IME Pad にてタッチを使用すると軌跡の最初が認識されない。

現象
以下のシナリオを考えます。

・IME Pad を起動します。

・タッチを使用して、手書き認識機能を使用します。



この場合、手書き入力の軌跡の最初の部分が IME Pad に認識されず、途中から軌跡が入力されます。
原因
ウィンドウのフォーカスが当たる仕組みが、IME Pad では特殊のため、タッチの軌跡の認識に遅延が発生します。このため、軌跡の最初が認識されません。
回避策
手書き入力を行う際は、タッチキーボードの手書き入力を使用してください。



タッチキーボードの手書き入力を有効にするには、タッチキーボードの右下の Icon1を押して、Icon2を選択します。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2976718 - 最終更新日: 09/29/2016 12:08:00 - リビジョン: 3.0

Windows 7 Starter, Windows 7 Home Basic, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Enterprise, Windows 7 Ultimate, Windows 8, Windows 8 Pro, Windows 8 Enterprise, Windows 8.1, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1 Enterprise

  • KB2976718
フィードバック