制限されたユーザーは、SetMailboxType 13.1 で Office 365 専用/ITAR の更新後に、メールボックスにアクセスできます。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2978520
現象
SetMailboxType 13.1 で Microsoft Office 365 専用/ITAR にユーザーの環境を更新した後、ユーザーが Microsoft Exchange Server 2013年サーバー メールボックスにアクセスを制限する必要がありますは自分のメールボックスにアクセスできます。
原因
この問題は、メールボックスの非標準のプロトコル設定は SetMailboxType 13.1 への移行時に計画の既定のアクセス設定にリセットされるために発生します。
解決方法
この問題を解決するのには、Office 365 専用/ITAR のメールボックスにメールボックス プランの既定のアクセス方法を制御するのにプロトコルのプロパティの設定を使用します。既定では、たとえば、キオスク ユーザー (以前デスクレス ワーカー) が制限されている自分のメールボックスをアクセスする場合は、Outlook Web App (OWA)、Exchange Web サービス (EWS) の偽装、Exchange ActiveSync では、POP3 を使用します。

セット CASMailboxコマンドレットを使用してメールボックスへのアクセスを制限することもできます。たとえば、POP3 アクセスを無効にするには、次のコマンドを実行します。

Set-CASMailbox kioskuser1@contoso.com -PopEnabled $false
プラン アクセスの既定値の詳細については、次を参照してください。 メッセージング インフラストラクチャ、およびサブスクリプションの計画.
詳細
計画の既定のアクセス設定は、新しいメールボックスのプロビジョニング コードを設定した後 SetMailboxType 13.1 の遷移時に適用されます。これは仕様ではシステムのユーザーがメールボックスの非標準プロトコルを設定するのには、特定のメールボックスの予定かどうかを知ることはできません。(該当する設定可能なセルフ サービスによって明示的に、ユーザーまたはその他の予期しない問題です。)

顧客設定を復元できる、カスタム メールボックスを意図したプロトコル 48 時間新しいプロビジョニング コードを設定した後と、メールボックスが正常にシステムによって処理された後。メールボックスのプロビジョニングのコードを変更しない場合、カスタム メールボックスの設定を維持できるためです。メールボックスのプロビジョニング コードの変更は、メールボックスをもう一度処理するシステムです。このような変更は、プロトコルの標準的な権限を復元するメールボックスのカスタム プロトコルの設定も発生します。

メールボックス ・ クォータの種類を管理する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。

2673366O365 専用のメールボックス クォータを設定する方法
プロトコルの設定の変更ができる更新されたシステムでメールボックスが処理された後、48 時間です。



警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2978520 - 最終更新日: 12/11/2015 20:46:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB2978520 KbMtja
フィードバック