[XCON] Microsoft Exchange Connector for Lotus Notes を頻繁に使用するとイベント ID 2007 が発生する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP297481
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
Microsoft Exchange Connector for Lotus Notes を頻繁に使用すると、Exchange 2000 アプリケーション ログに以下のイベント ID のメッセージが記録されます。このとき、イベント ID 2007 のメッセージの後には、必ずイベント ID 2024 が記録されています。
種類 : エラー
ソース : MSExchangeIS Mailbox Store
分類 : MTA Connections
イベント ID : 2007
日付 : 19.04.01
時刻 : 2:51:32 PM
ユーザー : N/A
コンピュータ : サーバー名
説明 : データベース First Storage Group\Mailbox Storeサーバー名 の om_get から、エラー 0x14 が返されました。詳細については、http://search.support.microsoft.com/search/?adv=1 を参照してください。
および
種類 : エラー
ソース : MSExchangeIS Mailbox Store
分類 : MTA Connections
イベント ID : 2024
日付 : 19.04.01
時刻 : 2:51:32 PM
ユーザー : N/A
コンピュータ : サーバー名
説明 : MH_T_CONTENT の Microsoft Exchange MTA からオブジェクト マネージャ (OM) のオブジェクトにアクセスできません。詳細については、http://search.support.microsoft.com/search/?adv=1 を参照してください。
この間、ストアのワーキング セットも急激に増加します。しかし、この問題が発生してもメッセージの処理は続行されます。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Exchange 2000 Server の最新の Service Pack を入手します。関連情報については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
301378 XGEN: How to Obtain the Latest Exchange 2000 Server Service Pack
301378[XGEN] 最新の Exchange 2000 Server Service Pack の入手方法
状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認済みです。この問題は Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 2 で修正済みです。
詳細
インフォメーション ストア上の増加するログの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
151214 XADM: Send and Receive Logs in MDBDATA Directory
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
184699 XADM: Store.exe Working Set Performance Counter Keeps Growing
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 297481 (最終更新日 2001-11-28) をもとに作成したものです。

NMC
プロパティ

文書番号:297481 - 最終更新日: 01/24/2014 12:20:23 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbexchange2000sp2fix kbfix KB297481
フィードバック