イベント ID 106、LBFO チームを HYPER-V 仮想スイッチがバインドされている場合

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2974384
現象
次のような状況を考えます。
  • 1 つまたは複数の負荷分散とフェールオーバー (LBFO) チームとで構成されている Windows Server 2012 ベースまたは Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターがあります。
  • HYPER-V 仮想スイッチは、LBFO のチームの 1 つにバインドされています。
このシナリオでは、次の eventsis のいずれかがログに記録断続的にします。

ログ名: システム
ソース: マイクロソフトの Windows-ハイパー-V-VmSwitch
日: 2014/9/5 6時 14分: 12 PM
イベント ID: 106
タスク カテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード:
ユーザー: システム
コンピューター: Server1.contoso.com
説明:
LBFO に属している、基になる物理 Nic の使用可能なプロセッサ セットは、NIC/DEVICE/{EC20D5A1-E73E-4148-83C2-4989AFCE2E33} をチーム (フレンドリ名: Microsoft ネットワーク アダプター マルチプレクサー ドライバー 3) スイッチの 4E936889-877B-4390-9DC1-F218A1A9D6B8 の (フレンドリ名: Contoso_LAN) が正しく構成されていません。理由:「LBFO が合計キュー モードで構成されている場合プロセッサはオーバー ラップを設定します。


ログ名: システム
ソース: マイクロソフトの Windows-ハイパー-V-VmSwitch
日: 2014/9/5 6時 14分: 12 PM
イベント ID: 106
タスク カテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード:
ユーザー: システム
コンピューター: Server1.contoso.com
説明:
LBFO に属している、基になる物理 Nic の使用可能なプロセッサ セットは、NIC/DEVICE/{EC20D5A1-E73E-4148-83C2-4989AFCE2E33} をチーム (フレンドリ名: Microsoft ネットワーク アダプター マルチプレクサー ドライバー 3) スイッチの 4E936889-877B-4390-9DC1-F218A1A9D6B8 の (フレンドリ名: Contoso_LAN) が正しく構成されていません。理由: プロセッサ セットは同じ LBFO が最小キュー モードで構成されている場合です。

原因
エラー 106 場合、"の理由: LBFO が合計キュー モードで構成されている場合、プロセッサがオーバー ラップを設定"別のプロセッサを使用するチームの中で各ネットワーク アダプターを構成するのには一連の NetAdapterVmqの Windows PowerShell コマンドを使用する必要が。(LBFO のチーミングは、キューの合計設定されているため、チーム内のネットワーク アダプターがある重複しないプロセッサ セットを使用する。)

エラー 106 場合、"の理由: LBFO が最小キュー モードで構成されている場合、プロセッサ セットが同一でない"同じプロセッサを使用するチームの中で各ネットワーク アダプターを構成するのには一連の NetAdapterVmqの Windows PowerShell コマンドを使用する必要があります。(LBFO チーミング設定されているため最小キュー モードでは、チーム内のネットワーク アダプターがある重複するプロセッサのセットを使用する。)
解決方法
エラー 106 場合、"の理由: LBFO が合計キュー モードで構成されている場合、プロセッサがオーバー ラップを設定」プロセッサを分離し、各ネットワーク アダプターでは、異なるプロセッサを使用して、仮想マシン キュー (VMQ) のために次の Windows PowerShell コマンドの例を使用することができます。修正プログラムをインストールする必要も、 KB 資料 3031598これらの設定を行った後、他の既知の問題を解決するのには次のように変更します。

注: <b>これらは、コマンドの例です。ベース、 BaseProcessorNumberMaxProcessorsの設定を切り替えることができるプロセッサの数のサーバーがあり、のどのプロセッサを使用しない VMQ のです。
セット-NetAdapterVmq-NIC1 BaseProcessorNumber 2 MaxProcessors 2 の名前を付ける
注: <b>このネットワーク アダプターは、VMQ のプロセッサ 2 と 3 を使用します。

セット-NetAdapterVmq-NIC2 の BaseProcessorNumber 4 MaxProcessors 2 の名前を付ける
注: <b>このネットワーク アダプターは、VMQ のプロセッサが 4 と 5 を使用します。

注: <b>サーバーのプロセッサがハイパー ・ スレッディングが有効になっている場合は、合計キュー モードでエラー 106 を修正するBaseProcessorNumberMaxProcessorsの設定を設定する方法を変更する必要があります。

