタイム パッケージが含まれています ASP.NET vNext.特定の拡張機能が追加されたと、公開されたで修正される問題のすべての詳細を表示できます。 リリース ノート GitHub の。
CLR
  • .NET Framework には、この更新には、従来の 64 ビット JIT コンパイラで大幅なパフォーマンス向上を提供する 64 ビット JIT コンパイラの新しいバージョンが含まれます。新しいコンパイラへの移行をできるだけ透明に注意したが、動作の変更が可能です。アクションのため潜在的な問題が発生した場合、JIT コンパイラについてすることができますが、既知の問題」のセクションに追加情報を参照してください。

    問題が発生することが原因で、新しい JIT コンパイラを使用して直接聞きたいのです。問題のあるバイナリに接続されていると、問題を説明する電子メール メッセージを送信してください。 RyuJIT の意見.
デバッガー
  • 新しいブレークポイント設定プレビュー ウィンドウを使用してデバッグ複雑な問題を時間を保存します。ウィンドウにブレークポイントの条件とアクションの IntelliSense サポート向上にはが含まれます。
  • デッドロックの心配は少ないとウォッチし、イミディ エイト ウィンドウで、C++ の関数を呼び出します。デバッガーが呼び出された関数がデッドロックになっていることを検出した場合は、問題の解決を試みます。
  • C++ アプリケーションのデバッグ時に高速で起動します。
XAML の経験
  • ピークの定義は、XAML エディターをサポートしています。ピークの定義コマンドを使用するを表示せず、コンテキスト、または現在編集しているドキュメントを切り替えるには、コードを編集します。これは、XAML のすべてのプラットフォームで利用可能です。

既知の問題

一般的な問題
  • XSLT デバッガーは、Visual Studio の「14」CTP 4 でがクラッシュします。
  • Visual Studio の Visual Studio が 10 テクニカル プレビューの Windows にインストールされている場合は、Windows アプリ認定キットを実行できません。
    現象
    Microsoft Visual Studio には、Windows アプリ認定キットのバージョン 3 を実行できません。x 10 テクニカル プレビューの Windows を実行しているコンピューター上でプログラムがインストールされている場合。この問題は、Microsoft Visual Studio の「、14」Microsoft Visual Studio 2013、および Microsoft Visual Studio 2012 に影響します。

    この状況では、Windows アプリ認定キットのインストールされているバージョンがこのバージョンの Windows でサポートされていないことを示すエラー メッセージが表示されます。
    回避策
    この問題を回避するには、Windows アプリ認定キット 8.1 の Windows を実行して 8.1 の Windows や Windows 8 の Windows Phone の 8.1 アプリケーションを検証します。これを行う Windows 8.1「、14」2013 年 Visual Studio または Visual Studio 2012 の Visual Studio を実行して、または Windows の 8.1 を実行しているリモート コンピューターを使用しています。
ASP.NET および web 開発
  • VNext ASP.NET プロジェクトを作成すると、ソリューション フォルダーの下に空のプロジェクトのフォルダーが作成されます。実際のプロジェクトのフォルダーが作成されるため、このフォルダーを削除するか、> \src サブフォルダー。
  • ASP.NET vNext プロジェクトで、ソリューションの「src」フォルダーを右クリックすると、新しいプロジェクトを追加するときに、新しいプロジェクトの追加] ダイアログ ボックスでソリューション フォルダーの「src」フォルダーの場所されます。
  • Windows 8 RTM では vNext ASP.NET プロジェクトでf5 キーを押す動作はコア CLR のフレームワークの動作しません。ただし、Ctrl キーを押しながら F5 キーが正常に動作します。コア CLR のフレームワーク Windows 8.1 のf5 キーを押す操作は正しく動作します。
CLR
重要: 以下に記載されている手順を慎重に実行してください。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元するために、レジストリをバックアップします。

新しい JIT コンパイラを使用すると、次の現象が発生する可能性があります。
  • アプリケーションはInvalidProgramExceptionエラーをスローします。
  • X86 ベースのコンピューターでは、x64 ベースのコンピューターではなく、アプリケーションは動作します。
回避策
この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

注: <b>これらのすべてのメソッドの場合、従来の JIT ですべての動的なコンパイルが実行されます。また、NGEN コンパイルのすべての継続、新しい JIT を使用して、新しい JIT でコンパイルされた既存の NGEN イメージがすべてが引き続き使用されます。
  • 方法 1

    次の環境変数を設定します。

    COMPLUS_useLegacyJit = 1
  • 方法 2

    レジストリで次のサブキーのいずれかを作成します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework
    次に、以下を指定します。

    キー名: useLegacyJit
    種類: REG_WORD
    : 1
  • 方法 3

    次のテキストを追加します <app></app>。.exe.config ファイル。既に存在しない場合、指定されたセクションを作成します。

    注: <b>このファイルの名前 <app></app> アプリケーションの実際の名前を表します。
    <configuration>  <runtime>   <useLegacyJit enabled="1">  </runtime></configuration>
新しい JIT を使用すると、バグが発生した場合、バグとして現れる、NGEN イメージは JIT で再コンパイルすると、既存のネイティブ イメージを使用しない特定の名前付きアセンブリを強制的に、次の方法のいずれかを使用します。
  • 方法 1

    次の環境変数を設定します。

    COMPLUS_DisableNativeImageLoadList assembly_one; assembly_two; assembly_three =
  • 方法 2

