ホストと一緒に仮想マシンをバックアップしリストアすると消せないチェックポイントが表示される。

現象
 次の状況を想定します。

・ Windows Server 2012 R2 を使用している
・ Hyper-V を使用している
・ 稼働中の仮想マシンの格納領域を「ボリューム単位」や「フォルダ単位」もしくは「ベアメタル回復」でバックアップします
・ 仮想マシンの格納領域を「ボリューム単位」や「フォルダ単位」もしくは「ベアメタル回復」でリストアします

上記環境において、リストア後、以下の状態になっている場合があります。

・ Hyper-V マネージャより各仮想マシンに削除できないチェック ポイントが存在している
・ チェック ポイントが存在しない状況でも、仮想マシンが差分ディスク (.avhd ファイル) を参照している
※チェック ポイントや差分ディスクについてはバックアップを取得する際に使用され、通常はリストア後に
Hyper-V Virtual Machine Managementサービスの起動時や仮想マシンの起動時のタイミングにマージされ削除
されます。そのため、リストアの方法や状況により正常な場合でも確認のタイミングによってはチェック ポイント、
差分ディスクが存在している可能性があります。
したがいまして、現象が発生しているかについては、Hyper-V Virtual Machine Management サービスの再起動及び
仮想マシンの起動を実施した上でご確認ください。

なお、本事象が発生しても仮想マシンの動作自体には影響はありませんが、チェックポイントが存在しているためホスト OS 側のディスクの
容量が逼迫する可能性やバックアップが取得できないことがあります。

原因
バックアップ時に、Hyper-V VSS writer の動作において静止点を取得するタイミングが正しくないため発生します。
解決方法
Windows Server 2012 R2 で本問題を解決するには 2919355 の更新プログラム ロールアップをインストールして、再度バックアップを取得します。
なお、 2919355 の更新プログラム ロールアップをインストール前に取ったバックアップについては、同様の現象が発生します。
2919355 の更新プログラム ロールアップの入手方法の詳細については、次の文書番号をクリックしてください。


  2919355 Windows RT 8.1, Windows 8.1, and Windows Server 2012 R2 Update: April 2014
回避策
リストア時の状況に合わせて以下の方法でリストアを実施ください。

1. 仮想マシン単位でリストアが可能な場合

   回復の種類にて Hyper-V を選択の上、対象の仮想マシンを個別にリストアします。

2. ベアメタル回復に仮想マシンの格納領域が含まれていて仮想マシン単位でのリストアが行えない場合

   ベアメタル回復によるリストアの後、仮想マシンを削除し、さらに以下のフォルダ配下と仮想マシンを構成するファイル (仮想ディスク、差分ディスク、定義ファイル を含む) を削除します。その後、改めてリストアを行い、回復の種類にて Hyper-V を選択の上、対象の仮想マシンを個別にリストアします。

  C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Snapshots
  C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Hyper-V\Snapshots Cache

  なお、ファイル削除する際は、Hyper-V Virtual Machine Management サービスを停止しおく必要があります。

3. CSV や、既に運用を実施している場合

   仮想マシンを削除の上、上記のフォルダ配下のファイル/フォルダを削除し、「ディスクの編集」 を使用して差分ディスク (*.avhd) と親ディスクを結合し、結合された親ディスクを使用して、仮想マシンを再作成します。

   ※ 「ディスクの編集」: Hyper-V マネージャーの右側のペインの「ディスクの編集」を選択します。

   ※ *autorecovery.avhd ではない、差分ディスクを親ディスクと結合ください。*autorecovery.avhd は削除してください。
状況
マイクロソフトは、これは「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:2995147 - 最終更新日: 09/29/2016 12:15:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Standard

  • KB2995147
フィードバック