お使いのブラウザーはサポートされていません

このサイトを利用するには、ブラウザーを更新する必要があります。

Internet Explorer を最新バージョンに更新する

FQDN を使って接続すると Kerberos のネゴシエーションが行われない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP299270
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
完全修飾ドメイン名 (FQDN) を使って Web サーバーに接続すると、Internet Explorer 5.5 または 5.5 Service Pack 1 (SP1) で Kerberos 認証のネゴシエーションが行われません。この問題は、Internet Explorer 5.01 や短い (RDN) サーバー名を使用した場合には発生しません。
原因
この問題は、Internet Explorer 5.5 のコードで、InitializeSecurityContext 関数を呼び出す際に正しい SPN が渡されていないために発生します。

解決方法
この問題を解決するには、Internet Explorer 5.5 の最新の Service Pack を入手します。関連情報については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
276369 How to Obtain the Latest Service Pack for Internet Explorer 5.5
回避策
この問題を回避するには、Kerberos のネゴシエーションが必要な場合、Internet Explorer 5.5 や 5.5 SP1 では FQDN を使って接続しないようにします。
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は Internet Explorer 5.5 Service Pack 2 で修正済みです。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 299270 (最終更新日 2001-08-03) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:299270 - 最終更新日: 02/24/2014 06:04:00 - リビジョン: 1.1

  • Microsoft Internet Explorer 5.5
  • kbnosurvey kbarchive kbfix kbprb KB299270
フィードバック