    レジストリで次のサブキーのいずれかを作成します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework
    HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\.NETFramework
    次に、以下を指定します。

    キー名: DisableNativeImageLoadList
    タイプ
    : REG_SZ
    : assembly_one; assembly_two; assembly_three

    注: <b>これは、(公開キー トークンを設定せず、ないアーキテクチャでは、)、アセンブリの簡易名のセミコロンで区切られた、またはスペースで区切られたリストです。このリストでは、".dll"ファイル名の拡張子は含まれません。このメソッドで、次の方法の例で"assembly_one"が簡易名のアセンブリの名前は"assembly_one.dll"にします。
  • 方法 3

    次のテキストを追加、<app></app>です。.exe.config ファイル。既に存在しない場合、指定されたセクションを作成します。

    注: <b>このファイルの名前の<app></app>、アプリケーションの実際の名前を表します。

    <configuration>  <runtime>   <disableNativeImageLoad>    <assemblyIdentity name="assembly_one" />    <assemblyIdentity name="assembly_two" />  </disableNativeImageLoad>  </runtime></configuration>
ブレンド
  • ブレンドを開始するには、障害が発生し、返します、"ありがとうございました、製品を評価します。試用期間が切れました。製品の使用を継続する場合は、有効なプロダクト キーを入力してください」のエラー メッセージ。これは、次の CTP で修正されます。

関連情報

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法

その他の Visual Studio ファミリの製品ではのアップデートは、 Visual Studio の Microsoft のダウンロード サイト.

要件

ソフトウェア要件

8.1 の Windows および Windows Server 2012 の R2 2919355 を更新します。 (また Windows Update を通じて利用可能な)、Visual Studio の「14」Ctp が正常にインストールする必要があります。

再起動の必要性

このパッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

サポートされているアーキテクチャ

  • 32 ビット (x 86)
  • 64 ビット (x 64) (WOW)
  • ARM

ハードウェア要件

  • 1.6 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサ
  • 1 gb の RAM (仮想マシンで実行している場合は 1.5 GB)
  • 2 GB の空きハード・ディスク領域
  • 5,400 RPM のハード ディスク ドライブ
  • 1024 × 768 以上の解像度で実行されている DirectX 9 対応ビデオ カード

