形式の高度なディスク上のスタンバイ モードでのログの復元に SQL Server 2008 R2 または SQL Server 2012年 9004 エラーが発生する可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2987585
Notice
修正プログラムまたは service pack を適用した後は、トレース フラグ 3057 の修正プログラムの動作を確認するを有効にする必要です。
現象
次のようなシナリオを想定してください。
  • Microsoft SQL Server がある場合またはログ配布のバックアップ/リストア、2 台のサーバーを設定します。
  • プライマリ ・ データベースでは、「バイトあたりの物理セクター」512 バイト設定のあるディスクに保存されている、トランザクション ログ ファイル (.ldf) があります。
  • このデータベースのログのバックアップ、トランザクションを実行して、セカンダリ データベースをスタンバイ ・ オプションを使用して復元しようとします。
  • 「バイトあたりの物理セクター」4,096 バイト設定のあるディスクには、セカンダリ データベースのトランザクション ログ ファイル (.ldf) があります。
このシナリオでは、復元操作は失敗し、次のエラー メッセージを返します。

エラー: 9004、レベル: 16、状態: 6。
データベースのログの処理中にエラーが発生しました 'データベース名>'.、可能であれば、バックアップから復元します。バックアップが利用できない場合は、ログを再構築する必要があります。

このエラーが発生した後、セカンダリ データベースは、問題のある状態に入ります。
解決方法

累積的な更新

この問題は、SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 2014 SP1 用の累積的な更新 2

SQL Server 2012年の SP2 用の累積的な更新プログラム 7

SQL Server 用の累積的な更新について

SQL Server の各新しいの累積的な更新には、すべての修正プログラムおよびセキュリティ修正プログラム以前の累積的な更新プログラムに含まれていたが含まれています。SQL Server の最新の累積的な更新プログラムを参照してください。

SQL Server 2008 R2 SP2 用の修正プログラム

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: <b> さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b> 「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

回避策
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

この問題を解決するには、以下の回避策のいずれかの手順に従います。
  • 「バイトあたりの物理セクター」512 バイト設定のあるドライブに、転送先のトランザクション ログ ファイルを移動します。

    注: <b> スタンバイ ファイルは、「バイトあたりの物理セクター」4096 バイト設定が存在するドライブ上にも配置できます。
  • [スタンバイ] オプションを使用せず、ログのバックアップを復元します。[スタンバイ] オプションではなく、復元操作中に、with NORECOVERY オプションを使用します。
詳細
使用することができます。 Fsutil コマンド ライン ユーティリティ 「バイトあたりの物理セクター」値を確認します。このパラメーターが出力に表示されていない場合で指定されている修正プログラムを適用する必要があります、 KB982018.

いるドライブの種類を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. 管理者権限のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    Fsutil fsinfo ntfsinfo x:
    注: <b> このコマンドで、 <x></x> ドライブをチェックすることを表します。
  2. いるドライブの種類を決定するのにには、「バイトあたりのセクター」と「バイトあたりの物理セクター」の値を使用します。これを行うには、次の表を使用します。
    「セクターあたりのバイト数」の値「物理セクターあたりのバイト数」の値ドライブの種類
    40964096ネイティブの 4 K
    5124096高度な書式 (512 e とも呼ばれます)
    512512512 バイトのネイティブ

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2987585 - 最終更新日: 08/20/2015 02:24:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2, Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1

  • kbsurveynew kbexpertiseinter kbqfe kbfix kbhotfixserver kbautohotfix kbexpertiseadvanced kbmt KB2987585 KbMtja
フィードバック