メールボックスにアクセスできないか、Office 365 の専用/ITAR で別のプランにキオスクからメールボックスの計画が変更された後に機能が限定されて

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2987640
現象
Microsoft Office 365 専用/ITAR、自分のメールボックスにアクセスすることはできませんまたはメールボックスが特定の機能の一部の機能を発生します。メールボックス プランを変更した後 Exchange Online Kiosk D から Exchange のオンラインの計画に 1 D または Exchange のオンライン計画の 2 D、この現象が発生します。メールボックスの計画が変更されると、ユーザーのみを Outlook Anywhere を使用して Outlook にアクセスできます。
原因
この現象は、クライアント アクセスの設定が設定されていない Exchange のオンラインの計画の 1 D または計画 2 D のオンラインの Exchange メールボックス プランがプロビジョニング プロセスであるために発生します。
詳細
SetMailboxTypeスクリプトを使用してプロビジョニング プロセスは、プロビジョニング プロセスでは、Microsoft Office 365 専用/ITAR メールボックス プランに置き換えられます。13.1 のバージョンの Exchange Server 2010) と、2013年バージョン (Exchange Server 2013) は、このプロセスが含まれます。

プロビジョニング プロセスのメールボックス プランは、プランのクラスによって、次のクライアント アクセス設定を使用します。

クラスを計画します。顧客管理の設定プロビジョニング プロセスにのみメールボックス プランによって管理される設定
標準 (Exchange オンライン プラン 1 D または 2 D プランの Exchange のオンライン計画)
  • MAPIBlockOutlookRpcHttp
  • MAPIBlockOutlookVersions
  • ActiveSyncEnabled
  • EWSEnabled
  • IMAPEnabled
  • MAPIEnabled
  • OWAEnabled
  • POPEnabled
  • OWAMailboxPolicy
Exchange Online Kiosk「デスクレス ワーカー」
  • ActiveSyncEnabled
  • OWAEnabled
  • POPEnabled
  • MAPIBlockOutlookRpcHttp
  • MAPIBlockOutlookVersions
  • EWSEnabled
  • IMAPEnabled
  • MAPIEnabled
  • OWAMailboxPolicy


注:

  • Exchange オンライン プラン 1 D および 2 D プランの Exchange のオンラインの計画では、すべての設定は、お客様が管理します。したがっては変更されませんこれらの設定にこれらの計画に移動するとします。
  • Exchange Online Kiosk D プランでは、いくつかの設定は、メールボックス プランがプロビジョニング プロセスを完全に管理されます。スクリプトの実行のたびに、これらの設定が保持されます。顧客管理の設定は変更されません。

プロビジョニング プロセス メールボックス プランによって行われた変更

メールボックス プランがプロビジョニング プロセスは、次のシナリオでのメールボックス オブジェクトを変更します。

シナリオ 1: 初期処理のメールボックス (Exchange Server 2010 のみ)

プロビジョニング プロセス メールボックス プランの既定値に顧客管理の両方のすべてのアクセスおよびクォータの設定を設定して、メールボックスは、プロビジョニング プロセスで管理されるクライアントを計画します。Exchange Server 2013 では、Microsoft 管理サービス サービス提供プロバイダー (MMSSPP) では、メールボックスが作成されたときに、クライアント アクセスとクォータの設定が適用されます。

シナリオ 2: 計画クラスの計画の変更 (Exchange のオンライン プラン Exchange オンライン プランの 2 D に 1 D)

クォータのみが更新 (異なる場合) は、お客様が管理するクライアント アクセスの設定が更新されないためです。

シナリオ 3:計画クラスの変更

  • オンライン プラン 1 D を交換するか、D を Exchange Online Kiosk にオンラインの計画の 2 D の交換

    (異なる場合) は、メールボックスのクォータが更新されます。プロビジョニング プロセス メールボックス プランによって管理されているクライアント アクセスの設定が更新されます。
  • オンライン プラン 1 D を交換するか、2 D のオンラインの計画を交換するには D を Exchange Online Kiosk

    (異なる場合) は、メールボックスのクォータが更新されます。すべての設定は、お客様が管理されるため、クライアント アクセスの設定は変更されません。
シナリオ 4:Exchange Online Kiosk D プランの設定の管理

メールボックスの計画プロセスをプロビジョニング設定設定のいずれかのプランの既定値に変更がある場合。

シナリオ 5:設置ロータス ノーツ環境 (Exchange Server 2010 のみ) からメールボックスの移動

プロビジョニング プロセス メールボックス プランの既定値に顧客管理の両方のすべてのアクセスおよびクォータの設定を設定して、メールボックスは、プロビジョニング プロセスで管理されるクライアントを計画します。Exchange Server 2013 年に MMSSPP では、メールボックスが作成されたときに、クォータとは、クライアント アクセスの設定が適用されます。

シナリオ 6:メールボックスは、オンプレミスの Exchange 環境から移動

メールボックス クォータが設定されています。その他のクライアント アクセス設定プロセスを提供するメールボックス プランによって管理されているが更新されます。
状況
これは仕様による動作です。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2987640 - 最終更新日: 10/14/2016 16:54:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbmt KB2987640 KbMtja
フィードバック