現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[XADM] 予定表アイテムがユーザーのフォルダから削除される

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
予定表を使用中、予定表アイテムが予定表フォルダから削除されていたり、表示されなくなったりすることがあります。次のイベント ID メッセージがアプリケーション イベント ログに出力される場合があります。
種類 : エラー
ソース : EXCDO
分類 : General
イベント ID : 8206
コンピュータ : EXCHANGE
説明 : 予定の保存中にエラー コード 0x8000ffff が返されたため、予定表作成エージェントは失敗しました。
予定表アイテムが週に一度、またはその他のスケジュールに従って、削除される場合があります。
原因
この現象は、ファイル レベルのウイルス検出プログラムで Exchange 2000 コンピュータのインストール可能ファイル システム (IFS) の M ドライブをスキャンしている場合、毎週または毎日行うサーバーのスキャン中に発生する可能性があります。ウイルス検出プログラムで、サーバーの全ドライブが対象に設定されている場合があります。M ドライブがスキャンされると、インフォメーション ストアのアイテムはファイルとして扱われます。この場合、ウイルス検出プログラムによって予定表アイテムのプロパティまたは属性が変更され、その結果、予定表アイテムが表示されなくなることがあります。
解決方法
この問題を解決するには、ウイルス検出プログラムで M ドライブをスキャンしないようにします。削除された予定表エントリを復元するには、予定表アイテムが失われる前に作成したバックアップから復元するか、手動で予定表アイテムを再度作成します。
状況
この動作は仕様です。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 299046 (最終更新日 2004-01-29) を基に作成したものです。
exch2kp2w appointment appointments Outlook
プロパティ

文書番号:299046 - 最終更新日: 12/06/2015 02:45:26 - リビジョン: 3.0

Microsoft Exchange 2000 Server Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbprb KB299046
フィードバック