Visual Studio の「14」CTP 3 (バージョン 14.0.22013.1.DP) の詳細

技術的な改善

このリリースでは、次のテクノロジの改善を行った。

ASP.NET および web 開発
  • ASP.NET vNext ツーリング機能
    • Visual Studio プロジェクトに含まれるファイルの追跡には、「.kproj」プロジェクト ファイルでファイル名を保存しません。 しますプロジェクト ディレクトリ内のファイルは、プロジェクトに自動的に追加されます、プロジェクト ディレクトリから削除されるときに、ファイルはプロジェクトから自動的に削除します。
    • 単体テストの統合が追加され、以降のリリースでは、動作が改善されます。
    • ビルド構成のサポートが追加されます。
  • ASP.NET vNext 実行時更新
    • Visual Studio の「14」CTP の 3 には alpha3 用のランタイム パッケージが含まれています ASP.NET vNext.公開されているすべての詳細、特定の拡張機能を追加し、発行固定することができます。 リリース ノート GitHub の。
  • Visual Studio の 2013年更新 3 から ASP.NET の更新プログラム
    • Microsoft ASP.NET Web ツールと Visual Studio で「14」CTP 3
      • スキャフォールディング: (MVC、Web API) 5.2 の ASP.NET のテクノロジのサポート
      • JSON のエディター: 自動書式設定、かっこの一致
      • CSS エディター: セレクターのレベル 4、フォント、画像、およびその他の .css ファイルのドラッグ アンド ドロップ
      • マイクロソフト Azure WebJobs 発行のサポート。ここで、プロジェクトを作成できます標準コンソール アプリケーション Azure 連続、トリガー、またはスケジュールされた WebJobs の web サイトに公開できる Visual Studio のソリューションにします。詳細については、 Azure の web サイトに、Azure の WebJobs を展開する方法.
      • テンプレートの 1 つの ASP.NET MVC で Web フォームのサポートの 2 要素の認証のサポートを追加します。
      • Microsoft アカウント (MSA、Live ID と呼ばれていました) を使用してサインインするときに、Azure の Active Directory を使用して ASP.NET プロジェクトの作成を有効にします。詳細については、次のように移動します。 ここでは.
    • ASP.NET MVC 5.2
    • ASP.NET Web API 2.2
    • ASP.NET Web ページの 3.2
    • ASP.NET の Id
      • SignInManagerのサポートを追加します。SignInManager簡単にログオンするときに、2 要素認証、アカウント ロックアウト、およびその他のセキュリティ機能を追加します。この機能の詳細についてを参照して このブログの投稿.
    • Microsoft ASP.NET および Web ツール 2013.3
      • ASP.NET Facebook の MVC テンプレートを削除します。Visual Studio ギャラリーには、Visual Studio 拡張機能としてテンプレート ASP.NET Facebook に出荷するようになりました。このテンプレートをダウンロードすることができます。 ここでは.
    • Entity Framework 6.1.1
      • マイクロソフトは EF 6.1.1 でこの更新プログラムをリリースしました。詳細については、これを参照します。 ブログの投稿.
    • WebDeploy 3.5 更新
      • マイクロソフトは 2014 の SQL Server との統合を有効にするには Visual Studio の更新プログラム 3 では、Web 配置 3.5 更新をリリースしました。ダウンロードすることもできます。 ここでは.
    • IIS Express 8.0 2014年 6 月の修正プログラム
      • マイクロソフトの公開、IIS Express 8.0 2014年 6 月 Visual Studio の更新プログラム 3 での修正プログラムです。この修正プログラムでは、IIS Express 8.0 サイトを作成して、サイトのフォルダー内に特定の文字の組み合わせを使用する場合に発生する問題です。これにより、インターネット インフォメーション サービス (IIS) 8.0 の Express を起動できません。この修正プログラムをダウンロードすることもできます。 ここでは.
デバッガー
  • 表示される時間の長さのコードはコードの実行がしきい値を超えたときに、エディター内で直接実行します。
Visual C++
  • 文字列リテラルをはるかに読みやすく、生の文字列形式にエスケープ シーケンスがあふれているリファクタリングするようになりました。サポートされているシーケンスは、\n (改行)、\t (タブ)、\\ (バック スラッシュ) を \' (単一引用符)、\」(二重引用符) と \?(疑問符)。この機能を使用するいずれかを右クリックして (広いまたは狭い)、リテラル文字列とリファクタリングを->変換する Raw 文字列リテラルに、操作の実行を選択します。
  • 私たちの作成の宣言または定義を簡単これらの通知を表示するために電球を使用してスマート タグを交換してください。
  • シンボルの名前を変更、拡張を (Visual Studio ギャラリーに Visual C++ のリファクタリング」)、Visual Studio の 2013年の Visual Studio に統合し、時間がかかりすぎる場合は、操作をキャンセルするなどの機能を追加しました。
  • スレッド ローカル ストレージを実装しました。Thread_localキーワードを使用してオブジェクトを保存することしない独立してスレッドごとに宣言します。
  • Visual Studio は、今すぐテンプレートおよびパラメーターのヘルプおよびクイック読み取りやすくするために typedef を簡素化しようとします。
Visual Studio IDE
  • Visual Studio の「14」CTP 2 で簡単にカスタム レイアウトを保存するために、カスタム レイアウトと呼ばれる新しい機能を導入しました。CTP の 3 これらのユーザー設定のレイアウトを移動します。作成する任意のカスタム レイアウト CTP の 3 が同じアカウントを使用して、IDE に署名するときにインストールされているコンピューター間で同期されます。
  • ファイルメニューの新しいプロジェクトの-> から空 C#、Visual Basic、または JavaScript 共有のプロジェクトを作成できます。Windows ストアまたは C#、Visual Basic の場合、または、JavaScript で記述された Windows Phone プロジェクトとクラシック デスクトップ プロジェクト (コンソール アプリケーション、クラス ライブラリ、Windows フォーム アプリケーション、ポータブル クラス ライブラリ、WPF) C# または Visual Basic で記述されている 1 つまたはこれらの共有プロジェクトの多くを消費します。共有プロジェクト参照の追加 (削除) は、参照マネージャーを使用して管理できます。複数のプロジェクトの種類や Visual Studio の「14」Ctp の今後の言語のサポートを共有プロジェクトを展開するいきます。
  • DPI スケールを 100% より大きい値は実行時に Visual Studio のコマンド バー、ツール ウィンドウ ツールバーの (標準)、およびメイン メニューで高解像度アイコンをサポートします。

既知の問題

Visual C++
  • 新しいの Visual C++ クイックを同じタイプの複数の typedef が含まれている場合、テンプレートを簡素化することがあります。この問題は、以降のリリースで解決されます。


Visual Studio IDE
  • 起動または Visual Studio の「14」CTP 3 にサインインすると、windows のログインした後は、.NET Framework 3.5 をインストールするように求めあります。これは、.NET Framework 4.5 の安全とマークされている必要がありますアセンブリによってトリガーされる競合状態です。

    この問題を解決するには、次の方法のいずれかをご使用ください。
    • .NET Framework 3.5 をインストールします。
    • 「C:\Program Files (x 86) \Common Files\Microsoft Shared\VsHub\1.0.0.0\」の下の次の構成ファイルでtrueスタートアップ要素にuseLegacyV2RuntimeActivationPolicyを設定します。
      • Microsoft.VsHub.Server.HttpHost.exe.config
      • Microsoft.VsHub.Server.ServiceModuleHost.exe.config
      • VsHub.exe.config
    注:Azure の仮想マシンに対する Visual Studio の「14」CTP の 3 が適用される 2 番目のオプションは、既に。
アプリケーションを保存します。
  • プッシュ通知ウィザードがいくつかのエラーのため正しく完了します。この問題は、以降のリリースで解決されます。
Azure の .NET のモバイル サービス
  • Visual Studio の「14」CTP 3、Azure .NET モバイル サービスはサポートされていません。
LightSwitch
  • Visual Studio の「14」CTP 3 を適用した後に、LightSwitch プロジェクトを発行できません。アプリケーションを発行する必要がある場合は、以前の CTP では、保持することをお勧めします。
  • LightSwitch プロジェクトを以前のバージョンからアップグレードできます。ただし、プロジェクトの種類によって、次の問題が発生します。
    • アップグレードされたクラウド ・ ビジネス ・ アプリケーション (同行) または HTML ベースのプロジェクトのビルドが失敗するは、2.5.1 を見つけられないため、クライアントのランタイムのバージョン。

