[FIX]ユーザの接続中か切断中に内部構造をダンプするとAVが発生する

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP299462
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
ユーザーが接続または切断している最中に、SQL Server の内部メモリ構造のダンプ (診断出力) を実行すると、アクセス違反が発生する場合があります。場合によっては、SQL Server が異常終了することもあります。

この問題は、サーバー内で特定の内部診断が実行された場合にのみ発生するもので、サーバーの通常の操作中には発生しません。

解決方法
この問題を解決するために、SQL Server 2000 の最新の Service Pack の適用をお願いいたします。
最新の SQL Server サービスパックのダウンロードおよびインストールについて詳しくは以下をご覧下さい。

http://www.microsoft.com/japan/sql/download/default.asp (日本語版)
http://www.microsoft.com/sql/downloads/default.htm(英語版)
状況
弊社では、これを Microsoft SQL Server version 2000 の問題として確認しています。
この問題は、Microsoft SQL Server version 2000 Service Pack 1 で修正されています。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 299462 (最終更新日 2001-06-15) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:299462 - 最終更新日: 01/16/2015 22:41:56 - リビジョン: 2.1

  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive _ik kbbug kbfix kbsqlserv2000bug kbsqlserv2000sp1fix KB299462
フィードバック