[OL2002] IMAP パスワードが同じセッションで保存されない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP297115
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Internet Messaging Access Protocol (IMAP) サーバーをメッセージ用に使用するよう Outlook 2002 を構成し、[パスワードを保存する] チェック ボックスをオンにした場合に、Outlook 2002 では、単一のセッション中でもパスワードが記憶されず、IMAP サーバーにアクセスしようとするたびにパスワード入力画面が表示されます。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Office XP の最新の Service Pack を入手します。関連情報については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
307841 OFFXP: How to Obtain the Latest Office XP Service Pack
修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付      時刻    バージョン    サイズ    ファイル名   -------------------------------------------------------   27-Jul-2001  14:35:33  10.0.3124.0  334152  Pstprx32.dll   27-Jul-2001  14:36:06  10.0.3124.0  530760  Outlcm.dll

状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Microsoft Office XP Service Pack 1 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 297115 (最終更新日 2001-12-12) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:297115 - 最終更新日: 01/29/2014 12:24:13 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft Outlook 2002 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbofficexpsp1fix KB297115
フィードバック