      この問題を解決するには、以下の手順を実行します。
      1. 管理の NuGet パッケージLightSwitch の HTML クライアントを右クリックし、します。
      2. [インストール パッケージ] ノードを選択し、["Microsoft.LightSwitch.Client.JavaScript.Runtime"パッケージをアンインストールします。すべての依存関係をアンインストールしないでください。
      3. [オンライン] ノードで検索し、バージョン 2.5.1.0 の"Microsoft.LightSwitch.Client.JavaScript.Runtime"パッケージをインストールします。
    • 実行時またはデバッグ時に、正しくロードするのには、LightSwitch 2011 のアップグレードまたは Visual Studio 2012 のデスクトップ ベースのプロジェクトが失敗します。

      LightSwitch 2011 のアップグレードまたは Visual Studio 2012 のデスクトップ ベースのプロジェクトは、この CTP でお勧めできません。
    • 実行時またはデバッグ時に正常にロードするには、Visual Studio 2012 更新プログラム 2 の HTML ベースのプロジェクトをアップグレードが失敗します。

      この CTP では、Visual Studio 2012 更新プログラム 2 の HTML ベースのプロジェクトをアップグレードすることはしないでください。
エンティティのフレームワーク
  • エンティティ フレームワーク ツールを使用すると、次のエラー メッセージが表示されます。
    メソッドが見つかりません: ' Void Microsoft.VisualStudio.PlatformUI.DpiHelper.LogicalToDeviceUnits(System.Windows.Forms.ImageList ByRef, Microsoft.VisualStudio.PlatformUI.ImageScalingModel) '。
    6.1.1 のエンティティ フレームワークのツールの更新されたバージョンの Visual Studio の「14」CTP 3 インストールをこの問題を回避するには ここでは.

関連情報

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法

その他の Visual Studio ファミリの製品ではのアップデートは、 Visual Studio の Microsoft のダウンロード サイト.

要件

ソフトウェア要件

8.1 の Windows および Windows Server 2012 の R2 2919355 を更新します。 (また Windows Update を通じて利用可能な)、Visual Studio の「14」Ctp が正常にインストールする必要があります。

再起動の必要性

このパッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

サポートされているアーキテクチャ

  • 32 ビット (x 86)
  • 64 ビット (x 64) (WOW)
  • ARM

ハードウェア要件

  • 1.6 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサ
  • 1 gb の RAM (仮想マシンで実行している場合は 1.5 GB)
  • 2 GB の空きハード・ディスク領域
  • 5,400 RPM のハード ディスク ドライブ
  • 1024 × 768 以上の解像度で実行されている DirectX 9 対応ビデオ カード

Visual Studio の「14」CTP 2 (バージョン 14.0.21901.1.DP) の詳細

技術的な改善

このリリースでは、次のテクノロジの改善を行った。

ASP.NET および web 開発
  • ASP.NET vNext: Visual Studio の今回のリリースのサポートを作成して、ASP.NET vNext アプリケーションを開発します。ASP.NET vNext はオンプレミスとクラウドの両方のサーバーの最新の web アプリケーションを構築するため、リーンと構成可能な .NET スタックです。次の機能が含まれます。
    • ASP.NET MVC と Web API を 1 つのプログラミング モデルに統合されました。
    • コンパイルなしの開発者の経験では。
    • クラウドへの移行をシームレスに環境ベースの構成されます。
    • 依存関係インジェクションの-標準。
    • 新しいクラウドに最適化されたランタイムは、真のサイド バイ サイドのバージョン管理をサポートします。
    • NuGet すべてランタイム自体。
    • IIS では、実行または、独自のプロセス内に自己ホスト型です。
    • 開いているすべてのソースから、 .NET の基礎、貢献し。
    Visual Studio での ASP.NET vNext に関する詳細についてを参照して、 ASP.NET vNext Web サイトにアクセスすることができます。
  • Visual Studio の今回のリリースにはすべて、現在 ASP.NET および web 開発機能 2013年更新 2 の Visual Studio の一部としてリリースされているも含まれています。詳細情報 ここでは.
Visual C++
  • ファイル内の検索をする前に追加の結果 (「追加モード」) にそれ以降の結果を有効にすることが更新されました。結果はこれでまた編集または削除します。
  • 純粋な仮想メソッドの実装定義を継承するクラスをすばやく作成するには、ユーザーが構築を含むの純粋な仮想メソッド (抽象クラス、構造体) など。両方の複数および再帰的継承はサポートされています。クラス定義を右クリックすることによって、機能のアクティブ化 (すべての純粋仮想メソッドを実装する) か、継承した基本構造 (実装純粋仮想メソッドだけ基礎で)。二重スラッシュ コメント (/または) 個別ベースからで実装される関数のグループを区切るために使用されます。
  • 関数の定義を移動するソースまたはヘッダー/クラス定義に関数の定義の本体を移動することができます。それ関数の署名を右クリックしてコンテキスト メニューをアクティブにする必要があります。
  • 定義宣言を作成するが、ピークの定義とその他のバグ修正を追加して更新されました。
Visual Studio IDE
  • メニュー バーは、すべてのキャップのスタイルではなくタイトル ケース スタイルで表示されます。
  • Visual Studio エディターでのタッチのサポート利用可能になります。タッチ スクロール、ピンチへの拡大、コンテキスト メニュー、単語の選択、および行の選択範囲をダブルタップしてタップ アンド ホールドの余白にタップしてが含まれます。
  • VC プロパティ ページ ダイアログの構成とプラットフォームのドロップダウン リスト値、最後のユーザーの選択を閉じ、再度開くときに注意してくださいに変更されました。
  • ユーザーは、 [ウィンドウ] メニューから[ウィンドウ レイアウトの保存] をクリックしてユーザー設定のレイアウトを保存できます。ユーザー、[ウィンドウ] メニューの [からウィンドウ レイアウトの適用] をクリックしてユーザー設定のレイアウトを適用でき、ユーザーを削除、名前の変更、または[ウィンドウ] メニューから[ウィンドウ レイアウトの管理] をクリックしてレイアウトの順序を変更します。最初の 9 つのレイアウトはキーボード ショート カット Ctrl + Alt + 1 から Ctrl + Alt + 9 もあります。
  • 、この CTP で役に立つ取得する迅速かつ簡単な方法は、Visual Studio エディターの内部コードの既知の問題の修正には電球を丸め処理されます。コードに問題がある場合、エディターのカレット行に配置する、問題が示すように、または自動選択問題で電球を示す便利なアクションと各アクションの結果をプレビューするには、問題を解決することができますが表示されます。

