「申し訳ございませんが、設定できませんでした。 Office を」エラー 0xc004f200 Office アクティブにするとき

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2987484
概要

Windows と Office (Office 2016 または Office 365) の両方に付属している新しいコンピューターを購入する licenseas パーツを購入、Windows は起動すると、自動的にアクティブ化しようとします。ウィンドウがアクティブになった前に、2016 の Office または Office 365 のインストールを償還しようとすると、theseerrors のいずれかのことが表示されます。

「申し訳ございませんが、Office を設定できませんでした。サポートを取得するには次の情報注意してください: エラー コード: 0xc004f200]



または

「申し訳ございませんが、Office を設定できませんでした。デバイスがインターネットに接続されているし、再試行する前に Windows がアクティブになることを確認してください。サポートを取得するには、次の情報に注意してください: エラー コード: 0xc004f200]


[閉じる] をクリックすると、次のメッセージが表示されます。

「試してみましょうをもう一度。Office を設定しているときに何かが発生しました。もう一度実行することができます、問題が解決しない場合は、続行を選択します。。」



解決方法
お使いのコンピューターがインターネットに接続されているし、Windows は自動的にそれ自体から数分以内にアクティブにしようとすることを確認してください。ウィンドウがアクティブになったそらは、[設定] をクリックします >システム>について> (関連する設定)] の下のシステム情報または開始でを右クリックは、システムをクリックします。[Windows のライセンス認証をする必要があります、 Windows がアクティブになると答えてください。



: 場合によっては、Windows はお住まいの地域でのインターネットの利用可能度によってアクティブにするのには最大 30 分かかる場合があります。だけで Windows をアクティブにする場合は Officeto をアクティブ化する前に、もう少し待機する、Windows のライセンス認証手続きが完了したことを確認します。


ウィンドウがアクティブ化されると、Office アプリケーションを起動し、では画面をアクティブにするをクリックして、Office の償還処理を完了できます。






ウィンドウがアクティブになったし、をもう一度試してみましょう画面で続行をクリックする前に、Office をライセンス認証を試みた場合 Office が既に Office を購入することを確認することできない場合があります。この問題を解決するのには、トラブルシューティング ツールが動作しない場合または Windows がアクティブになっている (上記参照) し、レジストリを変更するか、手動でレジストリを編集する場合は、トラブルシューティング ツールを実行することはできませんトラブルシューティング ツールになるまで待機する必要があります。

Automaticallymodify レジストリのトラブルシューティングを使用します。

これをクリックしてください。 リンク ダウンロードして、トラブルシューティングに使用します。トラブルシューティング ツールは、レジストリの変更が完了したら後、は、次の操作を行います。
  • インターネットへのアクセスがあることを確認します。
  • ウィンドウがアクティブ化されていることを確認します。
  • Office のセットアップ ウィザードを再起動し、[アクティブ化] をクリックして任意の Office アプリケーションを起動します。


レジストリを手動で編集

警告:[レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

  1. (すべての Office のセットアップ ウィザードを含む) Office アプリケーションが閉じられていることを確認します。
  2. (いずれかのコマンド ・ ラインから、または Windows の [スタート] メニューをクリックすると検索に「regedit」を入力して)「regedit」を起動します。


  3. "ユーザー アカウント制御] ウィンドウで続行する可能性があります求められます。[はい]をクリックします。


  4. 左側のウィンドウでフォルダー構造を使用して次の 2 つの場所に移動します。2 番目の場所が存在しない場合は、2 番目の位置を無視できます。


    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\OEM\OOBEMode

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Office\16.0\Common\OEM\OOBEMode


  5. 両方の場所の値を変更するのには右側のペインでレジストリ エントリをダブルクリックします。


  6. 両方の場所のOEMからの値をOEMTAに変更し、 [ok]をクリックしてレジストリ エディターを終了します。


  7. 両方の場所の 5 および 6 の手順を完了する (存在する場合両方) を確認します。
  8. Windows を有効にして、インターネットへのアクセスがあるかどうかを確認し、Office のセットアップ ウィザードを再起動するには、どの Office アプリケーションを起動します。

詳細
SearchOffice サポートの資料。http://office.microsoft.com/support/
Office コミュニティのサポートを検索します。http://answers.microsoft.com
AFO

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2987484 - 最終更新日: 08/23/2016 06:41:00 - リビジョン: 4.0

  • kbmt KB2987484 KbMtja
フィードバック