[BUG] 仮想 SQL Server 2000 の Windows 2000 DC へのインストール失敗

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP298570
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
BUG #: 352185 (SHILOH_BUGS)

BUG #: 353952 (SHILOH_BUGS)
現象
SQL Server (SQL Server 2000 およびその Service Pack) をセットアップしているとき、ノードのいずれかまたは両方がドメイン コントローラの場合に、クラスタ セットアップ中に SQL Server セットアップのユーザー インターフェイスでアクセス違反 (AV) が発生することがあります。両方のノード (2 ノード クラスタの場合) がドメイン コントローラの場合、セットアップがサービス アカウントを認証するときに、処理されないアクセス違反が発生することがあります。AV が発生すると、セットアップが応答を停止 (ハング) するか、バックグラウンドでセットアップ ファイルを実行したままインストールが画面から消えます。その他に、ドメイン コントローラのコンピュータ名が 15 文字より長い場合にもインストールに失敗することがあります。

: Microsoft Windows NT Server Enterprise Edition 4.0 ベースのコンピュータでは、クラスタ ノードをバックアップ ドメイン コントローラにすることをお勧めします。関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
171390 [NT]DC を利用できないとクラスタ サービスが開始しない
ただし、ドメイン コントローラが既にローカルである場合、または利用可能なドメイン コントローラに信頼できる高速接続がある場合、Microsoft Windows 2000 ベースのコンピュータのクラスタ ノードにドメイン コントローラを実装することはお勧めしません。
281662 Windows 2000 および Windows Server 2003 クラスタ ノードをドメイン コントローラとして構成する
回避策
この問題を回避するには、ノードがドメイン コントローラではなく、かつ、それらのノードが Microsoft Windows 2000 ドメイン コントローラに対してローカル接続または高速接続を行える Microsoft Windows 2000 クラスタに SQL Server をインストールします。
状況
マイクロソフトでは、この問題を SQL Server 2000 の問題として認識しています。
詳細

現象の再現手順

  1. 両方のノードに Windows 2000 をインストールします。
  2. 両方のノードに Microsoft クラスタ サービスをセットアップします。
  3. 両方のノードで DCPromo を実行して、それらのノードをドメイン コントローラに昇格します。
  4. SQL Server 2000 Enterprise Edition の CD を挿入します。
  5. SQL Server のインストールを選択します。
  6. 通常どおりにインストールを実行します。仮想サーバーで使用するためのアカウント情報を確認する画面で [次へ] をクリックすると約 60 秒後に AV が発生します。
NT クラスタ上でのスタンドアロン SQL Server のインストールの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
289828 [PRB] コンピュータ名が長い場合、クラスタ環境での SQL Server のセットアップでアクセス違反が発生する
AV
プロパティ

文書番号:298570 - 最終更新日: 01/16/2015 22:33:28 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft SQL Server 2000 Enterprise Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbpending KB298570
フィードバック