[WD2000] 文字の変換中に別の Web サイトに移動するとエラーが発生する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP297003
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料は、Microsoft Internet Explorer (以下 Internet Explorer) 内に表示された Word 文書内で日本語文字の変換中に別の Web サイトに移動するとエラーが発生する現象について説明しています。
現象
Internet Explorer 内に表示された Word 文書内で日本語文字の変換中に別の Web サイトに移動するとエラーが発生する場合があります。

発生条件

この現象は、以下の条件をすべて満たした場合に発生します。
  • Internet Explorer で Word 文書を開いた
  • 文字を変換中だった
  • 別の Web サイトに移動した
状況
この現象は弊社にて Word 2000 の問題として確認しており、Microsoft Office 2000 Service Pack 3 で修正しました。
解決方法
Microsoft Office 2000 Service Pack 3 を適用します。
ダウンロードおよびインストール方法については、以下のサポート技術情報を参照してください。

326585 [OFF2000] Office 2000 Service Pack 3 の概要とセットアップ
回避策
この問題を回避するには、Word 2000 で以下の手順を実行します。
  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. [編集と日本語入力] タブをクリックします。
  3. [変換中の文字列を文書に挿入モードで入力する] チェック ボックスを オフ にします。
詳細

再現手順

  1. Word 2000 を起動します。
  2. 任意の内容で文書を作成します。
  3. 文書を保存して、Word 2000 を終了します。
  4. Internet Explorer を起動します。
  5. [ファイル] メニューの [開く] をクリックし、手順 3. で保存した文書を開きます。
  6. 任意の日本語文字を入力し、文字を変換中の状態にします。
  7. [戻る] をクリックして、前の Web サイトに戻ります。
  8. 変更を保存するかどうかを確認するダイアログ ボックスが表示されたら、[いいえ] をクリックして変更を破棄します。

結果

エラーが発生します。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 297003 (最終更新日 2002-05-08) をもとに作成したものです。

word2000 word2k crash av error IPF access violation protection fault IME back forward
プロパティ

文書番号:297003 - 最終更新日: 02/24/2014 15:32:29 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Word 2000 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix wd2000 文字 文書 ie ime 確定 移動 表示 変換 入力 KB297003
フィードバック