[XCCC] Exchange 2000 OWA 使用時に添付ファイルを付けて返信すると Winmail.dat が生成される

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP298917
現象
Exchange 2000 Microsoft OWA (Outlook Web Access) を使用している場合、他のメール システムから Web メールに返信し、その返信にファイルを添付すると、受信者は元の添付ファイルに加えて Winmail.dat ファイルを受信することがあります。Exchange 2000 OWA を使用して、Exchange 2000 OWA からの添付ファイル付きのメッセージに返信する場合は、この Winmail.dat ファイルは生成されません。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Exchange2000 Server の最新の Service Pack を入手してください。詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
301378 XGEN: How to Obtain the Latest Exchange 2000 Server Service Pack
修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。

コンポーネント : OWA

ファイル名バージョン
Davex.dll6.0.4419.27
Excdo.dll6.0.4419.27
Exoledb.dll6.0.4419.27
Exprox.dll6.0.4419.27
Mdbsz.dll6.0.4419.27
Store.exe6.0.4419.27

下記のファイルは、「Microsoft ダウンロード センター」からダウンロードできます。
リリース日 : 2001 年 6 月 8 日

マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

状況
マイクロソフトでは、これが Microsoft Exchange 2000 Server にかかわる問題であることを確認済みです。 この問題は、Exchange 2000 Server Service Pack 2 で初めて訂正されました。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 298917 (最終更新日 2001-11-28) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:298917 - 最終更新日: 11/28/2001 10:54:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition

  • kbbug kbfix kbexchange2000sp2fix kbexchange2000presp1fix kbexchange2000presp2fix KB298917
フィードバック