APP-V のアプリケーションを起動した後、マウスが応答しなくなる可能性があります。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2987845
現象
マイクロソフト アプリケーションの仮想化 4.5 のバージョン、バージョン 4.6 では、またはタッチ スクリーンを有効にしたデバイスでは、バージョン 5 (APP-V 4.5、APP-V 4.6、APP-V 5.0) を仮想化されたプロセスを起動すると、マウス ポインターが応答しなくなる可能性があります。APP-V アプリケーションのプロセスか、wisptis.exe プロセスを終了すると、マウスは再び動作を開始します。RDS とターミナル サーバーは、(既定のサーバー設定が有効になっていない) 場合は、デスクトップ エクスペリエンスが有効になっている場合はこれも影響します。
原因
いくつかの場合は、APP-V は、アプリケーションの起動の一部として、wisptis.exe プロセスの 2 番目のインスタンスを作成します。(システムがタッチ スクリーンであるため) が既に実行されている、wisptis.exe プロセスとアプリケーションの起動によって発生した新しい wisptis.exe プロセス間の競合を作成この可能性があります。APP-V アプリケーションのプロセスか、wisptis.exe プロセスを終了する、ことによっては、この競合を削除します。
解決方法

オプション 1: 自動解決

自動的にこの問題を解決するには、.NET Framework の最新の修正プログラム ロールアップをインストールします。これを行うには、 ObjExclusionレジストリ設定は必要ありません。

注: <b>これは、推奨されるソリューションです。

この修正プログラム ロールアップをインストールします。 4.5、4.5.1、および Windows Vista SP2、Windows 7 SP1、Windows 8、Windows 8.1、Windows Server 2008 SP2、Windows Server 2008 R2 の SP1、Windows Server 2012 では、および Windows Server 2012 R2 の 4.5.2 の.NET Framework の修正プログラム ロールアップ 3026376 (オフライン インストーラー).

オプション 2: 手動のプロセス

手動でこの問題を解決するには、クライアント上で次のレジストリ キーを作成します。

App-v 5.0:

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\AppV\Subsystem\ObjExclusions

App-v 4.6:

x86 システム

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions

x64 システム

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\SoftGrid\4.5\SystemGuard\ObjExclusions
種類: Reg_SZ
名: WPFMouseAndTouchInput
値: {773F1B9A-35B9-4E95-83A0-A210F2DE3B37}-running

APP-V、アプリケーションの仮想化、5.0、Wisptis.exe appv 5、4.6 を同様に適用されます

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:2987845 - 最終更新日: 11/18/2015 22:19:00 - リビジョン: 2.1

Microsoft Application Virtualization 5.0 for Windows Desktops, Microsoft Application Virtualization 5.0 for Windows Desktops Service Pack 1, Microsoft Application Virtualization 5.0 for Windows Desktops Service Pack 2, Microsoft Application Virtualization 5.0 for Windows Desktops Service Pack 3

  • kbmt KB2987845 KbMtja
フィードバック