サーバーでハイパー スレッディングが有効になっているかどうかがわからない場合にこれを確認する簡単な方法の 1 つは取得 NetAdapterRSSの Windows PowerShell コマンドレットを実行し、RssProcessorArray の出力行を確認し、場合に 0:0 0 0:1/0 0:2/0」は、ハイパー ・ スレッディングでオフになって。場合に 0:0 0 0:2 0 0:4/0」は、ハイパー ・ スレッディング有効になって。RSS および VMQ のみを使用・ コア ・ プロセッサがハイパー ・ スレッディング、偶数番号のプロセッサを意味するため。

ハイパー スレッド サーバーで上記のコマンドを設定する場合のみ設定できますBaseProcessorNumber偶数にします。MaxProcessorsする必要があります設定を使用して、プロセッサの数に VMQ を使用できます。

6 コア プロセッサとハイパースレッディングが有効になっている (2) がある場合、プロセッサは、タスク マネージャーなどを表示する Windows のツールで 24 のプロセッサが表示されますなどです。VMQ は、偶数のプロセッサのみを使用するため、それらの 12 をのみ使用できます。これらのプロセッサ acrosstwo の Nic を分割し、修正エラー 106、VMQ の異なるプロセッサを使用するのにには、各 NIC を設定するのには次のコマンドを使用します。
セット NetAdapterVMQ-NIC1 MaxProcessors BaseProcessorNumber 0-6 の名前を指定する(したがって、この NIC は、VMQ の 0,2,4,6,8,10 のプロセッサを使用)
セット NetAdapterVMQ-名前 NIC2 MaxProcessors BaseProcessorNumber - 12-6(したがって、この NIC は、VMQ の 12,14,16,18,20,22 のプロセッサを使用)
エラー 106 場合、"の理由: LBFO が最小キュー モードで構成されている場合、プロセッサ セットに同じではありません"Windows PowerShell コマンドをできるように、各ネットワーク アダプターでは、同じプロセッサを使用して、VMQ の次の例を使用することができます。

注: <b>これらは、コマンドの例です。ベース、 BaseProcessorNumberMaxProcessorsの設定を切り替えることができるプロセッサの数のサーバーがあり、のどのプロセッサを使用しない VMQ のです。

セット-NetAdapterVmq-NIC1 BaseProcessorNumber 2 MaxProcessors 4 の名前を付ける
注: <b>VMQ のプロセッサを 2、3、4、および 5 を使用してはこのネットワーク アダプター
セット-NetAdapterVmq-NIC2 の BaseProcessorNumber 2 MaxProcessors 4 の名前を付ける
注: <b>このネットワーク アダプターは VMQ のプロセッサを 2、3、4、および 5 を使用も

セット NetAdapterVmqVMQ のネットワーク アダプターのプロパティを設定します。

すべてのネットワーク アダプターでは、同じプロセッサを使用して、VMQ のように VMQ のプロセッサを正しく設定した後でも表示されるエラー 106」の理由: LBFO が最小キュー モードで構成されている場合、プロセッサ セットが同一でない」も調整している場合、"優先 NUMA ノード」の特定の NUMA ノードを使用する任意のネットワーク アダプターを設定します。この既定の設定「システムの既定値」は、VMQ を使用する場合、優先する設定は。NUMA ノードが別のネットワーク アダプターに、特定の優先 NUMA ノードを設定する場合、[ネットワーク アダプターを使用していない同じプロセッサ VMQ のです。

例: 上記の例では、設定した NIC1 と NIC2 両方には、2、3、4、および 5 のプロセッサを使用します場合、サーバーでは、4 プロセッサを搭載した 8 の NUMA ノードを持つ、各 NUMA ノードの NIC1 を優先 NUMA ノード 0 に設定すると NIC2 を優先 NUMA ノード 1 に設定するし、NIC1 プロセッサ 2 と 3 を使用するには実際に設定すると NIC2 プロセッサ 4 および 5 を使用するにはプロセッサ 2。、3、4、および 5 が別々 の 2 つの NUMA ノードの representingprocessors 0、1、2、3、4、5、6、7 です。



警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2974384 - 最終更新日: 03/23/2016 01:04:00 - リビジョン: 5.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard

  • kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbtshoot kbmt KB2974384 KbMtja
フィードバック