    この機能は、Visual Studio のエクステンダーが推奨される操作を提供できるように、パブリックに拡張します。
  • この CTP を適用すると、作成できます、空の C#、JavaScriptファイルからプロジェクトを共有する > [新しいプロジェクト] メニューの。電話ストア プロジェクト、および JavaScript や C# で記述されているプロジェクトはユニバーサルのいずれか、または共有プロジェクトの多くを消費します。プロジェクトの参照を管理することができます (追加または削除) は、参照マネージャーを使用して共有されます。共有プロジェクトを参照するもいくつか従来のデスクトップ C# プロジェクトで使用できます。プロジェクトの種類とプロジェクトの共有をサポートする言語は、Ctp を将来の展開を続けます。
  • この CTP で Visual Studio は今すぐエラー一覧で高解像度アイコンをサポートします。

既知の問題

インストール

クライアント プラットフォーム
  • CTP 2 Visual Studio「14」をアンインストールしてから Visual Studio 2013年セッションログを削除します。
アップグレード
  • Visual Studio「14」CTP 2 をインストールするときに、既知の問題のため (バージョン 14.0.21901.1.DP) を Visual Studio の「14」CTP 1 を持つ同じコンピューターに (バージョン 14.0.21730.1.DP) インストールすると、Windows ストアのプロジェクトが失敗するを起動します。

    この問題を解決するには、Visual Studio の「14」CTP 2 のインストールを修復します (バージョン 14.0.21901.1.DP)、アップグレード後にします。この問題を回避する最も安全な方法は Visual Studio「14」CTP 1 をアンインストールする (バージョン 14.0.21730.1.DP) 新しい CTP バージョンをインストールする前にします。このビルドへのアップグレードの問題は、Visual Studio の「14」CTP 2 から今後のアップグレードで修正されて (バージョン 14.0.21901.1.DP)。
Visual C++
  • (X 86) Win32 を対象としたときに、ネイティブの「メモリ使用率」ツールは動作しません。X64 を対象とするには、正常に動作します。

関連情報

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法

その他の Visual Studio ファミリの製品ではのアップデートは、 Visual Studio の Microsoft のダウンロード サイト.

要件

ソフトウェア要件

8.1 の Windows および Windows Server 2012 の R2 2919355 を更新します。 (また Windows Update を通じて利用可能な) が Visual Studio に必要な「14」14.0.21901.1 の DP を正常にインストールします。

再起動の必要性

このパッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

サポートされているアーキテクチャ

  • 32 ビット (x 86)
  • 64 ビット (x 64) (WOW)
  • ARM

ハードウェア要件

  • 1.6 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサ
  • 1 gb の RAM (仮想マシンで実行している場合は 1.5 GB)
  • 2 GB の空きハード・ディスク領域
  • 5,400 RPM のハード ディスク ドライブ
  • 1024 × 768 以上の解像度で実行されている DirectX 9 対応ビデオ カード

