現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

応答側 ServiceHealthMSExchangeReplForceReboot すると、Stop エラーで再起動するには、Exchange Server 2013年または Exchange Server 2016

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2969070
現象
Microsoft Exchange Server 2013年または 2016 の Microsoft Exchange Server のサーバーでは、頻繁に再起動し、ブルー スクリーンに次の Stop エラーが表示されます。
バグチェック
バグチェック code000000EF
引数 fffffa80'1a5f9980 00000000'00000000 00000000'00000000 00000000'00000000
可用性の管理の応答側 ServiceHealthMSExchangeReplForceReboot での再起動が開始されます。

"RecoveryActionResults"で観察されたリカバリ ・ アクション イベント

ログ名: マイクロソフトの Exchange-ManagedAvailability/RecoveryActionResults
ソース: Microsoft Exchange ManagedAvailability
日: 2014/4/28 午後 10時 17分: 18
イベント ID: 500
タスク カテゴリ: 回復
レベル: 情報
キーワード:
ユーザー: システム
コンピューター: Exch1.contoso.com
説明:
回復操作を開始します。(ActionId 表示されません、リソース名を = = Exch1、依頼者 ServiceHealthMSExchangeReplForceReboot、インスタンス Id を = = 140428.105409.22538.004、ExpectedToFinishAt = 2014年-04-29T04:59:09.2253815Z

関連付けられているプローブのエラー メッセージ:

ログ名: マイクロソフトの Exchange-ActiveMonitoring/ProbeResult
ソース: Microsoft Exchange ActiveMonitoring
日: 2014/4/30 AM 11時 17分: 18
イベント ID: 2
タスクのカテゴリ: 調査の結果
レベル: エラー
キーワード:
ユーザー: システム
コンピューター: Exch1.contoso.com
説明:
調査結果 (名前 = ServiceHealthMSExchangeReplEndpointProbe、構造体、MSExchangeRepl TCP)
<Error>'Microsoft.Exchange.Monitoring.TcpListenerCheck' の例外がスローされますを確認してください。</Error>
例外 - Microsoft.Exchange.Monitoring.ReplicationCheckHighPriorityFailedException: 優先度の高いチェックが TcpListener が失敗しました。エラー: サーバー 'Exch1' 上の Microsoft Exchange レプリケーション サービスの TCP リスナーの正常性のテストに失敗しました。このサーバーは、エラーが解決されるまで、レプリケーションに参加できません。エラー: は、DNS の情報を返します。 ために、'Exch1' のサーバーの IP アドレスを確認できませんでした。



Microsoft.Exchange.Monitoring.ReplicationCheck.FailInternal() で

Microsoft.Exchange.Monitoring.ReplicationCheck.Fail (LocalizedString エラー) で

Microsoft.Exchange.Monitoring.TcpListenerCheck.InternalRun() で

Microsoft.Exchange.Monitoring.ReplicationCheck.Run() で

で Microsoft.Exchange.Monitoring.ActiveMonitoring.HighAvailability.Probes.ReplicationHealthChecksProbeBase.RunReplicationCheck タイプ (タイプの確認)

'Microsoft.Exchange.Monitoring.TcpListenerCheck' をパスできませんでしたを確認してください。

詳細メッセージ: サーバー 'Exch1' 上の Microsoft Exchange レプリケーション サービスの TCP リスナーの正常性のテストに失敗しました。このサーバーは、エラーが解決されるまで、レプリケーションに参加できません。エラー: は、DNS の情報を返します。 ために、'Exch1' のサーバーの IP アドレスを確認できませんでした。

原因
Exchange Server のドメイン ネーム システム (DNS) 名前解決の原因が失敗した場合に正しく構成されていないネットワークできています。

解決方法
確認、この接続のアドレスを DNS に登録する ネットワーク アダプターのプロパティを選択します。

ステップ 1 のスクリーン ショット

注: <b>Exchange サーバーに DAG のメンバーであるし、別の MAPI とレプリケーション ネットワークの adatpers には、MAPI ネットワークを表すネットワーク アダプターで、このプロパティが選択されていることを確認してください。

次の TechNet の記事で説明するガイドラインを確認し、MAPI ネットワークとレプリケーション ネットワークを表すネットワーク アダプターが適切に構成されているかどうかを確認します。

http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd638104 (v=exchg.150).aspx#NR


詳細
サーバーが再起動が ServiceHealthMSExchangeReplForceReboot 応答側で実際に原因となったことを確認するのには影響を受ける Exchange サーバー上の次の powershell コマンドを使用します。

Get-WinEvent -LogName Microsoft-Exchange-ManagedAvailability/* | where {$_.Message -like "*ServiceHealthMSExchangeReplForceReboot*"} | ft Message,TimeCreated
または、word を再起動すると、応答側のピアを検索するのには「表示されません」という名前の「回復操作のログ」と「リモート ログは」クリムゾン チャネルのログを検索することができます。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2969070 - 最終更新日: 10/01/2015 20:29:00 - リビジョン: 2.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbmt KB2969070 KbMtja
フィードバック