Excel で印刷時にピボットテーブルの行ラベルに意図しない値が表示される

現象
以下の条件を満たす場合に、印刷結果の行ラベルに意図しない値が表示されることがあります。
  • "行ラベル" に 2 フィールド以上設定されている。
  • "行ラベル" の値に Null 値が設定されている。
  • "値" に 2 フィールド以上が設定されている。
  • "Σ値" を "行ラベル" に設定し、"行ラベル" の 1 項目に対して 2 行以上の値が表示されている。
  • 改ページ後の先頭行が、"行ラベル" の 1 項目内の複数行のうち、2 行目以降に設定されている。
  • ピボットテーブルの形式が 2007 以降の形式の場合、レポートのレイアウトが "表形式で表示" に設定されている。
  • [ピボットテーブルオプション] の [印刷] タブ内 "各印刷ページに行ラベルを繰り返す" が有効に設定されている。 (既定で有効)
Note: 
Excel シート上のデータを参照する場合、セルに何も値を設定しない場合はピボットテーブル作成時に Excel により "(空白)" が設定されるため、現象は発生しません。「=""」や「'」により明示的にセルに Null 値を設定したときに発生します。
同様に、外部データ ソースを参照する場合、外部データ ソース側で Null の箇所に "未割り当て" のように文字列が設定される場合には、現象は発生しません。


本現象は、印刷結果の他に、印刷設定の影響を受ける以下の操作でも発生します。
  • 印刷プレビュー表示
  • [名前を付けて保存] で PDF 形式で保存
  • [名前を付けて保存] で XPS 形式で保存
回避策
以下のいずれかの方法でこの現象を回避することができます。
  • 参照先のデータにて、Null 値が設定されている箇所にスペース等の値を設定します。
  • 改ページ位置を行ラベルの 1 項目の先頭行に設定します。
  • ピボットテーブルの形式が 2007 以降の場合は、レポートのレイアウトを "コンパクト形式" または "アウトライン形式" に設定します。
  • "各印刷ページに行ラベルを繰り返す" オプションを無効に設定します。
Note:

"各印刷ページに行ラベルを繰り返す" オプションを無効にする場合、各印刷ページに行ラベルを表示するための代替手段として、レポートのレイアウトで "アイテムのラベルをすべて繰り返す" を使用することができます。この設定を有効にすると、ワーク シート上および印刷ページにて、行ラベルが全行に表示されます。 
状況
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
詳細
現象の再現手順 
  1. 以下のようなデータを作成します。
    ラベル1ラベル2値1値2
    1項目11020
    2項目21020
    31020
    "ラベル1" の値が 3 のレコードの "ラベル2" の値には「=""」または「'」を入力して Null を設定します。
  2. 1. のデータを参照するピボットテーブルを作成します。
  3. "行ラベル" に "ラベル1"、"ラべル2" を設定します。
  4. "値" に "値1"、"値2" を設定します。
  5. "列ラベル" に表示された "Σ値" を "行ラベル" に移動します。
  6. レポートのレイアウトを "表形式で表示" に設定します。
  7. "小計を表示しない" に設定します。
  8. 1 ~ 7 の手順により、以下のようなピボットテーブルが作成されます。
    ラベル1ラベル2値 
    1項目1合計 / 値110
    合計 / 値220
    2項目2合計 / 値110
    合計 / 値220
    3合計 / 値110
     合計 / 値220
    全体の 合計 / 値130
    全体の 合計 / 値260
  9. 改ページ設定を行い、6 行目と 7 行目の間 ("ラベル1" の値が 3 の項目の 1 行目と 2 行目の間) で改ページが行われるように設定します。
  10. ピボットテーブル上で右クリックし、[ピボットテーブル オプション] の [印刷] タブ内 "各印刷ページに行ラベルを繰り返す" を有効にします。(既定で有効)
結果

印刷を行うと、Null が設定されることを意図していた 2 ページ目 1 行目の "ラベル2" の値に "項目2" が表示されます。 
 3項目2合計 / 値220
全体の 合計 / 値130
全体の 合計 / 値260
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2987000 - 最終更新日: 08/08/2014 03:32:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Excel 2010, Microsoft Excel 2013, Microsoft Office Excel 2007, Microsoft Office Excel 2007 (Home and Student version)

  • kbtshoot kbbug kbexpertiseinter KB2987000
フィードバック