仮想ディスクが自動でリビルドされない

現象
物理ディスクが故障した場合でも、記憶域プール内の仮想ディスクがホットスペアを利用して自動でリビルド (復旧) されない場合があります。
原因
仮想ディスクのリビルドは、仮想ディスクに対して実行した I/O に失敗したことを契機に開始されます。そのため、I/O が実行されていない仮想ディスクは自動でリビルドされない状況が発生いたします。

解決方法
自動で復旧されない仮想ディスクについては、PowerShell から "Repair-VirtualDisk" コマンドレットを実行して手動でリビルドを開始してください。


回避策
状況
詳細
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2970290 - 最終更新日: 09/29/2016 12:05:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2012 Standard

  • KB2970290
フィードバック