Visual Studio の「14」CTP 1 (バージョン 14.0.21730.1.DP) の詳細

技術的な改善

このリリースでは、次のテクノロジの改善を行った。

ASP.NET および web 開発
  • ASP.NET vNext: Visual Studio の今回のリリースのサポートを作成して、ASP.NET vNext アプリケーションを開発します。ASP.NET vNext はオンプレミスとクラウドの両方のサーバーの最新の web アプリケーションを構築するため、リーンと構成可能な .NET スタックです。次の機能が含まれます。
    • ASP.NET MVC と Web API を 1 つのプログラミング モデルに統合されました。
    • コンパイルなしの開発者の経験では。
    • 依存関係インジェクションの-標準。
    • サイド バイ サイド: は、アプリケーションを使用して、ランタイムおよびフレームワークを展開します。
    • NuGet すべてランタイム自体。
    • すべてのオープン ソースは、.NET をベースに貢献は.
    Visual Studio での ASP.NET vNext に関する詳細についてを参照して、 ASP.NET vNext Web サイトにアクセスすることができます。
  • Visual Studio の今回のリリースにはすべて、現在 ASP.NET および web 開発機能 2013年更新 2 の Visual Studio の一部としてリリースされているも含まれています。詳細情報 ここでは.
マネージ言語
  • IDE のコアと経験を C# と Visual Basic の編集は「Roslyn。「.NET コンパイラ プラットフォームに組み込まれている新しいエクスペリエンスに置き換えられました一般に、経験が変更されません。ただし、多くの小さな改良があります。
  • C# のリファクタリングのサポートが完全に一新され。2 つの新しい主要なリファクタリングがある: インライン一時変数と説明変数を紹介します。さらに、Visual Basic に対するリファクタリングのサポートは、最初に追加されました。
  • NuGet パッケージを入力すると、実際のコードの分析と自動修正を取得する対象にしているが、マイクロソフトのプラットフォームのコードに対応した具体的なガイダンスを使用できます。
Visual C++
  • Generalized ラムダ キャプチャ: のラムダ式のキャプチャ句で変数を評価した結果を割り当てることができます。これにより、移動のみの値をキャプチャする型のインスタンス。
  • 言語と標準ライブラリ内でユーザー定義リテラル: 適切なセマンティクスを説明する、意味のあるサフィックスを持つ数値と文字列のリテラルを追加することができます。コンパイラはこれらのサフィックス UDL 演算子の適切な関数の呼び出しに変換します。<chrono>、 <string>、<complex>ヘッダーこれで利便性のためのリテラルの演算子を提供します。たとえば、 std::chrono::milliseconds(1729)を意味する「1729ms」、「meow」はstd::string("meow")、3.14i をとstd::complex<double>(0.0, 3.14)</double>.</complex> </string> </chrono>
  • 完了 noexcept:式は、 noexceptの演算子を使用して例外をスローするかどうかを確認できます。Noexceptは、(func) 場合を返します"true" noexceptfuncに指定されています。
  • インラインの名前空間:その内容はその親の名前空間からアクセスするには、「インライン」として、入れ子になった名前空間を指定できます。
  • 「魔法」の静的変数をスレッド セーフである:手動同期の必要性を削除する、スレッド セーフでない方法では、静的なローカル変数が初期化されます。これらの変数の初期化以外の使用法はまだ保護されていないことに注意してください。スレッドの安全性は、CRT の依存関係を回避する/Zc:threadSafeInit-を使用して無効にできます。
  • 制限のない共用体: 重要なコンス トラクターを持つ型を含む共用体を定義することができます。このような共用体のコンス トラクターを手動で定義するあります。
  • 最後に、すべての新しい C++ 11 と 14 の C++ 言語機能 Visual Studio 2013 CTP 2013年 11 月コンパイラでリリースされているこのプレビューも含まれます。これらの機能の詳細についてを参照して この お知らせです。簡単に、この次に示します。
    • __func__sizeof を拡張生成の移動の暗黙の型、 ref 修飾子(「&」と「&&」のメンバー関数)だからalignas、およびコンス トラクターを継承します。
    • 自動関数控除の種類、 decltype(auto)、および汎用のラムダ [=] を使用していないの制限に汎用形式のラムダと [&] 既定のキャプチャと。これは、将来のリリースでのジェネリックのラムダのも有効に。
    • Resumable関数と待機、C++ の同時実行の技術仕様を提案しました。
  • 前方反復子は null:前方の反復子の標準のライブラリの (およびより強力な) 等しいと反復子の初期化の値を比較することを保証するようになりました。これにより、親コンテナーには、空の範囲を渡すこと。一般に、反復子の値で初期化も比較できないことの反復子を親コンテナーから注意してください。
  • quoted():これらのマニピュレーターは iostreams のスペースを含む文字列を保持することができます。
  • 異種の連想検索:特別な comparators で有効な場合 (など、小さい<>大きい<>演算子の透明な)、順序付けされた連想コンテナー テンプレートの検索機能を得る。キーを実際に構築することがなく、キーと同等であるオブジェクトを操作することができます。
  • integer_sequence:テンプレートをコンパイルの整数のシーケンスがサポートされていますメタプログラミングが容易です。
