現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Office 365 に接続しようとすると Outlook で継続的にパスワードの入力を求められる

現象
Outlook プロファイルを作成、または Office 365 のメールボックスに接続しようとすると、何度も資格情報の入力を求められ、クライアントには "trying to connect..." (接続を試みています) というメッセージが表示されます。資格情報の入力プロンプトで [キャンセル] をクリックすると、以下のエラー メッセージが表示されます。

"The connection to Microsoft Exchange is unavailable. Outlook must be online or connected to complete this action."

(Microsoft Exchange は使用できません。この処理を完了するには、Outlook をオンラインで使用するか、サーバーに接続する必要があります。)
原因
[Microsoft Exchange] ダイアログ ボックスの [セキュリティ] タブで、ログオン ネットワーク セキュリティの設定が “匿名認証” 以外の値に設定されている場合、本事象が発生する可能性があります。

The screenshot for the cause

解決方法
本事象を解決するには、以下の手順に従って、ログオン ネットワーク セキュリティの設定の値を “匿名認証” に変更してください。
  1. Outlook を終了します。
  2. [コントロール パネル] を開き、続いて以下のいずれかを実行します。

    • Windows 10、Windows 8.1、または Windows 7 の場合、[スタート] をクリックして、検索ボックスに「コントロール パネル」と入力して Enter キーを押下します。
    • Windows 8 の場合、画面右側からスワイプしてチャームを開き、[検索] をタップまたはクリックし、続いて検索ボックスに「コントロール パネル」と入力します。あるいは、スタート画面で「コントロール パネル」と入力し、検索結果の [コントロール パネル] をタップまたはクリックします。
  3. コントロール パネルで [Mail] を検索し、ダブルクリックします。
  4. [プロファイルの表示] をクリックして、自身の Outlook プロファイルを選択し、続いて [プロパティ] をクリックします。
  5. [電子メール アカウント] をクリックします。
  6. 自身の電子メール アカウントを選択し、続いて [変更] をクリックします。
  7. [アカウントの変更] ダイアログ ボックスで [詳細設定] をクリックします。
  8. [Microsoft Exchange] ダイアログ ボックスで [セキュリティ] タブを選択します。
  9. ログオン ネットワーク セキュリティ” 一覧から [匿名認証] を選択し、続いて [OK] をクリックします。
  10. [次へ]、[完了] の順にクリックし、続いて [アカウント設定] ダイアログ ボックスの [閉じる] をクリックします。
  11. [メール設定] ダイアログ ボックスの [閉じる] をクリックし、続いて [OK] をクリックして、パネルを閉じます。
追加情報
Outlook プロファイルで匿名認証のレジストリ設定を検索および表示するには、以下の手順に従ってください。

重要: レジストリを操作して Outlook プロファイルを変更することはサポートされておらず、変更した場合、Outlook プロファイルに関する問題についてサポート対象外になる可能性があります。

重要: 慎重に本セクションの手順に従ってください。レジストリを誤って変更した場合、深刻な問題が発生する可能性があります。問題が発生した場合に備え、操作を実行する前にレジストリを復元できるようバックアップしてください。

  1. レジストリ エディターを開くには、以下のいずれかの手順を実行してください。

    • Windows 10、Windows 8.1、または Windows 8 の場合、Windows ロゴ キーと R キーを押下して [ファイル名を指定して実行] ダイアログ ボックスを開き、「regedit.exe」と入力し、続いて [OK] をクリックします。
    • Windows 7 の場合、[スタート] をクリックして “検索開始” ボックスに「regedit」と入力し、Enter キーを押下します。管理者のパスワードの入力または [確認] ボタンの押下を求められた場合、パスワードを入力または [許可] をクリックします。
  2. Outlookのバージョンに応じて、以下のレジストリ パスを検索します。

    • For Outlook 2013
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Outlook\Profiles
    • For Outlook 2010 and 2007
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Windows Messaging Subsystem\Profiles
  3. このサブキーから、自身の Outlook プロファイル名を検索して展開します。
  4. プロファイルから 9375CFF0413111d3B88A00104B2A6676 キーを検索して展開します。
  5. 9375CFF0413111d3B88A00104B2A6676 キーで、自身のプロファイル内に各アカウントのサブキーが表示されます。最初のサブフォルダー (00000001) を選択し、続いてアカウント名のバイナリ値のデータをダブルクリックして調べます。自身の SMTP アドレスを含むアカウント名が見つかるまでこの手順を繰り返します。例えば、アカウント名の値は、\00000003 サブキー の下にある guidopica@contoso.com を指定している場合もあります。
  6. \0000000x サブキーからサービス UID バイナリ値を検索します。これは GUID を表します (例: c3 d1 9a 7b 80 1b c4 4a 96 0a e5 b6 3b f9 7c 7e)。
  7. 自身のプロファイル内で、手順 6 で特定した GUID 値と一致するサブフォルダーを検索します (例: \c3d19a7b801bc44a960ae5b63bf97c7e)。
  8. 手順 7 で見つけたサブキーから 01023d0d バイナリ値を調べます。これは GUID を表します(例: 5f cf d5 f1 ba 5c 6f 45 b3 57 cc 5e 0d 16 94 58)。
  9. 自身のプロファイル内で、手順 8 で特定した GUID 値に一致するサブフォルダーを検索します (例: \5fcfd5f1ba5c6f45b357cc5e0d169458)。
  10. 手順 9 で見つけたサブキーから 00036619 バイナリ値を調べます。この値から Outlook で匿名認証が使用されているか判断します。

    バイナリ: 00036619
    データ:
    01 f0 00 80 == Anonymous Authentication (匿名認証)
    その他の値はすべて匿名以外の認証方法を表します。

    The screenshot for step 10
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2984912 - 最終更新日: 03/25/2016 07:54:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Exchange Online

  • o365e o365m o365022013 o365 o365a kbgraphic kbgraphxlink KB2984912
フィードバック