  • exchange():この小さいユーティリティ関数を使用すると、オブジェクトに新しい値を割り当てるし、古い値を取得するのに便利です。
  • get<T>():</T>これにより、組の要素の代わりにその型 (一意) とインデックスによってアクセスできます。
  • デュアル範囲 equal()、is_permutation()、mismatch():(First1、last1、first2) が実行されている c 98 の「の範囲との半」のアルゴリズムでは、適切に使用することが困難です。用意されてまだ中 14 c がオーバー ロードすること (first1、last1、first2、last2) である非常に簡単で安全な使用を追加します。
  • tuple_element_t:使いやすさと、種類の特徴別名テンプレートとの整合性は、このエイリアスのテンプレートが追加されます。
  • 「V3」をファイル ・ システムの技術仕様 (TS):インターフェイスと実装の<filesystem>は、17 c に組み込まれる可能性がこの TS をオーバー ホールしました。</filesystem> 。
  • ライブラリの問題: 24 の解像度が実装されました (の例、 is_finalmake_reverse_iterator())、Visual C++ 2013年で既に実装されている解像度は含まれません。ライブラリに問題があるが、標準のバグ報告に注意してください。仕様の問題を解決するのにも、小さな機能を追加することを解決できます。
  • <chrono>を修正:</chrono>時計は、準拠する書き換えと正確です。
  • 最小限のアロケーターの修正:ユーザー定義のアロケーター c++ 11 のアロケーターの最低限のインターフェイスを実装する代わりに c 03's の詳細なアロケーター インターフェイスを必要とすると、 basic_stringstd::functionなど、いくつかのライブラリ コンポーネントは機能しませんでした。出現するすべてのこの問題が修正されます。
  • C99 ライブラリ機能: 残り C99 ライブラリの機能のほとんどが実装されています。
    • snprintfが実装されています。
    • Printfscanfファミリの関数は C99 フォーマット文字列機能強化をサポートします。
    • Strtodscanfファミリの関数16 進数の浮動小数点サポートしています。
    • 準拠のライブラリは、ソフトウェアの更新の調整をより向上します。
  • _restrict: _restrictキーワードはポインター型以外の参照型ではサポートされてようになりました。
  • の診断の向上:コンパイラは、いたない得られる警告の不審なコードに関する警告を出力してようになりました。たとえば、シャドウされた変数の警告をにより今すぐ。警告も加えられたより明確です。
  • /Wv フラグ:の/Wv:XX を使用することができます。YY。ZZZZコンパイラ バージョン XX の後に導入される警告を無効にします。YY。ZZZZ。出力の警告では、異なる場合がありますもが指定のバージョンによって出力に注意してください。
  • コンパイラのソフトウェア更新プログラム: コンパイラの 400 を超えるバグが修正されます。これらの 179 マイクロソフト接続からのユーザーによって送信されました。
  • C ランタイム (CRT) をリファクタリングする:この CTP には、リファクタリングを実質的に CRT の最初のプレビューが含まれます。
    • msvcr140.dll は存在しません。3 つの Dll で置き換えられます。 vcruntime140.dll、appcrt140.dll、および desktopcrt140.dll。
  • 標準入出力のパフォーマンス: パフォーマンスの向上の多くは、 sprintfsscanf関数のファミリであり、 stdioライブラリで行われました。
  • オブジェクトのファイル サイズの縮小:コンパイラの修正プログラムと共に動作して、STL のヘッダーが変更された (つまり、コンパイル後に、リンクする前にオブジェクト ファイルと静的ライブラリのサイズを大幅に削減するします。Exe と Dll をリンクのサイズは影響しません)。たとえば、C および C++ の標準ライブラリのすべてのヘッダーが含まれています、/MD/O2 で x86 の場合は、他の何がソース ファイルをコンパイルすると Visual C++ 2013年、731 KB オブジェクト ファイルを生成します。これは、1 kb 未満に向上します。
  • の修正プログラムをチェックするデバッグ:標準の保証は機能するときにも反復子として渡される null ポインターを拒否、STL のデバッグ チェック (たとえば、2 つのマージ [null, null)、null の出力の範囲)。すべてのアルゴリズムには検査し、固定します。
  • 作成の宣言または定義: 関数の宣言やその近隣に関連して定義を簡単に作成することができます。これには、宣言または定義を右クリックし、スマート タグを使用します。
  • デバッガー ビジュアライザー:Natvis デバッガー、容易な管理、およびソース管理の統合のための Visual C++ プロジェクトに追加できるファイルの視覚化します。Natvis ファイルをプロジェクトに追加されるビジュアライザー、プロジェクトの外部で評価の優先順位になります。
  • ネイティブ メモリの診断:
    • セッションを開始する、メモリ診断 (Alt+F2)、ネイティブ アプリケーションの実際のメモリ使用量を監視します。Windows のデスクトップをサポートしています。
    • 型やネイティブの割り当てのインスタンスをメモリ内で実行中のプロセスのヒープのスナップショットをキャプチャすることができます。
    • メモリの割り当てを 2 つのメモリー スナップ ショットの間の違いを確認できます。
    • ヒープの深い分析のためのデバッガーを使用して、スナップショット プロセスのメモリの内容を詳しくことができます。
Visual C++ に関する最新情報を参照して、 Visual C++ チームのブログ.

既知の問題

機能


Visual C++
  • 式の評価、マイ コードのみの設定が有効な場合は、ネイティブ メモリ診断中に失敗します。この設定をオフにすると式の評価が正常に動作することができます。
  • このリリースの Visual C++ 言語の新機能、Visual Studio のエディターをサポートする IntelliSense を完全必要はありません。
  • 複雑なテンプレートに関連するシナリオに、 noexceptの演算子があります。
  • 現時点では、ユーザー定義リテラル/CLRで不正なコードを生成可能性があります。非常に大規模なリテラルはまだサポートされていません。
  • コード分析は、このリリースのコンパイラではサポートされていません。分析を構築しようとすると、コンパイラは警告をし、フラグは無視されます。
  • Visual C++ を使用して Windows Phone の 8.1 アプリケーションの構築は、まだサポートされていません。
  • これらのアプリケーションはストアのアプリケーションによって排他的に使用されている Dll のバージョン"_app"ではなく、デスクトップの Dll に依存している Visual C++ で書かれたとは、このプレビューのコンパイラを使用して構築された Windows ストアの 8.1 のアプリケーションは、Windows アプリ認定キットでは検証されません.これは修正される将来のリリース。
全般
  • 、Visual Studio の「14」CTP で JavaScript コンソールと DOM エクスプ ローラーの診断ツールは、Windows Phone デバイスまたはエミュレーターにアタッチしません。ツールは、空白の画面があるし、は機能しません。これらのツールは、携帯電話の Internet Explorer ブラウザーを使用して電話アプリケーションまたは web サイトのいずれかの JavaScript と HTML をデバッグするためは使用できません。
  • 問題を作成またはライト スイッチまたはクラウド ・ ビジネス ・ アプリケーションのプロジェクトを開くはサポートされていませんで Visual Studio の「14」CTP 1。チームはこの問題を解決するのには、修正プログラムに取り組んでいます。
  • SQLCLR の C# コード ファイルには、SQL Server のデータベース プロジェクトでは、ときに Visual Studio がクラッシュする可能性があります。この問題を回避するには、プロジェクトを Visual Basic を使用して、次の手順を変更します。
    • SQL Server プロジェクトを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
    • SQLCLR ] タブを選択します。
    • [言語] リストで、 Visual Basicを選択します。
    • プロジェクトを保存します。
  • データベース単体テストを作成するには、SQL Server オブジェクト エクスプ ローラーのプロジェクト ノードから、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
    ファイルまたはアセンブリ 'Microsoft.SqlServer.Dac.dll' またはその依存関係の 1 つをロードできませんでした。指定されたファイルが見つかりませんでした。
    この問題を解決するには、Visual Studio 2013年で作成された、データベース単体テストのプロジェクトを読み込みます。
  • この Visual Studio の「14」CTP が、Azure モバイル サービス ツール 2013年更新 2 の Visual Studio の一部として出荷されたフィーチャーが含まれます。ただし、プッシュ通知ウィザードサービス マネージャー、および携帯電話サービスに公開の機能はまだ使用できません。この機能が修正されます、次回の Visual Studio の「14」CTP リリースに。
ASP.NET および Web 開発
  • ASP.NET vNext クラウドに最適化されたシナリオは、Windows 8 またはそれ以降のバージョンの Windows に限られます。
  • このリリースでは、クラウドに最適化されたフレームワークを対象とした ASP.NET vNext のアプリケーションのデバッグはサポートされていません。

インストール

Visual Studio の「14」CTP 1 をインストールする (バージョン 14.0.21730.1.DP) - 並べての Visual Studio の 2013年
既知の問題が Visual Studio の「14」CTP 1 をインストールすると (バージョン 14.0.21730.1.DP) 2013 の Visual Studio と同じコンピューター上です。考えて「14」の Visual Studio のアンインストールし、Visual Studio の 2013年の修復がこの問題を修正する必要がありますが、中には、最も安全な方法は「14」の Visual Studio をインストールする仮想マシン、VHD、新しいコンピューター、または他非稼動テスト専用のコンピューターに Visual Studio の 2013年がないです。Visual Studio のようなサイド バイ サイド問題はすぐに修正される予定です。

Visual Studio の「14」CTP を以前のバージョンの Visual Studio が既にインストールされているコンピューターへのインストールを防ぐことで、インストールのブロックがあります。(これは推奨されない状態でコンピューターを配置) のブロックを無効にする、レジストリの"HKLM\SOFTWARE\Microsoft\DevDiv\vs\Servicing"の場所に新しい値を追加 (、64 ビット版の Windows では「HKLM\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\DevDiv\vs\Servicing」)。値の名前はBlockerOverrideをする必要があり、値の型と値のデータは何もすることができます。

互換性に影響する変更

Visual C++
  • 向上、コンパイラのエラーの報告とは異なる順序でから以前のバージョンのコンパイラによって報告された詳細警告があります。
  • ユーザー定義リテラルは、新しい構文の形式、いくつかの既存のマクロの展開を妨げる可能性.たとえば、"foo"の _bar は _bar はマクロとして定義されている場合でも、ユーザー定義リテラルとして扱われます。
  • 幅や生の隣接する文字列リテラル (L Hello World」という「L」) を連結したものになる場所必要になります 2 番目文字列プレフィックスがユーザー定義リテラル サフィックスとして扱われるようになりましたため (L"Hello"L"World") を挿入します。
  • /CLR: 純粋な/CLR:safeは廃止されます。コンパイラは、これらのフラグの使用に関する警告します。
  • /CLR:OldSyntax/Wp64/Zgのフラグが削除されました。

関連情報

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法

その他の Visual Studio ファミリの製品ではのアップデートは、 Visual Studio の Microsoft のダウンロード サイト.

要件

ソフトウェアの要件

以前のバージョンの Visual Studio がインストールされているコンピューターにこのソフトウェアをインストールすることはできません。

再起動の必要性

このパッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

サポートされているアーキテクチャ

  • 32 ビット (x 86)
  • 64 ビット (x 64) (WOW)
  • ARM

ハードウェア要件

  • 1.6 ギガヘルツ (GHz) 以上のプロセッサ
  • 1 gb の RAM (仮想マシンで実行している場合は 1.5 GB)
  • 2 GB の空きハード・ディスク領域
  • 5,400 RPM のハード ディスク ドライブ
  • 1024 × 768 以上の解像度で実行されている DirectX 9 対応ビデオ カード

プロパティ

文書番号:2967191 - 最終更新日: 02/09/2015 07:20:00 - リビジョン: 2.0

  • kbsurveynew kbexpertiseadvanced atdownload kbfix kbmt KB2967191 KbMtja
フィードバック